jackie-mcLean-makin

ジャッキー・マクリーン(Jackie McLean)の名曲名盤10選【代表曲・隠れた名曲】

今回はジャッキー・マクリーンのランキングを作成しました。

1950年代の曲を中心に選びましたが、ハードバップ・ジャズのおいしいところを、ギュっと凝縮した曲ばかりです。

ジャズはこういう人の個性を理解すると、がぜん面白くなってきます。

ジャズのど真ん中ともいえる名演ばかりをご紹介してみました。

 

Amazonで検索したい方は、こちらからどうぞ!

1位「Sweet Love of Mine」(アルバム:Demon’s Dance)

jackie-mcLean-demons

■曲名:Sweet Love of Mine
■曲名邦題:スイート・ラヴ・オブ・マイン
■アルバム名:Demon’s Dance
■アルバム名邦題:デモンズ・ダンス
■動画リンク:「Sweet Love of Mine」
■Amazon:このアルバムについて、他のレビューを読みたい方はこちらから

この曲の録音は1967年ですが、1970年10月に発売されています。

1970年といえばマイルス・デイヴィス(Miles Davis)が「ビッチェズ・ブリュー(Bitches Brew)」をリリースした年です。

まさにジャズの歴史が変わろうとしていた頃、ひっそりとこのアルバムがリリースされました。

当時の3年は今の3年より大きな意味を持っていましたから、発売のタイミングが遅れたことで、旬を逃してしまった感があります。

ただ一方で彼は、時代の変化を敏感に察知した作品もリリースしています。

1962年にオーネット・コールマン(Ornette Coleman)の影響を受けた「レット・フリーダム・リング(Let Freedom Ring)」を発表したりなど、意欲的な取り組みもありました。

今回はそうした曲を取り上げていませんが、どれも興味深い試みばかりです。

未聴の方は今回のランキングを気に入ったら、それらの時期もチェックしてみてください。

さてこの曲は、マクリーン流ボサノヴァ・ジャズといった風の名演です。

ハンク・モブレー(Hank Mobley)の「リカード・ボサノヴァ(Recado Bossa Nova)」を思わせるところがないでしょうか。

この曲を書いたトランペットのウディ・ショウ(Woody Shaw)も、2:35からすばらしい演奏しています。

 

2位「I’ll Take Romance」(アルバム:Swing, Swang, Swingin’)

jackie-mcLean-swing

■曲名:I’ll Take Romance
■曲名邦題:アイル・テイク・ロマンス
■アルバム名:Swing, Swang, Swingin’
■アルバム名邦題:スイング・スワング・スインギン
■動画リンク:「I’ll Take Romance」
■Amazon:このアルバムについて、他のレビューを読みたい方はこちらから

「4, 5 and 6」とこのアルバムが、一番選曲に迷いました。

この2枚は演奏の平均レベルが高く、これからマクリーンを聞き進みたい方には、最初の1枚としてこの2枚をおすすめいたします。

このアルバムはワンホーンです。

一般的には「ホワッツ・ニュー(What’s New?)」が有名ですが、私の好みではこの曲でしょうか。

ただそちらも名演なので、リンクだけ貼っておきましょう。

Jackie McLean – What’s New?

しかしどちらの曲も、実によく歌っていますね。

五段活用のようなアルバム・タイトル通り、スイングすることしか考えていない感じがすばらしいです。

あとウォルター・ビショップ・ジュニア(Walter Bishop, Jr.)のピアノも快調ではないでしょうか。

1:59からのピアノソロはとても楽しく、ハッピーにスイングしています。

 

3位「Appointment in Ghana」(アルバム:Jackie’s Bag)

jackie-mcLean-bag

■曲名:Appointment in Ghana
■曲名邦題:アポイントメント・イン・ガーナ
■アルバム名:Jackie’s Bag
■アルバム名邦題:ジャッキーズ・バッグ
■動画リンク:「Appointment in Ghana」
■Amazon:このアルバムについて、他のレビューを読みたい方はこちらから

