journey-frontiers

ジャーニー(Journey)の名曲名盤10選【代表曲・隠れた名曲】

今回はジャーニーのランキングを作成しました。

このバンドは産業ロックと分類されることが多いかもしれません。

産業ロックという言葉は大昔、商業主義的なつまらない音楽というような、ある種の蔑称でした。

しかし今このバンドを聞くと、単に良質なハードロックでしかありません。

いやむしろ産業ロックで結構。産業ロックはすばらしいだろうと言いたいです。

今こそ偏見なしで聞き直したいバンドです。

 

Amazonで検索したい方は、こちらからどうぞ!

1位「Don’t Stop Believin’」(アルバム:Escape)

journey-escape

■曲名:Don’t Stop Believin’
■曲名邦題:ドント・ストップ・ビリーヴィン
■アルバム名:Escape
■アルバム名邦題:エスケイプ
■動画リンク:「Don’t Stop Believin’」
■Amazon:このアルバムについて、他のレビューを読みたい方はこちらから

この曲は彼らの代表曲です。

CMで使われていましたので、ご存知の方も多いかもしれません。

1981年に全米シングルチャート9位を記録しましたが、2009年にアメリカのテレビドラマ「グリー(glee)」でカバーされたことにより、再度チャートを駆け上り、20年以上経過して4位になっています。

「グリー」という言葉は、合唱のパフォーマンスのことだそうです。

そのアメリカのテレビドラマでは、いじめられっ子の男女が、グリーの大会で優勝を目指して奮闘するストーリーのようです。

一方この曲は次のようなメッセージを持った曲です。

お腹を満たすためにハードワークしても、本心では満ち足りてはいないはずだ。だったら自分の可能性を信じることを止めるな。

このアルバムタイトルは「Escape」つまり「脱出」という意味です。

ジャケットからも「自分の殻を打ち破るんだ」というメッセージが伝わってきそうです。

 

2位「Separate Ways」(アルバム:Frontiers)

journey-frontiers

■曲名:Separate Ways
■曲名邦題:セパレイト・ウェイズ
■アルバム名:Frontiers
■アルバム名邦題:フロンティアーズ
■動画リンク:「Separate Ways」
■Amazon:このアルバムについて、他のレビューを読みたい方はこちらから

もし若い頃にこのバンドのランキングを作成したら、この曲はランクインしていません。

そもそもこのバンドのランキングを作成しようとさえ思わなかったでしょう。

昔の私は某洋楽誌が彼らを産業ロックと揶揄していたのを、真に受けているところがありました。

その割にはしっかり聞いていましたけどね(笑)

しかし今から考えると、当時の論調は一体なんだったのでしょう。

最上級のヘヴィメタルのバンドを様式と切り捨て、ジャーニーを産業ロックという言葉だけで、簡単に葬り去っていました。

ただその雑誌には良い影響も受けたので、必要以上に非難しようとは思いませんけどね。

この曲はイントロのキーボードが特徴的な曲です。

今聞いても少し気恥ずかしく感じる部分もありますが、もうとっくに洗脳は解けていますから、今では素直に魅力を認めることができます。

 

3位「Suzanne」(アルバム:Raised On Radio)

journey-raised

■曲名:Suzanne
■曲名邦題:スザンヌ
■アルバム名:Raised On Radio
■アルバム名邦題:Raised On Radio〜時を駆けて
■動画リンク:「Suzanne」
■Amazon:このアルバムについて、他のレビューを読みたい方はこちらから

私は様々な音楽友達から影響を受けてきました。

大昔の話ですが、ある産業ロック通の人と話してから、産業ロックについての見方が変わりました。

彼は「硬派な音楽だからいいわけじゃない」というようなことを言っていました。

確かにその通りです。

彼の言葉に付け加えるならば、ロックっぽいからといって良い音楽というわけでもないと思います。

その理屈でいえば「Frontiers」のヒットの後、更に媚びたと言われるこのアルバムなどは、名曲の宝庫かもしれません。

今回私は久しぶりに聞きなおして、またこのアルバムの印象が上がりました。

確かにこのアルバムはハードロック色が減少して、マニア的な聞き方をする人には物足りない部分もあるかもしれません。

しかしこの曲などはどうでしょうか。

律儀なほどポップでキャッチーな曲です。

硬派とか軟派とか、ロックとかポップとか関係なく、純粋に良い曲だと思います。

 

4位「Any Way You Want It」(アルバム:Departure)

journey-departure

■曲名:Any Way You Want It
■曲名邦題:お気に召すまま
■アルバム名:Departure
■アルバム名邦題:ディパーチャー
■動画リンク:「Any Way You Want It」
■Amazon:このアルバムについて、他のレビューを読みたい方はこちらから

