nick-lowe-labour

ニック・ロウ(Nick Lowe)の名曲名盤10選【代表曲・隠れた名曲】

今回はニック・ロウのランキングを作成しました。

この人の音楽は派手さこそありませんが、ポップな部分と渋味、コクのバランスが良いのが特徴です。

コンスタントに水準以上の作品を生んだロック職人です。

 

1位「Cruel to Be Kind」(アルバム:Labour of Lust)

nick-lowe-labour

■曲名:Cruel to Be Kind
■曲名邦題:恋するふたり
■アルバム名:Labour of Lust
■アルバム名邦題:レイバー・オブ・ラスト
■動画リンク:「Cruel to Be Kind」

この曲は最大のヒット曲ではありませんが、一番の人気曲です。

元々はブリンズリー・シュウォーツ(Brinsley Schwarz)の頃に、イアン・ゴム(Ian Gomm)と共作した曲でした。

ブリンズリー・シュウォーツのバージョンもご紹介しましょう。

Brinsley Schwarz – Cruel to Be Kind

ブリンズリーについては、いずれ単独でランキング記事を書きますので、ここでは詳しく触れません。

原曲も悪くありませんが、やはり有名なこのバージョンの方がいいですね。

この曲のアレンジは、エルヴィス・コステロ(Elvis Costello)が担当しています。

まずイントロから、テリー・ウィリアムズ(Terry Williams)のドラムが印象的です。

曲のテンポを落としたのも大正解。

元々良い曲でしたが、ブラッシュアップした結果、永遠の傑作に仕上がりました。

 

2位「So It Goes」(アルバム:Jesus of Cool)

nick-lowe-jesus

■曲名:So It Goes
■曲名邦題:ソー・イット・ゴーズ
■アルバム名:Jesus of Cool
■アルバム名邦題:ジーザス・オブ・クール
■動画リンク:「So It Goes」

レーダー・レコード(Radar Records)からリリースされた、デビュー・アルバムの曲です。

ただこのシングルは、スティッフ・レコード(Stiff Records)からリリースされました。

しかもスティッフ・レコードの最初のシングルで、ニック・ロウのデビュー・シングルという特別な位置付けの曲です。

スティッフ・レコードは、パブロックの総本山といえるレーベル。

ニック・ロウはスティッフで、プロデューサーとしてその手腕を振るいました。

なにせエルヴィス・コステロの「マイ・エイム・イズ・トゥルー(My Aim Is True)」、ダムド(The Damned)の「地獄に堕ちた野郎ども(Damned Damned Damned)」をプロデュースしていますし。

彼は総合力を備えた人です。

ギター、ベース、ピアノなど複数の楽器を演奏できるマルチ・プレイヤーだけでなく、自ら曲を書き、プロデューサーとしても一流でした。

この曲でも彼はドラム以外の全て、ボーカル、ベース、ギターを担当しています。

その意味で彼らしさが最も表れた曲だと思います。

 

3位「My Heart Hurts」(アルバム:Nick the Knife)

nick-lowe-knife

■曲名:My Heart Hurts
■曲名邦題:マイ・ハート・ハーツ
■アルバム名:Nick the Knife
■アルバム名邦題:ニック・ザ・ナイフ
■動画リンク:「My Heart Hurts」

ロックパイル(Rockpile)解散後に発表されたアルバムです。

ロックパイルは、デイヴ・エドモンズ(David Edmunds)とニック・ロウを中心に結成されたバンドです。

1曲ご紹介しましょう。

Rockpile – When I Write the Book

彼らは「セカンズ・オブ・プレジャー(Seconds of Pleasure)」1枚だけで解散しました。

この「My Heart Hurts」でも、その好調ぶりを維持しています。

このアルバムには、ロックパイルのビリー・ブレムナー(Billy Bremner)とテリー・ウィリアムズが参加しています。

さてこのアルバムはジャケットをご覧ください。

ニック・ロウはイケメンですね。

ただ彼は若白髪ですが、髪を染めていません。

私はそこにニック・ロウらしさを感じます。

音楽面も同じところがあって、表面を取りつくろうことなく素のまま勝負して、魅力に転化した人でした。

若い頃の私は、白髪まじりの姿を見てカッコいいと思ったものです。

 

4位「The Rose of England」(アルバム:The Rose of England)

nick-lowe-england

■曲名:The Rose of England
■曲名邦題:ローズ・オブ・イングランド
■アルバム名:The Rose of England
■アルバム名邦題:ローズ・オブ・イングランド
■動画リンク:「The Rose of England」

