white-stripes-get

ホワイト・ストライプス(The White Stripes)の名曲名盤10選【代表曲・隠れた名曲】

今回はホワイト・ストライプスのランキングを作成しました。

彼らはガレージロック・リバイバルの代表的なバンドとして、すばらしい作品を数多く残しました。

一方で彼らはとてもユニークな存在でした。

2人組でブルースの影響を受けたガレージ・パンクを演奏するという編成。

イメージカラーへのこだわり。

元夫婦なのに兄妹という設定。

10年に満たない短い活動期間でしたが、彼らはその異質な存在感と良質な楽曲で我々を楽しませてくれました。

良質なロックンロール・ナンバーをご堪能ください。

 

Amazonで検索したい方は、こちらからどうぞ!

1位「Hotel Yorba」(アルバム:White Blood Cells)

white-stripes-white-blood

■曲名:Hotel Yorba
■曲名邦題:ホテル・ヨーバ
■アルバム名:White Blood Cells
■アルバム名邦題:ホワイト・ブラッド・セルズ
■動画リンク:「Hotel Yorba」
■Amazon:このアルバムについて、他のレビューを読みたい方はこちらから

彼らは当初全然売れていませんでした。

おそらくファースト・アルバムから聞いていた人は、かなり少数派ではないでしょうか。

彼らは「Seven Nation Army」でブレイクしたと言われますが、その前にこの曲が全米シングルチャートで26位まで上がったことで、知名度が飛躍的に高まっていました。

この小ヒットをきっかけに、その後彼らはグラミー賞を受賞するようなバンドにまでなりました。

ちなみに彼らはアルバム未収録曲が多く、シングルになっているものだけでも10曲以上あります。

さてこの曲「Hotel Yorba」とは、デトロイトに実在するホテルのことらしいです。

動画にも少し出てきますが、全体像が見えにくいので写真を貼っておきましょう。

white-stripes-hotel-yorba

ジャックによると、ビートルズが宿泊したという噂があるそうですが、そんなことあるわけないだろうというぐらいしょぼいホテルだそうです。

しょぼいかもしれませんが、写真を見ると不思議な味わいが感じられますね。

 

2位「Seven Nation Army」(アルバム:Elephant)

white-stripes-elephant

■曲名:Seven Nation Army
■曲名邦題:セヴン・ネイション・アーミー
■アルバム名:Elephant
■アルバム名邦題:エレファント
■動画リンク:「Seven Nation Army」
■Amazon:このアルバムについて、他のレビューを読みたい方はこちらから

このアルバムで彼らは全米アルバムチャートで1位を獲得し、この曲もシングルチャートで7位を記録しました。

この曲はジャックのギターが聞きどころです。

51秒のところからのギターが、この曲を決定的名曲にしています。

彼らは典型的なバンドサウンドに聞こえるかもしれませんが、メンバーは以下の2人しかいません。

ジャック・ホワイト(Jack White):ギター担当
メグ・ホワイト(Meg White):ドラム担当

つまりベースレスというわけですが、彼らの曲を聞いているとベースの不在を感じませんね。

そもそもガレージ・ロックはベースレスでも問題ないケースも多いのですが、それ以上にギターの引き出しが多いことが、物足りなさを払拭している原因ではないでしょうか。

エレクトリック・ギターとアコースティック・ギターの使い分けだけでなく、時にはこの曲のようにドラマティックな演出をしてあきさせません。

この曲のようにギターをオーバー・ダビングしているケースもありますしね。

彼はキーボードやピアノなどの演奏もできますが、ギターだけでもヴァーサタイルなプレイヤーだと思います。

 

3位「Stop Breaking Down」(アルバム:The White Stripes)

white-stripes-first

■曲名:Stop Breaking Down
■曲名邦題:ストップ・ブレイキング・ダウン
■アルバム名:The White Stripes
■アルバム名邦題:ザ・ホワイト・ストライプス
■動画リンク:「Stop Breaking Down」
■Amazon:このアルバムについて、他のレビューを読みたい方はこちらから

初期2枚の彼らは、特にブルース成分が強めです。

彼らがカバーしたブルース・ミュージシャンを挙げておきましょう。

・ロバート・ジョンソン(Robert Johnson)
・サン・ハウス(Son House)
・ブラインド・ウィリー・マクテル(Blind Willie McTell)

