silver-sun-first

シルヴァー・サン(Silver Sun)の名曲名盤6選【代表曲・隠れた名曲】

今回はシルヴァー・サンのランキングを作成しました。

彼らはイギリスのパワーポップ・バンドです。

昔からロックを聞いてきた方はご存知かもしれませんが、今ではほとんど聞かれていないように思います。

曲の魅力からすると、ウィーザー(Weezer)と同じぐらい評価されてもいいかもしれません。

ウィーザーやジェリーフィッシュ(Jellyfish)をお好きな方は、だまされたと思って聞いてみてください。

私は自信を持っておすすめいたします。

 

Amazonで検索したい方は、こちらからどうぞ!

1位「Pixie, Pixie」(アルバム:Neo Wave)

silver-sun-neo

■曲名:Pixie, Pixie
■アルバム名:Neo Wave
■アルバム名邦題:ネオ・ウェイブ
■動画リンク:「Pixie, Pixie」
■Amazon:このアルバムについて、他のレビューを読みたい方はこちらから

セカンドアルバムからの選曲です。

前作よりセールスが低下し、全英アルバムチャート74位止まりでしたが、私はこのアルバムが最高傑作だと思っています。

おそらく彼らも相当の自信を持っていたことでしょう。

「Neo Wave」つまり「新しい波」というアルバム名を付けるぐらいですから。

音楽の仕事が難しいのは、たとえ音楽が優れていたとしても、結果が伴わないケースがあることです。

改めて聞きなおしましたが、なぜ売れなかったのか、私には全く理解できません。

セールスで苦戦したせいか、1998年のリリース後、次のアルバムが出るまで7年もかかっています。

7年間は大変だったことでしょう。

なんとか継続してくれて良かったです。

 

2位「Captain」(EP:You Are Here)

silver-sun-you

■曲名:Captain
■EP名:You Are Here
■EP名邦題:ユー・アー・ヒア
■動画リンク:「Captain」
■Amazon:このアルバムについて、他のレビューを読みたい方はこちらから

彼らの特徴は、とにかく良い曲ぞろいだということです。

ジャンル的にはパワーポップに分類されるでしょうが、このジャンルは特に曲の出来が評価を大きく左右します。

キャラクター性や個性よりも、キャッチーさが求められると言っても過言ではありません。

その点このバンドは、ジェームス・ブロード(James Broad)という優れたソングライターがいました。

たとえばこの曲などはいかがでしょうか。

若干メロコア気味ですが、キャッチーなことこの上ありません。

私が昔クラブでDJをしていた頃、時々この曲をかけていました。

このバンドの曲は他のDJもよくかけていましたが、この曲は被らないのが良かったんですよね。

ちなみにウィキペディアでこのEPは、B面曲集と記載されていますが、この曲は前身バンドの頃の曲のようです。

同じようなEPはもう一枚「B Is For Silver Sun」があって、そちらもおすすめです。

 

3位「Lava」(アルバム:Silver Sun)

silver-sun-first

■曲名:Lava
■アルバム名:Silver Sun
■アルバム名邦題:シルヴァー・サン
■動画リンク:「Lava」
■Amazon:このアルバムについて、他のレビューを読みたい方はこちらから

彼らの一番売れたシングルは「Too Much, Too Little, Too Late」で、ファーストアルバムでは「Golden Skin」が一番ヒットしています。

しかし当時のパワーポップ系のクラブでは、この曲が一番かかっていた印象があります。

そのせいか、私はこの曲が彼らの代表曲だと思っているところがあります。

このファーストアルバムは、ナイジェル・ゴッドリッチ(Nigel Godrich)が、プロデュースを手掛けています。

レディオヘッド(Radiohead)の名作「OK コンピューター(OK Computer)」のすぐ後、このアルバムのプロデュースに取り掛かっています。

おそらく相当期待されていたのでしょう。

実際にこのデビュー作は全英チャート30位を獲得して、新人バンドとしては順調な滑り出しでした。

またこのバンドは、日本で評価されていたことも忘れてはいけません。

実は日本のアルバムチャートでも、60位まで駆け上がっています。

 