彼の最高傑作を選ぶのは困難です。

この人のアルバムでは、最初の2枚「Jesus of Cool」「Labour of Lust」ばかり注目されがちです。

しかしコアなファンは、このアルバムを高く評価する人が多いかもしれません。

前作「カウボーイ・アウトフィット(Nick Lowe & His Cowboy Outfit)」は良い作品でしたが、目立った曲がありませんでした。

しかしこのアルバムは名曲ぞろいです。

彼のアルバムの評価に関する偏りは、CDの入手しにくさが影響しているかもしれません。

特にコロムビア・レコード(Columbia Records)時代は廃盤が多すぎます。

私もそろえるのに時間とお金がかかりました。

音楽仲間との会話で、3枚目以降の彼のCDをいくらで買ったか話題になったりもします(笑)

このアルバムは彼の最高傑作の有力候補ですから、もっと気軽に入手できるようにしてほしいものです。

 

5位「Mess Around With Love」(アルバム:The Abominable Showman)

nick-lowe-showman

■曲名:Mess Around With Love
■曲名邦題:メス・アラウンド・ウィズ・ラヴ
■アルバム名:The Abominable Showman
■アルバム名邦題:ショウマンの悲劇
■動画リンク:「Mess Around With Love」

このアルバムは前作「ニック・ザ・ナイフ」から、バンドのメンバーがかなり入れ替わっています。

新しいバンドのキーマンは、キーボード奏者のポール・キャラック(Paul Carrack)。

ポール・キャラックは、スクイーズ(Squeeze)など様々なバンドで多大な貢献をした人です。

このアルバムでは、ポールとのデュエット曲もありますし。

ポールが参加したせいか、キーボードが目立つ曲が増えました。

とはいえニック・ロウの添加物のない持ち味はそのままですし、ポールの演奏も1980年代風のシンセサイザーにはなっていません。

このアルバムがリリースされた1983年は「フラッシュダンス(Flashdance)」がヒットした年です。

そんな中にあって、ニック・ロウは流行りに迎合しませんでした。

そのためセールス面で冷や飯を食ったわけですが、そこが良いと評価する人もいます。

良い意味で頑固な職人気質を持った人だと思います。

 

6位「7 Nights to Rock (Henry Glover, Louis Innis, Buck Trail) 」(アルバム:The Rose of England)

nick-lowe-england

■曲名:7 Nights to Rock (Henry Glover, Louis Innis, Buck Trail)
■曲名邦題:セヴン・ナイツ・トゥ・ロック
■アルバム名:The Rose of England
■アルバム名邦題:ローズ・オブ・イングランド
■動画リンク:「7 Nights to Rock (Henry Glover, Louis Innis, Buck Trail) 」

彼の音楽は、パブロックかパワーポップに分類されます。

以前以下のような記事を書きましたので、興味のある方はどうぞ。

パブロック(Pub Rock)の名曲名盤10選

パワー・ポップ(Power Pop)の名曲名盤15選

また彼の音楽には、オールディーズやロカビリーの影響も顕著です。

それはこの曲を聞けばお分かりいただけることでしょう。

さて先程私は、このアルバムを代表作の一角と申し上げました。

どの曲を選ぶか最も迷ったアルバムです。

同じアルバムから、もう1曲ご紹介しておきましょう。

Nick Lowe – Everyone

アルバム・ジャケットに曲名が大きく記載されていますが、古いレコードを思わせるデザインもいいですね。

 

7位「I Love the Sound of Breaking Glass」(アルバム:Jesus of Cool)

nick-lowe-jesus

■曲名:I Love the Sound of Breaking Glass
■曲名邦題:アイ・ラヴ・ザ・サウンド・オブ・ブレイキング・グラス
■アルバム名:Jesus of Cool
■アルバム名邦題:ジーザス・オブ・クール
■動画リンク:「I Love the Sound of Breaking Glass」

この曲は彼の唯一のトップテン・ヒットで、最大のヒット曲です。

ヒット曲としては地味かもしれませんが、そこも彼らしいように思います。

彼の曲は常にヒットにふさわしい品質を備えていますが、押しの強さに欠ける面があるかもしれません。

しかしそこが(以下略)

このアルバムについて、言及しておきたい注意点があります。

同じアルバム・ジャケットで2つの異なるタイトルのCDがありますが、その違いを整理しておきましょう。

「Jesus of Cool」→イギリス発売時のタイトル
「Pure Pop for Now People」→アメリカ発売時のタイトル

アメリカ発売時に、宗教的な反発を恐れて変更したそうです。

ただ曲順と一部収録曲が異なりますので、マニアは2種類持っている人もいます。

ただ私が持っているのは「Pure Pop for Now People」1枚のみ。

1曲目が「So It Goes」、2曲目が「I Love the Sound of Breaking Glass」という並びが気に入っています。

 

