salt-water-taffy-finders

ソフトロック(Soft Rock)の名曲名盤10選【代表曲・隠れた名曲】

今回はソフトロックのランキングを作成しました。

ただし単体で取り上げたい人は、このランキングから除外しています。

ソフトロックの定義は人ぞれぞれです。

私なりの解釈を申し上げると、ソフトロックとは1960年代半ばから1970年代半ばぐらいまでの、ハーモニーとメロディを重視したポップスのことです。

ヘヴィであったりハードな音楽性を排した、比較的ライトな音楽だといえるでしょう。

まずは10曲だけですが、随時曲を追加していく予定です。

まあサンレイズ(The Sunrays)の「Got No Time for My Baby」のように、おすすめしたくても、動画が見つからない場合もありますが。

ではソフトロックの名曲の数々をご堪能ください。

 

Amazonで検索したい方は、こちらからどうぞ!

1位 Bruce & Terry「Look Who’s Laughing Now」(アルバム:The Best Of Bruce & Terry)

bruce-and-terry-best

■アーティスト名:Bruce & Terry
■アーティスト名カナ:ブルース&テリー
■曲名:Look Who’s Laughing Now
■曲名邦題:フーズ・ラーフィング・ナウ
■アルバム名:The Best Of Bruce & Terry
■アルバム名邦題:ベスト・オブ・ブルース&テリー
■動画リンク:Bruce & Terry「Look Who’s Laughing Now」
■Amazon:このアルバムについて、他のレビューを読みたい方はこちらから

ソフトロックの名曲は多すぎるので、これが一番かと言われたら、少し自信がありません。

しかし少なくともトップクラスの名曲であることは間違いありません。

1位の曲はこういう弾んだ曲を選びたかったということもありますが。

「ブルース」とはブルース・ジョンストン(Bruce Johnstone)、「テリー」とはテリー・メルチャー(Terry Melcher)のことです。

後にブルース・ジョンストンは、ビーチ・ボーイズ(The Beach Boys)に加入することになります。

こういう曲を発表していたのですから、それも必然ではないでしょうか。

またテリー・メルチャーはビーチ・ボーイズのメンバーにはなっていませんが、人脈的にはとても近く、後に「ココモ(Kokomo)」の曲づくりに参加しています。

この曲の動画ではサーフィンに興じる男性と、ビキニでくねくね踊る女性が多数出演していて、とても楽しそうです。

確かにこれほど夏を感じさせる曲は他にありません。

 

2位 Best of Friends(Joe & Bing)「Sail(Sailing)」(アルバム:Daybreak)

best-of-friends-daybreak

■アーティスト名:Best of Friends(Joe & Bing)
■アーティスト名カナ:ベスト・オブ・フレンズ(ジョー・アンド・ビング)
■曲名:Sail(Sailing)
■曲名邦題:セイル(セイリング)
■アルバム名:Daybreak
■アルバム名邦題:デイブレイク
■動画リンク:Best of Friends(Joe & Bing)「Sail(Sailing)」
■Amazon:このアルバムについて、他のレビューを読みたい方はこちらから

彼らは後にジョー&ビングとして活躍する、ジョセフ・ノールトンとウィリアム・ビンガムの2人組です。

彼らを「Best of Friends」と呼ぶ人もいれば、「Joe & Bing」と呼ぶ人もいます。

「Best of Friends」は「最高の友達」という意味ですから、よほど仲の良い友達だったのでしょうね。

また曲名も「Sail」ですが、「Sailing」と呼ぶ人もいます。

そのあたりのクレジット記載のブレは、マイナーの宿命ですね。

さてこの曲はブラジル色が感じられますが、それもそのはずアレンジはエミール・デオダート(Eumir Deodato)が手掛けています。

このアルバムで彼が大活躍していて、ブラジリアン・ソフトロック色がとても強い作品に仕上がっています。

こういうボッサ・テイストとフォーキーなサウンドが調和した曲がお好きな方は、ぜひアルバム単位で聞いてみてください。

 

3位 Twinn Connection「Foolin’ Around」(アルバム:Twinn Connection)

twinn-connection

■アーティスト名:Twinn Connection
■アーティスト名カナ:ツイン・コネクション
■曲名:Foolin’ Around
■曲名邦題:フーリン・アラウンド
■アルバム名:Twinn Connection
■アルバム名邦題:ツイン・コネクション
■動画リンク:Twinn Connection「Foolin’ Around」
■Amazon:このアルバムについて、他のレビューを読みたい方はこちらから

この人たちはジェリー・ホプキンス(Jerry Hopkins)とジェイ・ホプキンス(Jay Hopkins)の双子のデュオです。

しかもジャケットを見て分かる通り、一卵性双生児です。

名前も少し似ていますね。

実はこの人たちはもう1枚「ソングス・フロム・ザ・ハート(Songs from the Heart)」という1960年代の音源を収録したアルバムがリリースされています。

