CATEGORY

ジャズ・フュージョン

  • 2022年3月6日
  • 2022年3月6日

高中正義(Takanaka Masayoshi)の名曲名盤10選【代表曲・隠れた名曲】

今回は高中正義のランキングを作成しました。 この人のギターは、聞いていて心地良いのが特徴です。 快楽原則に忠実なプレイには、爽快感すら感じます。 今回はキティ(Kitty Records)時代に限定して選曲しました。 永遠のギター小僧のプレイをご堪能ください。

  • 2021年12月12日
  • 2022年2月23日

チャーリー・パーカー(Charlie Parker)の名曲名盤10選【代表曲・隠れた名曲】

今回はチャーリー・パーカーのランキングを作成しました。 この人は「ジャズ史上最高のインプロバイザー」とか「即興の極北」などと言われています。 つまりこれ以上のアドリブ奏者はいないという意味です。 もちろん価値観や好みの問題もありますから、人によって異論があることでしょう。 ただ彼の演奏を聞く限り、有力候補の1人というところまでは、疑いようがないと思います。

  • 2021年10月5日
  • 2022年2月3日

ルイ・アームストロング(Louis Armstrong)の名曲名盤10選【代表曲・隠れた名曲】 【ボーカル曲限定】

今回はルイ・アームストロングのランキングを作成しました。 この人は1920年代から活躍していた人です。 ただ今回はボーカル曲に焦点を当てて、録音の良い後年の曲を多めにしました。 彼のすごさは聞いている人の気持ちをほぐし、前向きな気持ちにさせるところです。 懐の深い歌をお聞きください。

  • 2021年9月15日
  • 2022年1月27日

フォープレイ(Fourplay)の名曲名盤10選【代表曲・隠れた名曲】

今回はフォープレイのランキングを作成しました。 彼らはスムース・ジャズの代表的なグループです。 フュージョンの達人たちによる、大人の余裕が感じられる音楽です。 スムースですが、スムースなだけではない魅力をご堪能ください。

  • 2021年8月18日
  • 2022年2月23日

オーネット・コールマン(Ornette Coleman)の名曲名盤10選【代表曲・隠れた名曲】

今回はオーネット・コールマンのランキングを作成しました。 結果、両極端な曲が混在したランキングになりました。 大まかにいえばシリアスなアコースティック・ジャズと明るいエレクトリック・ファンクといえるかもしれません。 しかしどちらも自信を持っておすすめいたします。 特にラストの曲などは、聞かずに死ねない曲です。

  • 2021年7月25日
  • 2021年7月30日

ウェザー・リポート(Weather Report)の名曲名盤10選【代表曲・隠れた名曲】

今回はウェザー・リポートのランキングを作成しました。 彼らは楽曲、演奏力、グループ表現など全てにおいて、最強のフュージョン・グループです。 今回は全盛期の誉れが高い中期を中心に選曲しました。 彼らの曲は密度が濃く、聞きどころが多すぎるので、BGMにはなりません。 その分聞きごたえがあります。 フュージョン最高峰の実力をご堪能ください。

  • 2021年7月13日
  • 2022年3月20日

ジョン・スコフィールド(John Scofield)の名曲名盤10選【代表曲・隠れた名曲】

今回はジョン・スコフィールドのランキングを作成しました。 この人には多彩な魅力がありますが、2つの時期を中心に選曲してみました。 1つはフュージョン時期で、もう1つはジャム・バンドと共演した時期です。 その2つの時期は全く異なる特徴があって、特に名演が多いように思いました。 一風変わったギターのカッコよさをご堪能ください。