おとましぐら
AUTHOR

おとましぐら

私はこれまで、音楽ライター、DJ、CMやラジオの選曲の仕事をしてきました。 →プロフィールはこちら

現在は「音楽鑑賞サブノート」(通称:オトサブ)を運営しています。

3万枚以上のアルバムを聞いてきた経験から、とびっきりの良い曲をご紹介しています。

趣味は音楽鑑賞という方、もしくは趣味にしようとしている方は、ぜひご覧ください。

私はもう1つ「無人島の1枚を探すブログ」 という音楽ブログも運営しています。

上のブログ名の右にある「名曲名盤ディスクレビュー」をクリックすると、もう1つのブログに切り替わります。

お問い合わせがある方は、TwitterのDMからお願いいたします。→Twitterはこちら

  • 2021年7月25日
  • 2021年7月25日

ウェザー・リポート(Weather Report)の名曲名盤10選【代表曲・隠れた名曲】

今回はウェザー・リポートのランキングを作成しました。 彼らは楽曲、演奏力、グループ表現など全てにおいて、最強のフュージョン・グループです。 今回は全盛期の誉れが高い中期を中心に選曲しました。 彼らの曲は密度が濃く、聞きどころが多すぎるので、BGMにはなりません。 その分聞きごたえがあります。 フュージョン最高峰の実力をご堪能ください。

  • 2021年7月21日
  • 2021年7月22日

ヨ・ラ・テンゴ(Yo La Tengo)の名曲名盤10選【代表曲・隠れた名曲】

今回はヨ・ラ・テンゴのランキングを作成しました。 このバンドの曲は、順位を付けることになじまない感じがします。 そこで便宜上順位を割り振りましたが、曲の良し悪しではなく、この順序で聞いてほしいと考えて決めました。 前半は聞きやすい曲を中心にしましたが、途中からコアな魅力に焦点を当てています。 レコードのA面とB面を意識して、それぞれの最後に長尺曲を選びました。 ちなみに最後の「Blue Line Swinger」は、聞いた後にはいつも軽い放心状態になってしまいます。

  • 2021年7月17日
  • 2021年7月17日

ジェームス・テイラー(James Taylor)の名曲名盤12選【代表曲・隠れた名曲】

今回はジェームス・テイラーのランキングを作成しました。 少し鼻にかかった歌、そして独特のフィンガー・ピッキング・スタイルのギターがすばらしい人です。 声とギターという最小構成で、自分の世界をつくりあげることができます。 まさにシンガーソングライターのお手本といえるかもしれません。

  • 2021年7月13日
  • 2021年7月13日

ジョン・スコフィールド(John Scofield)の名曲名盤10選【代表曲・隠れた名曲】

今回はジョン・スコフィールドのランキングを作成しました。 この人には多彩な魅力がありますが、2つの時期を中心に選曲してみました。 1つはフュージョン時期で、もう1つはジャム・バンドと共演した時期です。 その2つの時期は全く異なる特徴があって、特に名演が多いように思いました。 一風変わったギターのカッコよさをご堪能ください。

  • 2021年7月9日
  • 2021年7月13日

アウトキャスト(OutKast)の名曲名盤10選【代表曲・隠れた名曲】

今回はアウトキャストのランキングを作成しました。 彼らはアンドレ・3000(Andre 3000)とビック・ボーイ(Big Boi)から成るHOPHOPデュオです。 彼らは膨大な情報を音楽に詰め込み、力業でポップなフォーマットにまとめ上げています。 トリッキーでキュートな音楽をご堪能ください。

  • 2021年7月5日
  • 2021年7月5日

ドノヴァン(Donovan)の名曲名盤10選【代表曲・隠れた名曲】

今回はドノヴァンのランキングを作成しました。 彼は「英国のボブ・ディラン」と言われていた人です。 しかし私は両者ではタイプが違うように感じます。 ドノヴァンはもっとポップ寄りでしたし、自然への関心など独自の感性を持った人でした。 中には田園ポップといえそうな曲もあります。 一風変わっているけれど、とっつきやすい曲が多いのも魅力です。

  • 2021年7月1日
  • 2021年7月26日

トラヴィス(Travis)の名曲名盤11選【代表曲・隠れた名曲】

今回はトラヴィスのランキングを作成しました。 このバンドで10曲を選ぶということは、かなり困難だと思います。 私は早々に良い曲を網羅することはできないとあきらめて、彼らの魅力をさわりだけご紹介することにしました。 本当に良いバンドです。 繊細でやさしい曲をご堪能ください。

  • 2021年6月27日
  • 2021年6月27日

イヴァン・リンス(Ivan Lins)の名曲名盤10選【代表曲・隠れた名曲】

今回はイヴァン・リンスのランキングを作成しました。 この人は天才だと思います。 彼には非凡なメロディ・センスがありますが、それだけではありません。 コード進行や曲の展開など自由奔放でありながら、しっかりポップスとしても機能しています。 聞きやすいのですが、ある意味ラディカルな音楽です。 まずは最初の2曲をお聞きください。

  • 2021年6月23日
  • 2021年6月26日

セルジュ・ゲンスブール(Serge Gainsbourg)の名曲名盤10選【代表曲・隠れた名曲】

今回はセルジュ・ゲンスブールのランキングを作成しました。 彼は多くの女性と浮名を流し、モラルに縛らず生きました。 希代の女好きで、なおかつ炎上上等みたいな人かもしれません。 しかし彼には作曲の才能と独自のボーカル・スタイル、退廃と背中合わせの色気がありました。 男をも魅了する艶を持った曲をご堪能ください。

  • 2021年6月19日
  • 2021年7月2日

エイティーズ(80’s)の名曲名盤14選【一発屋・1980年代洋楽】

今回はエイティーズのランキングを作成しました。 しかも一発屋のヒット曲に限定しました。 ただし「一発屋」という言葉に、厳密は定義はありません。 非常にあいまいな言葉です。 そこで今回は、世間的に一発屋だとよく言わがちな人を取り上げてみました。 つまり一般的なイメージを優先しているというわけです。 有名曲が多めになりましたが、自信を持っておすすめできる曲ばかりです。