マクリーンの名演として必ず挙がる曲です。

といってもマクリーンだけがすばらしいのでなく、総合力の勝利という感じではないでしょうか。

このアルバムは、レコードでいうところのB面が聞きものです。

なにせこの三管なのですから、ハードバップ・ファンは、聞く前から音が聞こえてくるように感じるかもしれません。

・ジャッキーマクリーン(Jackie McLean)
・ティナ・ブルックス(Tina Brooks)
・ブルー・ミッチェル(Blue Mitchell)

この曲は1960年の録音ですが、少し新主流派っぽいテーマの曲です。

ただ上記の誰もが、本来クールとかモーダルな演奏をする人たちではありません。

しかしここでは空気を読んでいるのか、ハードバップを基本としながらも、少しクールな演奏をしています。

 

4位「Filide」(アルバム:Fat Jazz)

jackie-mcLean-fat

■曲名:Filide
■曲名邦題:フィリーデ
■アルバム名:Fat Jazz
■アルバム名邦題:ファット・ジャズ
■動画リンク:「Filide」
■Amazon:このアルバムについて、他のレビューを読みたい方はこちらから

こちらもボッサ・ナンバーです。

もしくはボッサというより、あやしいモンド・ラウンジみたいな曲かもしれません。

マクリーンのアルト・サックスは、音色に特徴があります。

普通のアルトサックスの音は、もっと軽やかで、音が澄んでいるように思います。

たとえばアート・ペッパー(Art Pepper)は、その軽やかさを活かして、キレッキレの演奏をしていますね。

一方マクリーンの音は、音に少し濁りがあって、ヌケが悪いと感じることがあります。

そのせいか、私はいつもアルト・サックスを聞いているような気がしません。

プレイスタイルは異なりますが、高音部を活かしたテナーサックス、たとえばジョン・コルトレーン(John Coltrane)に似た部分があると思います。

さてこの曲でもマクリーンは、器用とか軽やかという要素は感じません。

ただ彼の不器用なフレーズには妙な説得力があって、不思議と耳を惹きつけてくれます。

彼の独特な音色は、不器用にフレーズを紡ぎ出すプレイ・スタイルと相性が良いように感じます。

 

5位「Pondering」(アルバム:Alto Madness)

jackie-mcLean-alto

■曲名:Pondering
■曲名邦題:ポンダリング
■アルバム名:Alto Madness
■アルバム名邦題:アルト・マッドネス
■動画リンク:「Pondering」
■Amazon:このアルバムについて、他のレビューを読みたい方はこちらから

このアルバムは、同じアルト・サックス奏者であるジョン・ジェンキンス(John Jenkins)との共同名義です。

イントロから同じテーマのメロディを、2人同時に演奏していますね。

ジャズでは、あえて同じ楽器同士を共演させることがあります。

有名なのはソニー・ロリンズ(Sonny Rollins)とジョン・コルトレーンが共演した「テナー・マッドネス(Tenor Madness)」です。

このアルバム名は「Alto Madness」ですから、二番煎じの企画なのかもしれません。

同じ楽器同士の醍醐味は、2人の音の絡みを楽しむことです。

しかしこの曲での2人の演奏は、とても似ていますね。

注意して聞かないと、どちらの演奏か判別がつきません。

マクリーンみたいな人は多いとは言えませんから、わざと似た人を連れてきたような気がします。

先程挙げた「Tenor Madness」は、この部分はどちらの演奏かを当てる、ブラインド・テストでよく使われます。

こちらのアルバムもかなり聞き分けが難しく、そういう遊びの時に重宝されるかもしれません。

もちろんそんなマニアな遊びに付き合う必要はなく、単純に楽しんでいただくだけで充分ですが。

 