レーベルは韓国系のBIG PINK MUSIC。

近年の韓国系レーベルは、すばらしい作品を数多く発掘して紹介してくれています。

さてこのアルバムは、ソフトロックのアルバムの中でも最高峰の1枚で、この曲以外にも名曲が目白押しです。

私の好みではこの曲が一番でしょうか。

ボーカルはあまり上手とはいえませんが、音程があやしく気弱な感じも、ソフトロックの場合は必ずしも欠点にはなりません。

ちなみにTwinn Connectionには、なんとオフィシャルファンサイトが見つかりました。

興味のある方は以下のリンクからどうぞ。

Twinn Connection Official Fan Site

 

4位 The Happenings「Crazy Rhythm」(アルバム:Greatest Golden Hits)

happenings-hits

■アーティスト名:The Happenings
■アーティスト名カナ:ハプニングス
■曲名:Crazy Rhythm
■曲名邦題:クレイジー・リズム
■アルバム名:Greatest Golden Hits
■動画リンク:The Happenings「Crazy Rhythm」
■Amazon:このアルバムについて、他のレビューを読みたい方はこちらから

ソフトロックには、コーラスグループの系譜があります。

ジャズやポピュラーミュージック色が強すぎるものは違うと思いますが、ポップな曲が多いこのバンドなどは、まさしくソフトロックのど真ん中といえるでしょう。

このバンドは「シー・ユー・イン・セプテンバー(See You In September)」のヒットで、当時の日本でも人気があったようです。

この曲はアルバム未収録曲です。

ただシングルオンリーの曲であるにもかかわらず、この曲が入っていないベスト盤もあるのでご注意ください。

ソフトロック名盤として知られている「The Happenings」にも入っていないため、知名度があまり高いとはいえません。

しかしすばらしい曲です。

特に高音部のコーラスが爽快ですね。

ホーンのアレンジも大変すばらしいです。

 

5位 Bobby Hebb「Love, Love, Love」(アルバム:Sunny)

bobby-hebb-sunny

■アーティスト名:Bobby Hebb
■アーティスト名カナ:ボビー・ヘブ
■曲名:Love, Love, Love
■曲名邦題:ラヴ・ラヴ・ラヴ
■アルバム名:Sunny
■アルバム名邦題:サニー
■動画リンク:Bobby Hebb「Love, Love, Love」
■Amazon:このアルバムについて、他のレビューを読みたい方はこちらから

さてこちらはソウル方面からの選曲です。

ロイヤレッツ(The Royalettes)のように、従来はソウル・ミュージックとして分類されていた曲にも、ソフトロックといえる曲が見つかるものです。

この曲などはノーザンソウルだと思う人がいてもおかしくありません。

しかし私がこの曲をソフトロックとしてご紹介するのは、プロデューサーがジェリー・ロス(Jerry Ross)だからです。

この人はアルバムタイトル曲「サニー(Sunny)」のヒットで一躍注目された人ですが、他にもキース(Keith)などソフトロック系のプロデュースを数多く手掛けています。

私は「Sunny」より、ソフトロック色の強いこちらの方が好きです。

まずイントロのピアノの段階でもう名曲確定。

アレンジャーのジョー・レンゼッティ(Joe Renzetti)が、大変すばらしい仕事をしています。

 

6位 Salt Water Taffy「Finders Keepers」(アルバム:Finders Keepers)

salt-water-taffy-finders

■アーティスト名:Salt Water Taffy
■アーティスト名カナ:ソルト・ウォーター・タフィー
■曲名:Finders Keepers
■曲名邦題:ファインダーズ・キーパーズ
■アルバム名:Finders Keepers
■アルバム名邦題:ファインダーズ・キーパーズ
■動画リンク:Salt Water Taffy「Finders Keepers」
■Amazon:このアルバムについて、他のレビューを読みたい方はこちらから

某ソフトロックのガイドブックでは、この曲がおすすめのトップに掲げられています。

確かにこのアルバムはアルバム全体がすばらしく、まさに完全無欠のソフトロック盤といえるでしょう。

リーダーのロッド・マクブライエン(Rod McBrien)の書いた曲は、バラエティに富みながら、どれもドリーミーでポップな名曲ぞろいです。

ロッドはイノセンス(Innocence)やトレード・ウィンズ(The Trade Winds)などのエンジニアを経て、満を持してこのアルバムを発表しました。

ちなみにブッダ・レコード(Buddah Records)は、バブルガム・ポップ系のグループを数多く輩出したことで有名なレーベルです。

そもそも「Salt Water Taffy」とは「塩味の飴」みたいな意味ですから、グループ名からしてバブルガムっぽいです。

この曲も冒頭から子供の弾ける声が入っていて、バブルガムのお手本のような曲ではないでしょうか。

 

7位 Doris「You Made A Fool Of Me」(アルバム:Did You Give The World Some Love Today Baby)

doris-did

■アーティスト名:Doris
■アーティスト名カナ:ドリス
■曲名:You Made A Fool Of Me
■アルバム名:Did You Give The World Some Love Today Baby
■アルバム名邦題:ディド・ユー・ギヴ・ザ・ワールド・サム・ラヴ・トゥデイ・ベイビー
■動画リンク:Doris「You Made A Fool Of Me」
■Amazon:このアルバムについて、他のレビューを読みたい方はこちらから

