sufjan-stevens-carrie

スフィアン・スティーヴンス(Sufjan Stevens)の名曲名盤10選【代表曲・隠れた名曲】

今回はスフィアン・スティーヴンスのランキングを作成しました。

この人は名曲が多く、曲のバリエーションも豊富なため、人によって選ぶ曲がかなり異なると思います。

無難な選曲すら困難かもしれません。

そこで今回は開き直って、あくまで私個人の目線で良いと思う曲をおすすめしたいと思います。

名前は知っているけれど聞いたことがない方は、この機会にぜひチェックしてみてください。

聞かないでいるのは惜しい人です。

 

Amazonで検索したい方は、こちらからどうぞ!

1位「Chicago」(アルバム:Illinois)

sufjan-stevens-illinois

■曲名:Chicago
■曲名邦題:シカゴ
■アルバム名:Illinois
■アルバム名邦題:イリノイ
■動画リンク:「Chicago」
■Amazon:このアルバムについて、他のレビューを読みたい方はこちらから

アルバムタイトルはイリノイ州、曲名はイリノイ州で一番大きな都市シカゴです。

この曲の主人公はシカゴに向かう車内、自分にこう言い聞かせています。

これまで多くの間違いを犯してきたけれど、今度の恋はきっとうまくいく。

この曲はシカゴである必然性が感じられませんが、彼はこのアルバムを製作するにあたり、イリノイ州とシカゴについてかなり調べたんだそうです。

アルバムジャケットにも「Sufjan Stevens Invites You To: Come On Feel the ILLINOISE」つまり「スフィアン・スティーヴンスがあなたを招待します:さあ、イリノイを感じてください」と記載されています。

そのご当地ソング路線が功を奏したのか、このアルバムは初めてアルバムチャートにランクインしました。

最高位121位と微妙な順位ではありましたが、様々な音楽雑誌の年間ランキングで上位を獲得したこともあり、次へと繋がる手がかりをつかむことができました。

確かにこの曲だけで才能を確信するのに充分でしょうね。

 

2位「You Are the Rake」(アルバム:A Sun Came)

sufjan-stevens-a-sun

■曲名:You Are the Rake
■アルバム名:A Sun Came
■アルバム名邦題:ア・サン・ケイム
■動画リンク:「You Are the Rake」
■Amazon:このアルバムについて、他のレビューを読みたい方はこちらから

この曲はラブ・ソングで、様々な「君は〇〇だ」という言い方で、彼女がどういう存在かを言い表そうとしています。

ちなみに曲名の「You Are the Rake」とは「君は熊手だ」という意味です。

熊手といったら、枯葉や干し草などを集める時に使用される道具ですよね。

アルバムジャケットの右下にも描かれています。

そもそもこの人の歌詞は難解というかイメージが豊富すぎて、意味がわかりにくいところがあります。

この曲でも君は岩だとか熊手だとか歌っていますが、正直何を言いたいのか分かりません。

ただ以下の箇所は比較的分かりやすいと思います。

「戦争が近づいた時、彼女は洞窟になった」

主人公にとって彼女の存在は、避難場所みたいなイメージなのかもしれません。

ただこの人の歌詞に具体的な意味やストーリーを求めると、肩透かしをくらうことになりそうですけどね。

この人は小説家としての側面を持つ人で、自分のウェブサイトに小説を掲載したりしています。

文学的な素養のある方は、彼の歌詞をじっくり読んでみるといいかもしれません。

 

3位「Should Have Known Better」(アルバム:Carrie & Lowell)

sufjan-stevens-carrie

■曲名:Should Have Known Better
■アルバム名:Carrie & Lowell
■アルバム名邦題:キャリー・アンド・ローウェル
■動画リンク:「Should Have Known Better」
■Amazon:このアルバムについて、他のレビューを読みたい方はこちらから

彼はエリオット・スミス(Elliott Smith)っぽいと言われることがあります。

確かにこの曲などはメロディの手触りが似ています。

ちなみに私は以前エリオット・スミスのランキング記事を書いています。

興味のある方はそちらもどうぞ。

エリオット・スミス(Elliott Smith)の名曲名盤10選【定番・隠れた名曲】

さてアルバム名の「キャリー・アンド・ローウェル」とは、彼の母親キャリーと、義父のローウェル・ブラムス(Lowell Brams)のことです。

両親はスフィアンが幼い頃に離婚しています。

母親は精神を病んでいたため、スフィアンは実の父親の下で育てられることになりました。

母親は離婚後すぐに元クラスメートのローウェルと再婚しましたが、またすぐに離婚しています。

しかしその後もスフィアンとローウェルの交流は続き、共同名義で「アポリア(Aporia)」というアルバムを製作したり、彼が設立したインディレーベル「Asthmatic Kitty」の運営を任せています。