6位「Why Was I Born?」(アルバム:4, 5 and 6)

jackie-mcLean-456

■曲名:Why Was I Born?
■曲名邦題:ホワイ・ワズ・アイ・ボーン?
■アルバム名:4, 5 and 6
■アルバム名邦題:4,5&6
■動画リンク:「Why Was I Born?」
■Amazon:このアルバムについて、他のレビューを読みたい方はこちらから

タイトルの「4, 5 and 6」は、このアルバムが4人から6人編成であることから名付けられています。

さて今回は、ほとんどが1950年代のアルバムから選曲しました。

レーベルでいえば「プレスティッジ(Prestige)」「ジュビリー(Jubilee)」「ブルーノート(Blue Note)」などでリリースされた一連のアルバムは、どれも内容的に大差ありません。

もちろんアルバム毎に特徴はあります。

ただそれだって、金太郎飴の違いでしかありません。

しかし、それがまたいいんですよね。

この人の演奏は、私にとっておいしいみそ汁みたいな存在かもしれません。

こちらの予想を超えることはないが、そうであってかまわないし、それでも充分おいしいのだと。

私はジャズのランキングを作成する時に、あえてハードバップ以外の曲も入れるようにしています。

しかしマクリーンは例外です。

こういう演奏を聞きたいのだからと、半ば開き直って選曲しました。

このアルバムでは冒頭の「センチメンタル・ジャーニー(Sentimental Journey)」の方が有名ですが、私はこちらの2曲目が好みです。

ただそちらも捨てがたいので、リンクだけ貼っておきましょう。

Jackie McLean – Sentimental Journey

 

7位「Outburst」(アルバム:McLean’s Scene)

jackie-mcLean-scene

■曲名:Outburst
■曲名邦題:アウトバースト
■アルバム名:McLean’s Scene
■アルバム名邦題:マクリーンズ・シーン
■動画リンク:「Outburst」
■Amazon:このアルバムについて、他のレビューを読みたい方はこちらから

マクリーンのテナーは、あまり上手いと言われることがありません。

私もヘタウマな魅力とさえ思います。

ただ彼はデビュー当時、パーカー直系と評されていました。

パーカーとは、チャーリー・パーカー(Charlie Parker)のことで、アルト・サックスでは伝説的な存在。

マクリーンはパーカーと面識があり、演奏の指導を受けたことがあるなど、とても可愛がれていたようです。

この曲では、いわゆるパーカー・フレーズが満載です。

この演奏を聞くと、彼は不器用そうなプレイスタイルというだけで、本来はテクニックがある人だと気付かされます。

さてマクリーンは、自分から独自の音楽性を打ち出すタイプではありません。

初期はパーカーの模倣が多かったのですが、その後自分なりの語り口を確立しています。

その後はオーネット・コールマンやエリック・ドルフィー(Eric Dolphy)に影響を受けた音楽をやっていました。

ただ音楽性は借り物であっても、不思議と彼の演奏はいつも個性的で、すばらしい作品を残しています。

 

8位「A Foggy Day」(アルバム:Lights Out!)

jackie-mcLean-lights

■曲名:A Foggy Day
■曲名邦題:ア・フォギー・デイ
■アルバム名:Lights Out!
■アルバム名邦題:ライツ・アウト
■動画リンク:「A Foggy Day」
■Amazon:このアルバムについて、他のレビューを読みたい方はこちらから

この人はワンホーン編成のアルバムがそれほど多くありません。

基本2管で、3管もちらほら見受けられます。

その点同じ高校の先輩であったソニー・ロリンズは、自由に演奏できるワン・ホーンを好んでいたように思います。

一方マクリーンは、似た性質を持つプレイヤーとの共演を好んでいるように思います。

今回は、マクリーン本人名義のアルバムだけを対象にしました。

しかし彼は、他の人のアルバムにも客演が多い人です。

特筆すべきは彼の参加アルバムには、ジャズ史上に残る傑作が少なくないことです。

パッと思い浮かぶだけで、

・ソニー・クラーク(Sonny Clark)「クール・ストラッティン(Cool Struttin’)」
・チャールズ・ミンガス(Charles Mingu)「直立猿人(Pithecanthropus Erectus)」
・ドナルド・バード(Donald Byrd)「フュエゴ(Fuego)」