ブラインド・ウィリー・マクテルはともかく、他の2人はデルタ・ブルースの人で、この曲もロバート・ジョンソンのカバー曲です。

デルタ・ブルースはミシッシッピー・ブルースとも言われ、弾き語りだけの演奏も多いです。

ただそのギターの演奏は変幻自在で、弾き語りなのに表現力が尋常ではありません。

このバンドの魅力にも通じるところはないでしょうか。

2人だけなのに、まるで4人のバンドサウンドみたいな感じがします。

少ない人数でも多彩な表現を可能にする方法は、デルタ・ブルースからヒントを得ているのかもしれません。

 

4位「Little Room」(アルバム:White Blood Cells)

white-stripes-white-blood

■曲名:Little Room
■曲名邦題:リトル・ルーム
■アルバム名:White Blood Cells
■アルバム名邦題:ホワイト・ブラッド・セルズ
■動画リンク:「Little Room」
■Amazon:このアルバムについて、他のレビューを読みたい方はこちらから

彼らはガレージ・パンクの影響を受けていて、特にイギー・ポップ(Iggy Pop)がお気に入りだそうです。

特にイギー・ポップのファンで、ストゥージズのアルバム『ファンハウス』を「今までに作られた最高のロック・アルバム」と言っている。

ザ・ホワイト・ストライプス ウィキペディア

ガレージ・パンクとは、狭義でいえば1960年代中盤以降のアメリカで出てきたアマチュア・ロックバンドのことで、パンクの源流とも言われています。

レニー・ケイ(LennyKaye)が編集した「ナゲッツ(Nuggets: Original Artyfacts from the First Psychedelic Era, 1965–1968)」というアルバムを聞くと、どういう音楽か分かります。

初期衝動そのままのピュアなロックといってもいいかもしれません。

この曲は50秒と大変短く、イントロだけで終わっている感じもしますが、これこそがガレージ・パンクではないでしょうか。

短くても不完全な感じがしても、全然問題ではありません。

初期衝動がしっかりキープされているかどうかが問題ですが、その点この曲は満点です。

 

5位「Hypnotize」(アルバム:Elephant)

white-stripes-elephant

■曲名:Hypnotize
■曲名邦題:ヒプノタイズ
■アルバム名:Elephant
■アルバム名邦題:エレファント
■動画リンク:「Hypnotize」
■Amazon:このアルバムについて、他のレビューを読みたい方はこちらから

おそらく彼らの最高傑作を聞かれたら「White Blood Cells」か、このアルバムを挙げる人が多いでしょう。

彼らはロックンロール・リバイバルの流れで評価されることが多いのですが、この曲などはまさにど真ん中といえます。

ジャックはギタリストとして評価が高いですが、私はボーカリストとしての魅力にも注目しています。

よく聞くとジャックのボーカルは、様々なバリエーションを持っていますね。

少し鼻にかかった高音部を特徴とする歌い方、先程の「Blue Orchid」のようなファルセット、そしてこの曲などは少し歌い方を変えていないでしょうか。

少し演技がかった感じの歌い方をしています。

彼らのことを典型的なガレージ・パンクだと思うかもしれませんが、よく聞けば多彩なボーカルとギターの表現がベースにあります。

メグ・ホワイトをボーカルに起用した曲もありますし。

そういう緩急や変化の中でこそ、こういうストレートな曲が映えるのかもしれません。

 

6位「Blue Orchid」(アルバム:Get Behind Me Satan)

white-stripes-get

■曲名:Blue Orchid
■曲名邦題:ブルー・オーキッド
■アルバム名:Get Behind Me Satan
■アルバム名邦題:ゲット・ビハインド・ミー・サタン
■動画リンク:「Blue Orchid」
■Amazon:このアルバムについて、他のレビューを読みたい方はこちらから