スフィアンにとってローウェルは、義父という存在を超えて、心の支えみたいな存在だったかもしれません。

一方離婚後の母親は、スフィアンの前から姿を消して以来ずっと音信不通の状態でした。

どちらからも連絡をとらなかったのですね。いやとれなかったのか。

2012年になってようやく母親と再会しましたが、その時彼女は末期がんで病床に伏した状態でした。

このアルバムは母親が亡くなったことを受けて、気持ちを整理するために製作されたんだそうです。

曲名は「Should Have Known Better」は「もっと知っておくべきだった」という意味。

3歳か4歳の頃ビデオ店に置き去りにされた記憶について語られた上で、それでも手紙ぐらいは書くべきではなかったかと自問自答しています。

この曲の歌詞は彼にしては分かりやすく、母親に対する愛憎入り乱れる気持ちが率直に歌われています。

 

4位「The Predatory Wasp of the Palisades Is Out to Get Us!」(アルバム:Illinois)

sufjan-stevens-illinois

■曲名:The Predatory Wasp of the Palisades Is Out to Get Us!
■アルバム名:Illinois
■アルバム名邦題:イリノイ
■動画リンク:「The Predatory Wasp of the Palisades Is Out to Get Us!」
■Amazon:このアルバムについて、他のレビューを読みたい方はこちらから

少し曲名が長いと思うかもしれません。

しかしこのアルバムにはもっと長い曲名が多く、むしろこの曲などは短い方です。

ちなみに一番長い曲名はこんな感じです。

「The Black Hawk War, or, How to Demolish an Entire Civilization and Still Feel Good About Yourself in the Morning, or, We Apologize for the Inconvenience but You’re Going to Have to Leave Now, or, ‘I Have Fought the Big Knives and Will Continue to Fight Them Until They Are Off Our Lands!」

もはや曲名とは思えませんね。

こんな長い曲名ばかり22曲も入っているのですから、曲名を読むだけで軽く読書気分を味わえます。

しかしこの人は歌詞だけでなく、音楽面でも情報量が多いかもしれません。

この人の音楽は、チェンバー・ロックとかチェンバー・ポップと言われています。

この曲などはオーケストラル・ポップとでも言えるのではないでしょうか

この人はブライアン・ウィルソン(Brian Wilson)が目指したポケット・シンフォニーの系譜を、正しく受け継いだ人だと思います。

この曲でもポップなフォーマットに、大きなサウンドスケープを凝縮して詰め込んでいますし。

音楽に情報量が多いことはいいのですが、曲名が長すぎるのだけは勘弁してもらいたいところですが。

曲名を覚えられませんからね。

 

5位「For the Widows in Paradise, for the Fatherless in Ypsilanti」(アルバム:Michigan)

sufjan-stevens-michigan

■曲名:For the Widows in Paradise, for the Fatherless in Ypsilanti
■アルバム名:Michigan
■アルバム名邦題:ミシガン
■動画リンク:「For the Widows in Paradise, for the Fatherless in Ypsilanti」
■Amazon:このアルバムについて、他のレビューを読みたい方はこちらから

この少し前に彼はアメリカ全州をテーマにしたアルバムをつくるという「The 50 State」計画を発表しました。

しかしそれは宣伝用で言っただけで、最初から実行するつもりはなかったそうですが。

まあ普通に考えたら現実的ではありません。

結局ご当地シリーズは、このアルバムと「Illinois」の2枚だけで終わりました。

こういう言動から、いい加減な人のように思われるかもしれません。

ただこの人はわざと自分を悪く見せたり、タチの悪いジョークを言うことがあります。

末期がんで病床に伏している母と再会した後のインタビューでも、こんな調子です。

「母親と疎遠だったことを恥じているのか?」とインタビュアーに訊かれた彼は、こんな風に答えている。

「いや、僕は彼女のことを恥じていた」

翼の折れた鳥の帰る場所はオレゴン州の失われた金鉱

また「Illinois」を発表した時も、イリノイはただの素材にすぎないといようなことを言っています。

しかし実際には、数多くの歴史書を読んだり、イリノイ州の様々な場所を訪れ、イリノイ州についての情報をインターネットで募集するなど、かなり熱心に研究していました。

彼の言動を判断する時、偽悪的な傾向を割り引いた方がいいかもしれません。

さてこのアルバムで取り上げられているミシガン州は、彼が生まれ育った土地です。

確かにプロジェクトはでまかせだったかもしれませんが、ミシガンを紹介したいという気持ちは伝わってこないでしょうか。

アルバムジャケットに「Greetings From Michigan the Great Lake State」「つまり偉大なる五大湖の州、ミシガン州からのご挨拶」と記載されていますしね。

 

