posies-dear

ザ・ポウジーズ(The Posies)の名曲名盤10選【代表曲・隠れた名曲】

今回はザ・ポウジーズのランキングを作成しました。

このバンドは、とにかく楽曲に魅力があります。

ジャンル的にはパワー・ポップといえますが、時に陰影に富むメロディは、繰り返しの鑑賞に耐えうる魅力を持っています。

今回は彼らの様々な側面に焦点を当ててみました。

 

Amazonで検索したい方は、こちらからどうぞ!

1位「Solar Sister」(アルバム:Frosting on the Beater)

posies-frost

■曲名:Solar Sister
■曲名邦題:ソーラー・シスター
■アルバム名:Frosting on the Beater
■アルバム名邦題:フロスティング・オン・ザ・ビーター
■動画リンク:「Solar Sister」
■Amazon:このアルバムについて、他のレビューを読みたい方はこちらから

彼らで一番の有名曲です。

この曲を聞かずして、このバンドを語ることはできません。

彼らの音楽を気に入るかどうか、リトマス紙になりうる曲だと思います。

とてもポップな曲ですが、その甘味を引き出しているのは、適度に激しいギター・サウンドかもしれません。

甘さを引き立てるために、あえて苦みを加えるこの方法論は、パワー・ポップという音楽の常とう手段です。

この曲はその最良の例といえます。

とにかくギターソロがすばらしいのですが、ためしに2:11からを聞いてみてください。

ジョン・オウアの歪んだギターが、出来すぎ感のあるこの曲を、更にもう一段階引き上げています。

 

2位「Daily Mutilation」(アルバム:Amazing Disgrace)

posies-amazing

■曲名:Daily Mutilation
■アルバム名:Amazing Disgrace
■アルバム名邦題:アメイジング・ディスグレイス
■動画リンク:「Daily Mutilation」
■Amazon:このアルバムについて、他のレビューを読みたい方はこちらから

この曲を選んだことについては、ファンの間でも意見が割れるかもしれません。

確かに彼らの魅力はメロディにありますから、激しすぎる楽曲では、その繊細な味わいが失われがちかもしれません。

そのご意見には一理あるように思います。

しかしそれでもこの曲を推したいのは、ドラムの魅力ゆえです。

前作でブレイクした彼らですが、前作からメンバー構成に変化がありました。

ベースとドラムの2人が脱退して、リズム陣が刷新されました。

ただこの変化は吉と出たかもしれません。

特に新しく加入したブライアン・ヤング(Brian Young)の貢献が大きいように思います。

ブライアン・ヤングといえば、後にファウンテインズ・オブ・ウェイン(Fountains of Wayne)のドラムを務めたことで有名です。

ブライアンの加入は、ポウジーズにダイナミズムや躍動感を与えました。

また彼のドラムは、ジョンのギターと相性が良いように思われますし。

ブライアンは「Hate Song」や「Broken Record」でも、すばらしい仕事をしています。

 

3位「I May Hate You Sometimes」(アルバム:Failure)

posies-failure

■曲名:I May Hate You Sometimes
■アルバム名:Failure
■アルバム名邦題:フェイラー
■動画リンク:「I May Hate You Sometimes」
■Amazon:このアルバムについて、他のレビューを読みたい方はこちらから

彼らはバンド形態をとっていますが、中心メンバーは以下の2人です。

・ジョン・オウア(Jon Auer)
・ケン・ストリングフェロウ(Ken Stringfellow)

ベースとドラムのメンバーは、アルバムによって異なります。

このファースト・アルバムでは正規メンバーはこの2人だけで、他のパートはサポート・メンバー扱いです。

2人は高校で出会い、一緒に曲づくりを始めました。

同級生と思いきや、ジョンの方が1学年下です。

その後彼らは他のパートを募集して、この宅録のアルバムをつくり上げました。

宅録なのでプロデューサーは不在で、実質2人の共同プロデュース作品となりました。

レーベルはポップラマ・レコード(PopLlama Records)です。

アメリカのインディーズ・レーベルに詳しい方には、ファストバックス(Fastbacks)やザ・プレジデンツ・オブ・ザ・ユナイテッド・ステイツ・オブ・アメリカ(The Presidents of the United States of America)が所属していたレーベルとして知られています。

しかし最初からこの楽曲水準だったのですね。

録音はしょぼいですが、いや録音がしょぼいからこそ、曲の魅力が際立っています。

 

4位「Flavor of the Month」(アルバム:Frosting on the Beater)

posies-frost

■曲名:Flavor of the Month
■曲名邦題:フレイヴァー・オブ・ザ・マンス
■アルバム名:Frosting on the Beater
■アルバム名邦題:フロスティング・オン・ザ・ビーター
■動画リンク:「Flavor of the Month」
■Amazon:このアルバムについて、他のレビューを読みたい方はこちらから