スウェーデンの女性シンガー、ドリス・スヴェンソン(Doris Svensson)の曲です。

この人はソフトロックのディスクガイドに掲載されていませんが、この曲などはど真ん中だと思いますけどね。

まずイントロの空騒ぎ感がすばらしい。

後は40秒ぐらいのところから、少しスピリチュアルな響きがあるところも大好きです。

ちなみにこのアルバム名は「Did You Give The World Some Love Today Baby」で「あなたは今日、世界に愛を与えましたか」とでもなるでしょうか。

この曲に感じられるイノセントな部分もまた、ソフトロックの醍醐味の1つです。

ボーカルは少し下っ足らずですが、スウェーデンは「The Frank Cunimondo Trio Introducing Lynn Marino」で有名なリン・マリノ(Lynn Marino)、リサ・エクダール(Lisa Ekdahl)などキュートな歌姫を数多く輩出しています。

 

8位 Orpheus「I’ve Never Seen Love Like This」(アルバム:The Best of Orpheus)

orpheus-best

■アーティスト名:Orpheus
■アーティスト名カナ:オルフェウス
■曲名:I’ve Never Seen Love Like This
■アルバム名:The Best of Orpheus
■アルバム名邦題:ベスト・オブ・オルフェウス
■動画リンク:Orpheus「I’ve Never Seen Love Like This」
■Amazon:このアルバムについて、他のレビューを読みたい方はこちらから

このグループはフォークやサイケのグループと言われてきましたが、それらの分類では収まりが悪く感じられたものです。

どちらにしてもポップすぎる気がして、こういうグループを救済するのに、ソフトロックというジャンルはとても有益かもしれません。

このバンドはブルース・アーノルド(Bruce Arnold)を中心としたグループ、ヴィレッジャーズ(The Villagers)が発展したグループです。

その後アラン・ローバー(Alan Lorber)というサイケなグループを出がけたアレンジャーと出会い、このグループの音楽性ができ上りました。

この曲の聞きどころはサビです。

B・J・トーマス(B. J. Thomas)のようなボーカルが、気持ちよく歌い上げていますね。

 

9位 The Love Affair「Everlasting Love」(アルバム:The Everlasting Love Affair)

love-affair-everlasting

■アーティスト名:The Love Affair
■アーティスト名カナ:ラヴ・アフェアー
■曲名:Everlasting Love
■曲名邦題:エヴァーラスティング・ラヴ
■アルバム名:The Everlasting Love Affair
■アルバム名邦題:エヴァーラスティング・ラヴ・アフェアー
■動画リンク:The Love Affair「Everlasting Love」
■Amazon:このアルバムについて、他のレビューを読みたい方はこちらから

この曲は元々1960年代のロックを掘っている人にとっては、とても有名な曲でした。

とにかく楽曲がすばらしいです。

このバージョンがオリジナルと思われているかもしれませんが、実はソウル系のロバート・ナイト(Robert Knight)のバージョンが原曲です。

そちらのリンクも貼っておきましょう。

Robert Knight – Everlasting Love

上記オリジナルもビルボードで13位まで上がってますが、こちらも全英1位です。

ついでにもう一つご紹介しておきましょう。

Carl Carlton- Everlasting Love

このぐらい楽曲がいいと、何度でも楽しめるのがいいですね。

 

10位 Bobbie’s Rockin’ Chair「Young Friends」(アルバム:Young Friends)

bobbie's-rockin' chair-young

■アーティスト名:Bobbie’s Rockin’ Chair
■アーティスト名カナ:ボビーズ・ロッキン・チェア
■曲名:Young Friends
■曲名邦題:ヤング・フレンズ
■アルバム名:Young Friends
■アルバム名邦題:ヤング・フレンズ
■動画リンク:Bobbie’s Rockin’ Chair「Young Friends」
■Amazon:このアルバムについて、他のレビューを読みたい方はこちらから

最後に日本のソフトロックの曲も取り上げておきましょう。

このアルバムは1997年リリースですので、先程私が定義した条件からは外れますが、このミニアルバムはソフトロックとしか言いようがありません。

ソルト・ウォーター・タフィーの次にこの曲が流れても、全く違和感がないでしょう。

アルバムジャケットも自然の風景の中で1960年代風コーディネートと、ソフトロックっぽいですし。

このミニアルバムの5曲は、彼らのソフトロック愛が伝わってくるものばかりです。

ちなみにこの曲は2006年リリースの「…Like nothing else you ever tasted」というアルバムにも収録されていますが、既に入手が難しくなっていますので、見つけたら買っておくといいかもしれません。

日本にもソフトロックといえるバンドは他にいくつもありますが、その代表格であり頂点といえるバンドです。

■おすすめ記事
効率的に音楽を楽しむ方法について【CDとの付き合い方・サブスクリプションの選び方】

salt-water-taffy-finders
最新情報をチェックしたい方は、フォローをお願いします!