elton-john-single-man

エルトン・ジョン(Elton John)の名曲名盤10選【代表曲・隠れた名曲】

今回はエルトン・ジョンのランキングを作成しました。

この人は卓越したソングライターです。

ビートルズ(The Beatles)でいえば、「レット・イット・ビー(Let It Be)」クラスの曲を書ける人です。

バーニー・トーピン(Bernie Taupin)と最強コンビを組んでいた1970年代に限定して選曲してみました。

 

1位「Goodbye Yellow Brick Road」(アルバム:Goodbye Yellow Brick Road)

elton-john-goodbye

■曲名:Goodbye Yellow Brick Road
■曲名邦題:グッバイ・イエロー・ブリック・ロード
■アルバム名:Goodbye Yellow Brick Road
■アルバム名邦題:黄昏のレンガ路
■動画リンク:「Goodbye Yellow Brick Road」

曲名の「黄色いレンガの道」とは「都会の道」のこと。

その道を歩いていけば、成功や富が手に入るとされています。

この言葉は、小説や映画で有名な「オズの魔法使い(The Wonderful Wizard of Oz)」から取られているそうです。

彼は都会から離れて、本来の自分に戻れる田舎暮らしに戻りたいようですね。

ジャケットを見ると、がれきの向こうに豊かな田園風景が広がっています。

当時エルトンは絶頂期にありました。

アルバムやシングルを出せば、大ヒットは約束されていました。

この曲はエルトンの作詞パートナーであるバーニー・トーピンが、エルトンに忠告した内容だと言われています。

つまり「エルトン、お前は成功のために音楽をやっているのか。一度原点に戻ろうぜ」と。

ちなみにバーニーは電気が使えないぐらいの田舎の出身で、エルトンとは17歳からの友達です。

エルトンはその意を汲んで、見事なメロディを書き上げました。

そうした経緯のせいか、この曲は迷っている人の背中を押してくれるところがあります。

人生の節目に聞いてみてはいかがでしょうか。

 

2位「Your Song」(アルバム:Elton John)

elton-john-2nd

■曲名:Your Song
■曲名邦題:僕の歌は君の歌
■アルバム名:Elton John
■アルバム名邦題:僕の歌は君の歌
■動画リンク:「Your Song」

彼がスターの仲間入りをしたのは、このセカンド・アルバムからです。

プロデューサーのガス・ダッジョン(Gus Dudgeon)、作詞パートナーのバーニーと組んだ鉄壁製作体制での最初のヒット曲です。

当初は「パイロットにつれていって(Take Me to the Pilot)」がA面で、この曲はB面曲でした。

当時はラジオが大きな影響力を持っていて、DJに好まれる曲をシングルカットに選ぶ必要がありました。

そのあたり様子は、クイーン(Queen)の大ヒット映画「ボヘミアン・ラプソディ(Bohemian Rhapsody)」でも描かれていましたね。

しかし多くのラジオDJは、こちらの曲ばかり放送していたそうです。

今ではこちらがA面曲とされています。

エルトンはこの時、若干23歳。

その若さでこんな普遍性のあるメロディが書けるとは、恐るべき才能です。

 

3位「Someone Saved My Life Tonight」(アルバム:Captain Fantastic & the Brown Dirt Cowboy)

elton-john-captain

■曲名:Someone Saved My Life Tonight
■曲名邦題:僕を救ったプリマドンナ
■アルバム名:Captain Fantastic & the Brown Dirt Cowboy
■アルバム名邦題:キャプテン・ファンタスティック
■動画リンク:「Someone Saved My Life Tonight」

エルトンはデビュー当時女性の婚約者がいましたが、結婚に前向きになれなかったようです。

そんなある日友人のロング・ジョン・ボルドリー(Long John Baldry)に悩みを打ち明けたところ、結婚を止めた方がいいとアドバイスされたそうです。

ちなみにエルトン・ジョンという名前は芸名ですので、本名ではありません。

「エルトン」は、後にソフト・マシーン(Soft Machine)で活躍したエルトン・ディーン(Elton Dean)から、「ジョン」はロング・ジョン・ボルドリーから取られています。

エルトンはそのアドバイスを受けて、婚約を破棄することにしました。

この曲のタイトルは直訳すると「今夜誰かが僕の人生を救った」です。

ロング・ジョン・ボルドリーは男性ですから、この邦題は意味を取り違えているかもしれません。

婚約破棄された女性を「プリマドンナ」と呼ぶとは考えにくいですし。

婚約者の女性には同情しますが、当時エルトンは自殺を考えるぐらい悩んでいたそうですから、仕方ない気もします。

 

4位「Crocodile Rock」(アルバム:Don’t Shoot Me I’m Only the Piano Player)

elton-john-dont

■曲名:Crocodile Rock
■曲名邦題:クロコダイル・ロック
■アルバム名:Don’t Shoot Me I’m Only the Piano Player
■アルバム名邦題:ピアニストを撃つな!
■動画リンク:「Crocodile Rock」