彼らの最高傑作として名高いアルバムです。

私もどれか1枚おすすめするとしたら、このアルバムを推します。

特に最初の3曲は最強すぎますから。

このアルバムでは「Solar Sister」がクラブ・ヒットしたと言われていますが、私がクラブ・イベントで聞いた回数は、この曲も同じぐらいかもしれません。

このアルバムは、前作からサウンドが変化しています。

特にプロデューサーがドン・フレミング(Don Fleming)になったことが大きいように思います。

ドン・フレミングは、ソニック・ユース(Sonic Youth)やダイナソーJr. (Dinosaur Jr.)などのプロデュースを手掛けたことで有名な人です。

彼はこのバンドの激しいギターに焦点を当てました。

しかし一方で従来からの強みであるメロディを殺さず、激しい要素をいい塩梅で加味しています。

 

5位「Golden Blunders」(アルバム:Dear 23)

posies-dear

■曲名:Golden Blunders
■曲名邦題:ゴールデン・ブランダーズ
■アルバム名:Dear 23
■アルバム名邦題:ディア 23
■動画リンク:「Golden Blunders」
■Amazon:このアルバムについて、他のレビューを読みたい方はこちらから

このアルバムには熱心なファンが多く「Frosting on the Beater」と最高傑作という評価を二分している感じがします。

支持されている理由ははっきりしています。

とにかくメロディの良い曲がそろっていること。

後年に比べると押しの強さには欠けますが、胸をキュンにさせる曲は、このアルバムが一番多いかもしれません。

ちなみにこの曲は、リンゴ・スター(Ringo Starr)がカバーしています。

Ringo Starr – Golden Blunders

彼らは前作「Failure」が注目を浴び、DGC Recordsに移籍することができました。

DGC Recordsは、メジャーレーベルであるゲフィン・レコード(Geffen Records)傘下です。

このアルバムでは、初めてプロデューサーが付きました。

しかもジョン・レッキー(John Leckie)です。

ジョン・レッキーといえば、ストーン・ローゼズ(The Stone Roses)をプロデュースしたことで知られる名プロデューサーです。

決して激しい音づくりに向いている人ではありません。

その代わりに、繊細さやポップなところを活かすにはうってつけの人です。

そのおかげか、この作品はとても繊細でコク深い仕上がりになっています。

 

6位「Dream All Day」(アルバム:Frosting on the Beater)

posies-frost

■曲名:Dream All Day
■曲名邦題:ドリーム・オール・デイ
■アルバム名:Frosting on the Beater
■アルバム名邦題:フロスティング・オン・ザ・ビーター
■動画リンク:「Dream All Day」
■Amazon:このアルバムについて、他のレビューを読みたい方はこちらから

このバンドの最大のヒット曲です。

ベスト盤「Dream All Day: The Best of The Posies」のアルバム・タイトルにも使われています。

少しマージー・ビート的な哀愁が感じられますね。

ホリーズ(The Hollies)あたりのテイストに少し近いかもしれません。

彼ら2人は共作名義なので、クレジットを見ても、どちらがどの曲を書いているか分かりません。

ただ2人ともソロ・アルバムの出来が良く、どちらもすぐれたソングライターであることは間違いありません。

ケンのソロから、私が特に大好きな曲をご紹介しましょう。

Ken Stringfellow – Down Like Me

今回のランキングに入れたら、1位を争うぐらいの傑作です。

すぐれたソングライターが2人いることもあって、彼らのアルバムには駄曲がありません。

 

7位「Accidental Architecture」(アルバム:Blood/Candy)

posies-blood

■曲名:Accidental Architecture
■アルバム名:Blood/Candy
■アルバム名邦題:ブラッド/キャンディ
■動画リンク:「Accidental Architecture」
■Amazon:このアルバムについて、他のレビューを読みたい方はこちらから

彼らはビートルズの影響を受けていると言われています。

確かに聞いていて、ビートルズを思い出す瞬間が多々あります。

たとえばこの曲などは、ルーツをたどれば「ストロベリー・フィールズ・フォーエバー(Strawberry Fields Forever)」あたりに行き着く音像かもしれません。

さてこのアルバムは、彼らが解散状態となった後、活動を再開してから二作目のアルバムです。

活動再開後のアルバムということもあり、躊躇している方もいらっしゃるかもしれません。

しかしご安心ください。

作品の質は維持されています。

ちなみに活動再開後1作目の「エヴリィ・カインド・オブ・ライト(Every Kind of Light)」には、こんな曲が入っています。

The Posies – Love Comes

こちらもビートルズっぽい曲かもしれません。

現時点の最新作「ソリッド・ステイツ(Solid States)」も、パワーポップ系の有名サイトで、年間1位の評価を獲得しています。

彼らの場合は、活動再開後のアルバムも要チェックです。

 