この曲は1980年にリリースされています。

この頃は硬派のロックファンからも人気の高い時期です。

というのは、まだ少しだけアメリカン・プログレハードの香りが残っていたからです。

このバンドは元々サンタナのメンバーであった、ニール・ショーン(Neal Schon)とグレッグ・ローリー(Greg Laurie)が独立して結成したバンドです。

グレッグは主にキーボード担当でしたが「Journey(宇宙への旅立ち)」「Look into the Future(未来への招待状)」「Next(ネクスト)」という初期三部作では、ボーカルも担当していました。

しかしその時期はあまり売れませんでした。

そこでスティーヴ・ペリー(Steve Perry)というボーカル専任者を入れて、テコ入れをすることになりました。

しかしスティーヴは曲づくりにも才能を発揮し、ニール・ショーンと一緒にこの曲を書き上げました。

おそらく全盛期の彼らのプロトタイプにあたる曲だと思います。

この曲は彼らの自信作らしく、彼らのライブアルバム4枚全てにこの曲が収録されています。

ブレイク以降の彼らしか知らない方は、以前にもこんな曲があったのかと驚くかもしれません。

 

5位「Faithfully」(アルバム:Frontiers)

journey-frontiers

■曲名:Faithfully
■曲名邦題:時への誓い
■アルバム名:Frontiers
■アルバム名邦題:フロンティアーズ
■動画リンク:「Faithfully」
■Amazon:このアルバムについて、他のレビューを読みたい方はこちらから

このバンドの転機はいくつかあります。

最初の転機はスティーヴ・ペリーの加入で、次はジョナサン・ケイン(Jonathan Cain)の加入です。

ジョナサン・ケインは、加入するやいなや大車輪の活躍をしました。

彼のキーボードの演奏はとても分かりやすく、確かに玄人受けはしないかもしれません。

ただポップな方向性にシフトしつつあったバンドにおいて、とても重要なサウンドの要になりました。

この曲のイントロのキーボードを聞くと、彼がこのバンドで果たした役割がどういうものか、お分かりいただけると思います。

彼は加入するとこの曲を手始めとして「Escape」全曲のクレジットに名を連ねることになります。

そして加入2作目のこのアルバムでは、単独でこの曲を書き上げています。

ちなみにジョナサンは、ベイビーズ(The Babys)というバンドに在籍していましたが、ジャーニーに移籍したことで、ベイビーズは解散しています。

ベイビーズは「ミッシング・ユー(Missing You)」のヒットで有名なジョン・ウェイト(John Waite)も在籍していました。

ちなみに後にジョン・ウェイトはニール・ショーンと一緒に、バッド・イングリッシュ(Bad English)というハードロックバンドを結成しています。

ベイビーズとジャーニーは兄弟バンドみたいなものかもしれません。

 

6位「Who’s Crying Now」(アルバム:Escape)

journey-escape

■曲名:Who’s Crying Now
■曲名邦題:クライング・ナウ
■アルバム名:Escape
■アルバム名邦題:エスケイプ
■動画リンク:「Who’s Crying Now」
■Amazon:このアルバムについて、他のレビューを読みたい方はこちらから

初期の彼らは、グレッグ・ローリーとニール・ショーンがメインソングライターでした。

しかしスティーヴ・ペリーが加入すると、スティーヴとニール・ショーンの共作が大半を占めるようになりました。

その後ジョナサン・ケインが加入すると、ジョナサン、スティーヴ、ニールの3人が曲を書くようになりました。

このバンドの魅力はキャッチーな楽曲ですが、曲を書けるメンバーを補充したことが、後の成功に繋がったように思います。

この曲はジョナサンとスティーヴの共作です。

2人はこのバンドでは後から加入した新参者ですが、この頃には既に発言権が強かったようです。

当初ニール・ショーンはこの曲で激しいギターソロを演奏していました。

しかしジョナサンとスティーヴの2人が、もっとシンプルに弾くように注文をつけたという逸話が残っています。

ダメ出しを受けてやり直したのが3:28からのソロ演奏だと思いますが、実にすばらしいギターソロです。

ニールはサンタナ出身のプレイヤーですが、本家サンタナに負けないぐらいサステイン(音の伸び)を効かせています。

2人の適切なアドバイスのおかげで、後半のニールのギターソロが、後半のハイライトといえる出来になっています。

 

7位「Edge Of The Blade」(アルバム:Frontiers)

journey-frontiers

■曲名:Edge Of The Blade
■曲名邦題:限りなき世界
■アルバム名:Frontiers
■アルバム名邦題:フロンティアーズ
■動画リンク:「Edge Of The Blade」
■Amazon:このアルバムについて、他のレビューを読みたい方はこちらから

ニールは基本的にギターを弾きまくりたいタイプです。

ニールはサンタナに加入する以前から有名ライブハウス、フィルモアウェストで、多くのブルースギタリストと共演していました。

その後サンタナに加入しますが、サンタナが「キャラバンサライ(Caravanserai)」でフュージョン路線になると脱退し、ジャーニーを結成することになります。

ニールはこのバンド以外の活動を聞いても、基本的にハードロックをやりたい人なのかなと思います。

その意味でこういう曲は、ニールの本領発揮といった曲です。

ニールは激しい演奏の中であっても、とてもメロディアスなプレイができる人です。

またこの曲の後半では激しいながらも泣きのフレーズを連発していて、私は彼のベストプレイの1つだと思っています。

 