私はメグ・ホワイトのドラムをどう評価したらいいのか、少し分からないところがあります。

メグのドラムはお世辞にもテクニックがあるとは思いませんし、彼女独特のノリみたいなものも感じられません。

しかしウィキペディアにこういう記述がありました。

ジャックとは対照的にメグのドラミングスタイルは非常にシンプルなものである。

映画『スクール・オブ・ロック』でネタにされるなど、彼女のドラマーとしての能力には懐疑的な声も存在する一方、デイヴ・グロールは「史上最高のドラマー」だとして最大級の賛辞を送っている[7]。

また、アルバム『イッキー・サンプ』のミキシングを行ったジョー・チッカレリは「ジャックが他のドラマーと演奏してもザ・ホワイト・ストライプスのような音にならない。彼女はバンドの音の半分を超えた存在だ」と語っている[8]。

ザ・ホワイト・ストライプス ウィキペディア

彼らが彼女の演奏のどこを評価しているのか、私には正直分かりません。

ドラム単独では、目を引く演奏ではないように思われますし。

ただ彼女のドラムには、テクニックなど無用といわんばかりのプリミティヴさがあります。

細部までこだわったジャックのギターと、あまり難しいことは考えていないようなメグの組み合わせは、不思議な組み合わせかもしれません。

そのイビつな組み合わせのおかげで、彼らの音楽は唯一無二の存在になっています。

 

7位「Icky Thump」(アルバム:Icky Thump)

white-stripes-icky

■曲名:Icky Thump
■曲名邦題:イッキー・サンプ
■アルバム名:Icky Thump
■アルバム名邦題:イッキー・サンプ
■動画リンク:「Icky Thump」
■Amazon:このアルバムについて、他のレビューを読みたい方はこちらから

後期の彼らの音楽は、レッド・ツェッペリン(Led Zeppelin)化してきたように思います。

この曲もそういう1曲です。

まずジャックのボーカルは、少しロバート・プラントに寄せている感じがしますね。

また2:03からのもったいぶったキメも、1970年代のハードロックっぽい感じがしないでしょうか。

ギターも少しメタリックですし、2:15ぐらいから一瞬入る無国籍なキーボードも、ジョン・ポール・ジョーンズ (John Paul Jones)っぽいですよね。

しかしそれでもレッド・ツェッペリンのモノマネとは思いません。

ジョン・スペンサー・ブルース・エクスプロージョン(The Jon Spencer Blues Explosion)にも言えますが、現代的なセンスが見え隠れしていると思うからです。

たとえば3:12からの音響的なギターの使い方などには、今時の感覚が感じられます。

古い形式に新たな命を吹き込んでいる曲ではないでしょうか

 

8位「I’m Bound to Pack It Up」(アルバム:De Stijl)

white-stripes-de

■曲名:I’m Bound to Pack It Up
■曲名邦題:アイム・バウンド・パック・イット・アップ
■アルバム名:De Stijl
■アルバム名邦題:デ・ステイル
■動画リンク:「I’m Bound to Pack It Up」
■Amazon:このアルバムについて、他のレビューを読みたい方はこちらから

彼らは男女の2人組ということで、どういう関係か気になる方もいらっしゃるかもしれません。

彼らは公式には姉妹でジャックが兄、メグが妹として活動しています。

しかし実際には彼らは元夫婦だったようで、デビュー後少し経ってから離婚しています。

それからの2人の関係について引用しておきましょう。

「彼女は、俺が、どんな凄いことを成し遂げても、一緒に喜んでくれるタイプでは絶対になかった。

いつも俺のことを、『はいはい、それがどうしたの?』って感じで見ていたんだ。ホワイト・ストライプス時代のすべての瞬間が本当にそんな感じだったんだ。

例えばスタジオでレコーディングしていて俺が『やばい!今俺達新しい世界を開いたよ!』と言ったとしても、メグは無言でそこで座っているだけだった。

JACK WHITE、「メグは友達じゃない。もうほとんど話しもしない」と語る。

一応補足しておくと、だからといってジャックはメグの存在を否定しているわけではありません。

彼女の子供のようなピュアさが、インスピレーションの源泉だったというようなことを言っています。

さてこの曲の歌詞は、そういう関係をふまえて読むと意味深かもしれません。

この曲では男性側が孤軍奮闘しているけれど、相手とはコミュニケーションがとれていない様子が歌われています。

その後ジャックとメグはそれぞれ違う相手と再婚していますが、両者ともに同じ2013年離婚しています。

当事者にしか分からない不思議な関係なのかもしれません。

 