8位「Please Return It」(アルバム:Amazing Disgrace)

posies-amazing

■曲名:Please Return It
■アルバム名:Amazing Disgrace
■アルバム名邦題:アメイジング・ディスグレイス
■動画リンク:「Please Return It」
■Amazon:このアルバムについて、他のレビューを読みたい方はこちらから

彼らはビッグ・スター(Big Star)から影響を受けています。

ちなみに彼らには、ビッグ・スターをカバーしている曲があります。

The Posies – I Am The Cosmos

ベスト盤でしか聞けないオリジナル・アルバム未収録曲ですので、ご存知ない方も多いかもしれません。

実際に彼ら2人は、ビッグ・スターが再結成した時、メンバーとして参加していますし。

再結成後のビッグ・スターを聞くと、この曲に似たテイストを感じます。

2人はビッグ・スター在籍時に曲を提供していたので当然ですが、どちらも共通して良質なペーソスを持ったメロディがあります。

さてこのアルバムは出世作「Frosting on the Beater」の次作ですが、相性が良いと思われたドン・フレミングがプロデュースしていません。

そのせいかセールス面で低迷し、彼らはDGCレコードの契約を失うことになりました。

 

9位「The Longest Line」(アルバム:Failure)

posies-failure

■曲名:The Longest Line
■アルバム名:Failure
■アルバム名邦題:フェイラー
■動画リンク:「The Longest Line」
■Amazon:このアルバムについて、他のレビューを読みたい方はこちらから

このファースト・アルバムには、捨てがたい魅力があります。

偉大な作品のデモ音源を聞いているような感じといいますか(笑)

私は誰かとこのバンドについて話すと、つい「ファースト・アルバムも意外といいですよね」と言ってしまいます。

ファースト・アルバムには、録音の質以外にも、それ以降とは違う魅力があります。

ジャケットもそうですが、この曲などはネオアコみたいではないでしょうか。

クリエイション・レーベルあたりに近い音の手触りもあって、イギリスのバンドみたいだと感じます。

デビュー・アルバムに「Failure」と名付ける皮肉っぽいセンスも、イギリス人みたいですし。

当時の彼らは、まだ二十歳になっていませんでした。

当然まだ成熟しているはずもありませんが、当初から作曲の才能は際立っていたようです。

 

10位「Fall Apart With Me」(アルバム:Success)

posies-success

■曲名:Fall Apart With Me
■アルバム名:Success
■アルバム名邦題:サクセス
■動画リンク:「Fall Apart With Me」
■Amazon:このアルバムについて、他のレビューを読みたい方はこちらから

彼らはメジャー・レーベルとの契約を維持できず、元在籍していたPopLlama Recordsに戻りました。

ちなみに彼らのファースト・アルバムと、活動停止前のラスト・アルバムのタイトルは、以下の通りです。

・デビューアルバム:Failure →失敗
・第一期のラストアルバム:Success →成功

つまり失敗で始まり、成功で終わっています。

バンドを完結させた感じがしないでしょうか。

表向きには活動停止と発表していましたが、実質的に解散に近い状態だったようです。

理由は明らかにされていませんが、収入を得る手段やアイデンティティの置き場所としてのポウジーズは終わったというような発言をしていました。

さてこの曲は、第一期最後のアルバム「Success」から選曲しました。

「私はあなたとバラバラになる」と歌われていて、まるで解散を示唆しているかのようです。

更にこの曲では、こう歌われています。

ああ、夏を待っていたけれど

しかしそれが来ることはなかった

第一期の解散後、彼らはそれぞれソロ活動を始めています。

しかし彼らはポウジーズを再開することにしました。

また夏を待とうと思ったのかもしれません。

 

関連記事

パワー・ポップ(Power Pop)の名曲名盤15選

ヴェルヴェット・クラッシュ(Velvet Crush)の名曲名盤10選

 

ランキング一覧

他のランキングは、こちらからどうぞ

 

Spotifyの登録方法(無料)

スマートフォンの方はこちら

パソコンの方はこちら

 

その他のリンク

トップページに戻る
※お気に入りに登録お願いいたします!

おとましぐらTwitter

Amazonで何かお探しの方は、こちらからどうぞ!

CDとの付き合い方・サブスクリプションの選び方

posies-dear
最新情報をチェックしたい方は、フォローをお願いします!