6位「The Henney Buggy Band」(アルバム:The Avalanche)

sufjan-stevens-avalanche

■曲名:The Henney Buggy Band
■アルバム名:The Avalanche
■アルバム名邦題:ジ・アヴァランチ
■動画リンク:「The Henney Buggy Band」
■Amazon:このアルバムについて、他のレビューを読みたい方はこちらから

このアルバムは「Illinois」に収録できなかった曲をまとめたものです。

聞いてみると「Illinois」に勝るとも劣らない出来で、なぜこれがお蔵入りとなったのかと不思議に思う曲ばかりです。

ただこの曲のようにこちらの方が、シンプルな魅力を持った曲が多いかもしれません。

ちなみにこの人は20年にもわたるキャリアがありながら、ベスト盤が存在しない人です。

少なくとも私は存在を見つけられませんでした。

「The Greatest Gift」という思わせぶりなタイトルのアルバムもありますが、それはベスト盤ではありません。

ただシングルはリリースされています。

そこで今回私が選んだ曲とシングル曲を照合してみましたが「Should Have Known Better」1曲だけしか重複していませんでした。

冒頭にも書きましたが、問題は良い曲が多すぎるということです。

今回のランキングを気に入った方は、アルバム単位で聞いていてください。

私が選んだ曲以外にも名曲がザックザック見つかると思います。

なにせこのレベルの曲でさえ、一度はアルバム収録を見送られたというのですから。

 

7位「Vesuvius」(アルバム:The Age of Adz)

sufjan-stevens-age

■曲名:Vesuvius
■アルバム名:The Age of Adz
■アルバム名邦題:ジ・エイジ・オブ・アッズ
■動画リンク:「Vesuvius」
■Amazon:このアルバムについて、他のレビューを読みたい方はこちらから

このアルバムは全米アルバムチャートで7位と大ヒットしました。

決して耳障りの良い曲ばかりではありませんが、彼の天才っぷりがよく分かるアルバムです。

ベック(Beck)でいえば「オディレイ(Odelay)」みたいなアルバムかもしれません。

さてその中で私は少し地味めな曲を選んでみました。

私はこの人について、こんな感じで人に紹介したことがあります。

エリオット・スミスのようなメロディセンスと、時々パッション・ピット(Passion Pit)みたいなサビの曲を書く人。

サウンドはフォーク・ミュージックにチェンバー・ポップやエレクトロニカを混ぜ込んだような感じ。

当時はドヤ顔でこう表現したものでしたが、今ではそういうたとえ方では到底言い表せないように感じています。

というより聞けば聞くほど分からなるところがあります。

誰々に似ていると指摘することで、本質をつかみ損ねていたのかもしれません。

ただこの人の音楽はよく煮込まれたスープみたいなもので、何が溶け込んでいるのか分からなくても、すばらしい音楽は堪能できると思います。

私はこの曲の得体のしれない宗教っぽい風味がとても気に入っています。

 

8位「A Winner Needs a Wand」(アルバム:A Sun Came)

sufjan-stevens-a-sun

■曲名:A Winner Needs a Wand
■アルバム名:A Sun Came
■アルバム名邦題:ア・サン・ケイム
■動画リンク:「A Winner Needs a Wand」
■Amazon:このアルバムについて、他のレビューを読みたい方はこちらから

彼は今でこそソロ・アーティストですが、多くの人と同じように、最初はバンドの一員として音楽キャリアを始めています。

彼は1990年代半ばから後半にかけて、マルズキ(Marzuki)というバンドのメンバーでした。

マルズキというバンド名は、プロマラソンランナーであるスフィアンの兄のファーストネームです。

その頃の音源のリンクを貼っておきましょう。

Marzuki – No One Likes A Nervous Wreck

既にチェンバー・ロックの萌芽がありますね。

今回取り上げた「A Winner Needs a Wand」はデビューアルバムからの選曲ですが、既にこの頃にはやりたい音楽の方向性が定まっていたことが分かります。

ただこの頃ならではの魅力もあって、オルタナ・ロックの影響が少し垣間見える瞬間があります。

たとえばこの曲の出だしなどは、まるでニルヴァーナ(Nirvana)みたいではないでしょうか。

またサビも彼にしてはロックっぽいのですが、その後の彼の音楽を知る身としては、逆に興味深いと思いました。

民族音楽っぽい笛が入るところが異色ですが、こういう展開もデビューの頃からだったのですね。

 

9位「Adlai Stevenson」(アルバム:The Avalanche)

sufjan-stevens-avalanche

■曲名:Adlai Stevenson
■アルバム名:The Avalanche
■アルバム名邦題:ジ・アヴァランチ
■動画リンク:「Adlai Stevenson」
■Amazon:このアルバムについて、他のレビューを読みたい方はこちらから