8位「Wheel in the Sky」(アルバム:Captured)

journey-captured

■曲名:Wheel in the Sky
■曲名邦題:ホイール・イン・ザ・スカイ
■アルバム名:Captured
■アルバム名邦題:ライヴ・エナジー
■動画リンク:「Wheel in the Sky」
■Amazon:このアルバムについて、他のレビューを読みたい方はこちらから

ライブアルバムからの曲をご紹介します。

この曲のオリジナルは「インフィニティ(Infinity)」に収録されています。

ただ私はこちらのライブバージョンの方が良い出来だと思っています。

彼らの全盛期は「Escape」「Frontiers」「Raised on Radio」だと言われますが、私は「Captured」も全盛期に加えて考えています。

このアルバムでは「Infinity」「エヴォリューション(Evolution)」「Departure」あたりの曲を中心に演奏しています。

その頃のファンの方には申し訳ありませんが、全盛期に比べると曲の魅力は落ちるかもしれません。

しかしそれを補って余りあるのが、ライブバンドとしての演奏力です。

少し良い程度の曲を、かなりパワーアップして再現しています。

この曲もオリジナルバージョンに比べて、はるかに素晴らしい出来になっていると思います。

 

9位「Be Good To Yourself」(アルバム:Raised On Radio)

journey-raised

■曲名:Be Good To Yourself
■曲名邦題:トゥ・ユアセルフ
■アルバム名:Raised On Radio
■アルバム名邦題:Raised On Radio〜時を駆けて
■動画リンク:「Be Good To Yourself」
■Amazon:このアルバムについて、他のレビューを読みたい方はこちらから

彼らは売れてから内紛が多くなりました。

スティーヴ・ペリー、ニール・ショーン、ジョナサン・ケインの存在が高まり、相対的にスティーヴ・スミス(Steve Smith)とロス・ヴァロリー(Ross Valory)の存在感が希薄になりました。

このアルバムでスティーヴ・スミスは3曲だけの参加、ロス・ヴァロリーにいたってはプレイしていません。

マネージャーのハービー・ハーバート(Herbie Herbert)によって、解雇されてしまったようです。

スティーヴ・ペリーもこのアルバムに先立って、ソロアルバム「ストリート・トーク(Street Talk)」をリリースし、バンドから気持ちが離れかけていました。

スティーヴ・ペリーはこのアルバムでプロデューサーを兼務すると、翌年バンドから脱退してしまいます。

さて彼らのアルバム名は、単語ばかりであることに気が付いた方もいらっしゃるかもしれません。

リリース年で並べてみましょう。

「Departure」→「Captured」→「Escape」→「Frontiers」

直訳してみると物語が浮かび上がります。

出発→捕獲→脱出→新天地

実はこのアルバムのタイトルは当初「Freedom(自由)」だったようです。

つまりこういう流れになる予定でした。

出発→捕獲→脱出→新天地→自由

しかしスティーヴの発案で「Raised On Radio」に変更したそうです。

スティーヴはバンドの内紛に嫌気がさして「自由」というアルバム名がふさわしくないと思ったのかもしれません。

 

10位「Open Arms」(アルバム:Escape)

journey-escape

■曲名:Open Arms
■曲名邦題:オープン・アームズ
■アルバム名:Escape
■アルバム名邦題:エスケイプ
■動画リンク:「Open Arms」
■Amazon:このアルバムについて、他のレビューを読みたい方はこちらから

さてこの曲は彼らの代表的なバラードです。

先程産業ロックというジャンルは、軽視される風潮があったことを書きました。

昔あるライターが産業ロックのバンドには「感動できない大ヒットバラードがある」と書いていたことを覚えています。

おそらく彼が言っている中には、この曲も入っていると思われます。

当時私は若すぎて自分の意見に自信が持てず、そういうものなのかなと思っていました。

しかしそれから多くの音楽を聞き、様々な人と意見交換をしてきた結果、今でははっきり言えます。

この曲は名曲です。

実際この曲は2004年に映画「海猿」の主題歌として使われています。

先程の「Don’t Stop Believin’」と同じく、この曲も20年以上経過して、再び脚光を浴びているというわけです。

彼らの曲には普遍的な魅力がある証拠ではないでしょうか。

昔このバンドを過小評価していた方も、今一度フラットな耳で聞くと、新たな魅力が見つかるかもしれません。

■おすすめ記事
効率的に音楽を楽しむ方法について【CDとの付き合い方・サブスクリプションの選び方】

journey-frontiers
最新情報をチェックしたい方は、フォローをお願いします!