9位「You’re Pretty Good Looking (For a Girl)」(アルバム:De Stijl)

white-stripes-de

■曲名:You’re Pretty Good Looking (For a Girl)
■曲名邦題:ユー・アー・プリティ・グッド・ルッキング
■アルバム名:De Stijl
■アルバム名邦題:デ・ステイル
■動画リンク:「You’re Pretty Good Looking (For a Girl)」
■Amazon:このアルバムについて、他のレビューを読みたい方はこちらから

彼らは売れる前から自分たちのイメージにこだわっていました。

まずアルバムジャケットはどれも秀逸ですが、赤、黒、白の3色ばかりです。

また彼らは夫婦にもかかわらず、兄と妹という設定でデビューしていますが、ばれた後も兄妹設定のままインタビューに応じていました。

音楽的には古いビンテージ機材にこだわり、スタジオ入りしても時間をかけずにレコーディングするのが常です。

彼らのような音楽は初期衝動が大切なので、変にスタジオでこねくり回さないというのは正解っぽいですけどね。

もしかしたら同じラモーンズ姓を名乗り革ジャン・ファッションで統一していた、ラモーンズみたいな存在を目指していたのかもしれません。

ちなみに彼らの解散理由は以下のようなものです。

2011年2月2日にHP上にて解散を発表した。解散理由は、”今まで築き上げてきた自分たちの音楽・アートを最高の形で残したいため”としている。

ザ・ホワイト・ストライプス ウィキペディア

どことなく任務完了といった風情が漂っていないでしょうか。

 

10位「You Don’t Know What Love Is (You Just Do as You’re Told)」(アルバム:Icky Thump)

white-stripes-icky

■曲名:You Don’t Know What Love Is (You Just Do as You’re Told)
■曲名邦題:ユー・ドント・ノウ・ホワット・ラヴ・イズ(ユー・ジャスト・ドゥ・アズ・ユーアー・トールド)
■アルバム名:Icky Thump
■アルバム名邦題:イッキー・サンプ
■動画リンク:「You Don’t Know What Love Is (You Just Do as You’re Told)」
■Amazon:このアルバムについて、他のレビューを読みたい方はこちらから

このアルバムは彼らのラスト・アルバムです。

心地よいミディアムテンポで進む中、3:12からのギターがすばらしいです。

この後彼らは「アンダー・ザ・グレイト・ホワイト・ノーザン・ライツ(Under Great White Northern Lights)」というライブ・アルバムをリリースし、その翌年解散しています。

「Icky Thump」がリリースされたのが2007年で、翌年ジャックはソロシングル「Another Way to Die」を発表しています。

リンクを貼っておきましょう。

Alicia Keys & Jack White – Another Way To Die

ホワイト・ストライプスと全然違うタイプの曲ですね。

おそらくこの頃には解散に向けて動いていたと思われます。

先程このバンドでは多くの制約があったことを書きました。

イメージ戦略的にも、音楽的にも。

またその制約の中で、かなりの工夫をしていたことにも触れました。

先程の解散の理由は、きれいごとみたいに聞こえる人もいるかもしれませんが、私には説得力を感じられます。

ホワイト・ストライプスという枠の中でできることは、おおよそやり尽くしてしまったように思うからです。

解散後ジャックが始めたラカンターズ(The Raconteurs)も、先程のソロシングル同様違う音楽性のバンドでした。

違う音楽をやるなら、違うバンド名でやるという感じでしょうか。

私は彼らが最後までスタイリッシュなイメージを維持してくれて、とても良かったと思います。

 

関連記事

ストロークス(The Strokes)の名曲名盤12選

 

ランキング一覧

他のランキングは、こちらからどうぞ

 

Spotifyの登録方法(無料)

スマートフォンの方はこちら

パソコンの方はこちら

 

その他のリンク

トップページに戻る
※お気に入りに登録お願いいたします!

おとましぐらTwitter

Amazonで何かお探しの方は、こちらからどうぞ!

CDとの付き合い方・サブスクリプションの選び方

white-stripes-get
最新情報をチェックしたい方は、フォローをお願いします!