私はこの人のミュージシャンとしての立ち位置が理想的だと思います。

彼は自ら設立したAsthmatic Kittyという自主レーベルから、ほとんどのアルバムをリリースしています。

自分のレーベルとのことですので、中抜きが少なく、おそらく収入の多くがそのまま印税になっているのではないでしょうか。

それほどヒットしなくても生活は困らないでしょうし、ビジネス的な制約に縛られず、自分のやりたい音楽を追求しやすい立場だと思います。

私はミュージシャンがあまり中抜きされず、創作上の自由を確保して活動するのが理想だと思っています。

その意味でこの人はお手本となりそうな人かもしれません。

またこの人はマルチ・インストゥルメンタリストとして有名です。

このアルバムで彼が担当している楽器を、ウィキペディアから引用しておきましょう。

Sufjan Stevens – acoustic guitar, piano, Wurlitzer, bass guitar, drums, electric guitar, oboe, alto saxophone, flute, banjo, glockenspiel, accordion, vibraphone, alto recorder, Casiotone MT-70, sleigh bells, shaker, tambourine, triangle, electronic organ, vocals, arrangement, engineering, recording, production, photography, art direction, artwork

Sufjan Stevens The Avalanche (album) Wikipedia

オーボエやヴィブラフォン、アコーディオンまで自分で演奏しているのですね。

更には普通の楽器だけでなくテクノロジーにも精通していますから、どんな壮大な曲でも一人でつくり上げることができます。

そもそもこの人はサウンドが多彩すぎて、シンガーソングライターという感じもしませんが。

色々な意味で自由に創作可能な人で、その自由さが彼の音楽をより魅力的にしているように思います。

 

10位「From the Mouth of Gabriel」(EP:All Delighted People EP)

sufjan-stevens-all

■曲名:From the Mouth of Gabriel
■EP名:All Delighted People EP
■EP名邦題:オール・ディライテッド・ピープルEP
■動画リンク:「From the Mouth of Gabriel」
■Amazon:このアルバムについて、他のレビューを読みたい方はこちらから

このジャケットを見て、ケツメイシのアルバムジャケットを思い出しました。

ketsumeishi-familier

実際は思ったほどそっくりというほどではありませんでしたが、卒業文集的な感じでおもしろいですね。

ちなみに上のケツメイシの曲はなかなかの名曲です。

さてこの人のアルバムをそろえている人は、このEPを素通りしていないでしょうか。

EPとはいえ59分もありますから、ほぼアルバムとして考えてもいいと思います。

リリースは「The Age of Adz」と同じ2010年でEPですが、曲は重複していません。

アルバムとしては「The Age of Adz」よりも「Michigan」や「Illinois」に近い音楽性だと思います。

まあこの曲はエレクトロニカ色が強いですが。

ちなみに今回この記事を書くにあたり、いつも通り日本語のウィキペディアを参照しました。

しかし最大のヒット曲「Call Me By Your Name」にも触れられていないなど、ディスコグラフィーの資料としては、いま一つ物足りませんでした。

そこで彼のオフィシャルサイトを参照することにしました。

曲の試聴もできますので、興味のある方はぜひチェックしてみてください。

Sufjan Stevens Official Website
※アルバム一覧のページ

日本語のサイトで、気に入ったCDやその他グッズも購入することもできます。

 

番外編「Mystery of Love」(アルバム:Call Me By Your Name)

sufjan-stevens-call

■曲名:Mystery of Love
■曲名邦題:ミステリー・オブ・ラブ
■アルバム名:Call Me By Your Name
■アルバム名邦題:君の名前で僕を呼んで
■動画リンク:「Mystery of Love」
■Amazon:このアルバムについて、他のレビューを読みたい方はこちらから

オリジナルアルバムだけではチェックできない曲を、もう1曲ご紹介しておきましょう。

「君の名前で僕を呼んで(Call Me By Your Name)」という映画の主題曲として提供された曲です。

アカデミー賞にノミネートされるなど、大きな話題となりました。

ただ私も良い曲だと思うものの、ランキング入りするほどではないと思われたため、番外編として取り上げました。

まあ普通であればランクインしてもおかしくないレベルではありますが。

この人の場合ご紹介していない中にも、このクラスの曲がゴロゴロしています。

今回ご紹介できなかった初期の「セヴン・スワンズ(Seven Swans)」やインスト中心の「エンジョイ・ユア・ラビット(Enjoy Your Rabbit)」などにもすばらしい曲が入っています。

またクリスマスアルバムの2枚「ソングス・フォー・クリスマス(Songs for Christmas)」「シルバー&ゴールド(Silver & Gold)」も、クリスマスとは関係なく楽しめます。

今回の選曲は難航しましたが、うれしい悲鳴みたいなところがありました。

私はこれからもこの人に注目していきたいと思っています。

■おすすめ記事
効率的に音楽を楽しむ方法について【CDとの付き合い方・サブスクリプションの選び方】

sufjan-stevens-carrie
最新情報をチェックしたい方は、フォローをお願いします!