等々、大名盤が何枚もあります。

聞いたことがある方ならばご存知と思いますが、上記のどのアルバムでも、マクリーンは決定的な仕事をしています。

このアルバムでも「Fuego」で相性の良さを見せた、ドナルド・バードと共演していますね。

この人は様々な人と共演する中で、実力を発揮するタイプの人かもしれません。

スポーツでいえば1人の競技ではなく、団体競技で輝く人ではないでしょうか。

 

9位「I Never Knew」(アルバム:Makin’ the Changes)

jackie-mcLean-makin

■曲名:I Never Knew
■曲名邦題:アイ・ネヴァー・ニュー
■アルバム名:Makin’ the Changes
■アルバム名邦題:メイキン・ザ・チェンジズ
■動画リンク:「I Never Knew」
■Amazon:このアルバムについて、他のレビューを読みたい方はこちらから

この人の演奏でよく指摘されるのは、音程の不安定さです。

たとえばこの曲を聞いても、少しそんな感じがしないでもありません。

ただ彼の場合は、必ずしもそのピッチの悪さが欠点になっていない感じがします。

もちろんファンならではのひいき目かもしれませんが。

先程の「Outburst」ではとても流麗な演奏でしたが、この人本来の資質としては、それほど滑らかではないような気がします。

この曲では比較的雄弁な演奏をしていますが、器用そうには感じませんし。

さてこのアルバムは「Bean and the Boys(ビーン・アンド・ザ・ボーイズ)」が、名演だと言われています。

確かに私もすばらしいと思いますが、今回は曲が短いこちらの方を選んでみました。

しかしそちらも捨てがたいので、リンクだけはっておきましょう。

Jackie McLean – Bean And The Boys

余力のある方は、ぜひ聞いてみてください。

 

10位「Embraceable You」(アルバム:A Long Drink of the Blues)

jackie-mcLean-blues

■曲名:Embraceable You
■曲名邦題:エンブレイサブル・ユー
■アルバム名:A Long Drink of the Blues
■アルバム名邦題:ア・ロング・ドリンク・オブ・ザ・ブルース
■動画リンク:「Embraceable You」
■Amazon:このアルバムについて、他のレビューを読みたい方はこちらから

やはりこの人はマイナー調の曲が似合いますね。

マクリーンのバラードでは、マル・ウォルドロン(Mal Waldron)名義の「レフト・アローン(Left Alone)」がとても有名です。

しかし自分名義のアルバムでも、決定的なバラードの名演をいくつも残しています。

有名なのは、このアルバムのB面の3曲。

他の2曲「アイ・カヴァー・ザ・ウォーターフロント(I Cover the Waterfront)」「ジーズ・フーリッシュ・シングス(These Foolish Things)」も同程度の出来です。

しかしこれほど人柄が表れているように感じられる演奏は、かなり珍しいかもしれません。

自分の心の内を、ありのまま開示しているような感じがしないでしょうか。

メロディをあまりにストレートに演奏してしまうと、少し間が抜けたように感じることがあります。

しかし朴訥でまっすぐなこの演奏の味わいは格別です。

一言で言えば、愚直なバラードといえるかもしれません。

しかしそれゆえに、人の心を打つのがマクリーンの魅力だと思います。

 

関連記事

ソニー・ロリンズ(Sonny Rollins)の名曲名盤10選

 

ランキング一覧

他のランキングは、こちらからどうぞ

 

■おすすめ記事
効率的に音楽を楽しむ方法について【CDとの付き合い方・サブスクリプションの選び方】

jackie-mcLean-makin
最新情報をチェックしたい方は、フォローをお願いします!