8位「(You’re My) Wildest Dream」(アルバム:Pinker and Prouder than Previous)

nick-lowe-pinker

■曲名:(You’re My) Wildest Dream
■曲名邦題:ワイルデスト・ドリーム
■アルバム名:Pinker and Prouder than Previous
■アルバム名邦題:ピンカー・アンド・プラウダー・ザン・プレヴィアス
■動画リンク:「(You’re My) Wildest Dream」

この人の音楽について書くと決めた時、私はある人のことを思い出しました。

その人の名は、松村雄策。

渋谷陽一との渋松対談で知られている人です。

私はライナーノーツをほぼ読まない人なので、音楽評論家からあまり影響を受けていません。

しかし私は松村氏がニック・ロウについて書いた文章が好きでした。

私の文章も彼の影響を受けているかもしれません。

松村氏はニック・ロウについて、アメリカ音楽を基本としつつ、英国らしいポップ・センスを持っている人だと書いていました。

本当にその通りだと思います。

彼は自分が理解しているアーティストについて、腑に落ちる文章を書いた人でした。

人間性を感じる文章も好ましいと感じましたし。

松村氏の訃報を聞いた時、私は好きなミュージシャンが亡くなった時と同じ気持ちになりました。

 

9位「Rocky Road」(アルバム:Party of One)

nick-lowe-party

■曲名:Rocky Road
■曲名邦題:ロッキー・ロード
■アルバム名:Party of One
■アルバム名邦題:パーティ・オブ・ワン
■動画リンク:「Rocky Road」

前作までの彼は、大手のコロムビア・レコードに所属していました。

音楽的には充実した時期でしたが、セールス面ではかなり苦戦しました。

そもそも市場にCDが充分供給されず、すぐ廃盤にするなどのプロモーション姿勢に疑問符が付きます。

彼はこのアルバムからリプリーズ・レコード(Reprise Records)に移籍しました。

その結果、無事市場に彼のCDが供給されるようになりました。

1992年に彼は、ライ・クーダー(Ry Cooder)、ジョン・ハイアット(John Hiatt)らとリトル・ヴィレッジ(Little Village)というバンドを結成しています。

そのアルバムから1曲ご紹介しましょう。

Little Village – Take Another Look

リトル・ヴィレッジはイギリスのアルバムチャート23位を記録し、グラミー賞にノミネートされました。

ようやく彼の運も上向いてきたようです。

 

10位「I Live on a Battlefield」(アルバム:The Impossible Bird)

nick-lowe-impossible

■曲名:I Live on a Battlefield
■曲名邦題:アイ・リヴ・オン・ア・バトルフィールド
■アルバム名:The Impossible Bird
■アルバム名邦題:インポッシブル・バード
■動画リンク:「I Live on a Battlefield」

今回はデビューから1994年の「The Impossible Bird」までを対象にしています。

このアルバムでは彼の作風に変化がうかがえました。

収録曲にバラードが増えました。

ただバラード路線もそれはそれですばらしく、楽曲の品質は維持されています。

いい具合に枯れてきた感じがしますし。

そうした変化は、ボーカリストとしての魅力を更に際立たせました。

若い頃彼の声は、みずみずしさと甘さを含んでいました。

しかしこのアルバム以降では甘さを控え目に抑え、その代わりもう一段歌の深みが増しました。

より繊細になり、情感が深まった歌が絶品です。

 

関連記事

パブロック(Pub Rock)の名曲名盤10選

シンガー・ソングライター(Singer-Songwriter)の名曲名盤20選

ストレイ・キャッツ(Stray Cats)の名曲名盤10選

バッドフィンガー(Badfinger)の名曲名盤10選

 

記事一覧

全記事リストは、こちらからどうぞ

 

他ブログ・SNS等

このブログの「トップページ」に戻る
※お気に入りに登録をお願いいたします!

おとましぐらの音楽ブログ(サブブログ)
※オピニオン記事、企画色の強い記事を連載しています

おとましぐらnote(おすすめ曲一覧)
※良い曲を1曲単位で厳選してご紹介しています

おとましぐらXアカウント
※フォローをお願いいたします!

nick-lowe-labour
最新情報をチェックしたい方は、フォローをお願いします!