4位「Garlic」(アルバム:Disappear Here)

silver-sun-disappear

■曲名:Garlic
■アルバム名:Disappear Here
■アルバム名邦題:ディスアペア・ヒア
■動画リンク:「Garlic」
■Amazon:このアルバムについて、他のレビューを読みたい方はこちらから

このアルバムではバンドではなく、ジェームス・ブロードのソロ・プロジェクトになりました。

前作はセールス的に伸び悩み、彼らは所属していたポリドール(Polydor)から契約を解除されてしまいました。

このアルバムは、Invisible Hands Musicというインディレーベルからリリースされています。

つまり1人で、インディレーベルから出直したことになりますね。

しかし音楽的には、好調を維持しています。

彼らの音楽は特にコーラスに特徴があって、サーフ系パワーポップみたいに言われることがあります。

この曲でも鼻に抜けたようなコーラスが特徴的ではないでしょうか。

イントロは微妙にクワイエット・ライオット(Quiet Riot)の「カモン・フィール・ザ・ノイズ(Cum on Feel the Noize)」っぽいですが。

 

5位「I’ll See You Around」(アルバム:Neo Wave)

silver-sun-neo

■曲名:I’ll See You Around
■アルバム名:Neo Wave
■アルバム名邦題:ネオ・ウェイブ
■動画リンク:「I’ll See You Around」
■Amazon:このアルバムについて、他のレビューを読みたい方はこちらから

ソングライティングの才能を感じさせてくれる曲です。

少しビートルズっぽいと感じる人もいるかもしれませんが、実際にかなり影響を受けているようです。

彼らは元々Sunという名前のバンドでした。

その後、ビートルズが元々シルバー・ビートルズだったことにちなんで、シルヴァー・サンに改名したんだそうです。

ただ彼らの音楽には、他にも1970年代の音楽の影響を感じます。

この曲のコーラスなども、クイーンやELOみたいではないでしょうか。

他の曲ではグラム・ロックっぽい曲もありますし。

古く懐かしいポップセンスを、ハードなギターでパワーポップ風に味付けしています。

その品質がとても高いことが、彼らの特徴でした。

 

6位「Facts of Life」(アルバム:Dad’s Weird Dream)

silver-sun-dads

■曲名:Facts of Life
■アルバム名:Dad’s Weird Dream
■アルバム名邦題:ダッズ・ウィアード・ドリーム
■動画リンク:「Facts of Life」
■Amazon:このアルバムについて、他のレビューを読みたい方はこちらから

4枚目のアルバムからの選曲です。

前作ではジェームスのソロ・プロジェクトでしたが、このアルバムからはまたバンドに戻っています。

クレジットを確認したところ、昔のメンバーが戻ってきていました。

彼らは大手のレコード会社からリリースされた最初の2枚が、名盤として名高いのですが、その後も質は落ちていません。

このアルバムの後も「A Lick and a Promise」「Switzerland」という2枚をリリースしていますが、どれも傑作と言っていい出来です。

私は将来このバンドが再評価されると思っています。

その先鞭を付けられればと思って、このランキングを作成しました。

気軽に聞いてもらうことを重視して、あえて6曲だけにしてみました。呼び水としての6曲でいいと。

最後に、この記事は追悼企画として書いています。

先日ジェームス・ブロードが、癌で亡くなったというニュースが入ってきました。

冥福をお祈りいたします。

もしこの記事で彼らの曲を気に入ったら、ぜひアルバム単位でチェックしてみてください。

なぜこんなバンドが、なぜ埋もれつつあったのだろうと驚くことと思います。

■おすすめ記事
効率的に音楽を楽しむ方法について【CDとの付き合い方・サブスクリプションの選び方】

silver-sun-first
最新情報をチェックしたい方は、フォローをお願いします!