ピアノマンの面目躍如たる曲です。

曲名を直訳すると「ワニ・ロック」

最初聞いた時は楽しいが、奇妙な曲だと思いました。

ただその割には聞いていましたが(笑)

この曲は「Crocodile Rock」という架空のヒットソングを、曲の主人公たちが後から懐かしく思い出しているという設定の曲です。

若い頃は「Crocodile Rock」を聞いて、彼女がドレスを着ていれば、最高の金曜日の夜が過ごせたと。

つまり実在しないヒット曲の曲名にしたことで、実在の曲にしたのですね。

そういう凝った設定がおもしろいです。

 

5位「Bennie and the Jets」(アルバム:Goodbye Yellow Brick Road)

elton-john-goodbye

■曲名:Bennie and the Jets
■曲名邦題:ベニーとジェッツ (やつらの演奏は最高)
■アルバム名:Goodbye Yellow Brick Road
■アルバム名邦題:黄昏のレンガ路
■動画リンク:「Bennie and the Jets」

このアルバムは2枚組にもかかわらず良い曲が多く、彼の代表作と言われています。

なにせ「土曜の夜は僕の生きがい(Saturday Night’s Alright for Fighting)」や「風の中の火のように(Candle in the Wind)」も収録されていますし。

今回はそれらの曲を差し置いて、洗練されたこの曲を選んでみました。

この曲は彼の曲の中で異色かもしれません。

実際他の曲とは違った受け入れられ方をされているようです。

エルトンの曲では初めてソウル・チャートのトップ40入りをしています。

ベニー・シングス(Benny Sings)のファンに好まれそうな曲かもしれません。

 

6位「Are you ready for love」(アルバム:The Complete Thom Bell Sessions)

elton-john-thom-bell

■曲名:Are you ready for love
■曲名邦題:恋にご用心
■アルバム名:The Complete Thom Bell Sessions
■アルバム名邦題:コンプリート・トム・ベル・セッションズ
■動画リンク:「Are you ready for love」

この時期エルトンはショービジネスの世界に疲弊して、ほぼ引退に近い状態にありました。

曲は制作していましたが、完成までこぎつけることができないでいました。

行き場の失った曲を、当時破竹の勢いだったトム・ベル(Thom Bell)に依頼して完成させたのがこの曲です。

この6曲入りミニ・アルバムは、隠れた名盤といえるかもしれません。

他にも「カントリー・ラヴ・ソング(Country Love Song)」など良い曲があります。

しかしエルトンのアルバムのクレジットに、トム・ベルやM.F.S.B.、スピナーズ(The Spinners)の名前があるとは、不思議な感じがしますね。

ちなみにこの曲は後にクラブ発でヒットし、30年近く経過して1位を獲得しています。

古くからのリスナーはご存知ないかもしれませんが、今代表曲を選ぶなら欠かせない曲だと思います。

 

7位「Daniel」(アルバム:Don’t Shoot Me I’m Only the Piano Player)

elton-john-dont

■曲名:Daniel
■曲名邦題:ダニエル
■アルバム名:Don’t Shoot Me I’m Only the Piano Player
■アルバム名邦題:ピアニストを撃つな!
■動画リンク:「Daniel」

この曲の歌詞で、主人公が慕う兄はベトナム戦争で視力を失いました。

戦争から帰還した兄は祖国すると英雄扱いされていて、弟から見ると自慢の兄です。

しかし兄はそうした喧噪に巻き込まれることを避け、自国を去ってスペインに旅立とうとしています。

おそらく戦争の悲惨さを訴えた歌詞だと思われますが、それを示す直接的な表現はありません。

兄がいなくなることを寂しがる弟の視点によって、そうした背景を浮かび上がらせています。

「あなたは僕にとって今でも大空に輝く星のような存在だよ」という箇所が、とても切なく響きますね。

エルトン・ジョンの音楽において、バーニー・トーピンの歌詞はとても重要な役割をはたしています。

この曲のように短編小説といえる歌詞もあって、歌詞だけ単独で楽しむこともできるほど。

その歌詞に見合うメロディを提供したエルトンもさすがです。

 

8位「Rocket Man」(アルバム:Honky Chateau)

elton-john-honky

■曲名:Rocket Man
■曲名邦題:ロケット・マン
■アルバム名:Honky Chateau
■アルバム名邦題:ホンキー・シャトー
■動画リンク:「Rocket Man」

この曲の主人公は、家族の元を離れて寂しい思いをしている宇宙飛行士。

彼は宇宙飛行士としての名声よりも、1人の家庭人、父親としての幸せを望んでいる様子がうかがえます。

バーニーの歌詞を読むと、メッセージに一貫性を感じることがあります。

それは「いくら成功して名声を得たとしも、本来の自分らしくいることが大切だ」というもの。

そしてそれは、エルトンも共有していると思われます。

同じ思いを共有するシンガー兼作曲家と作詞家の出会いが、全盛期のエルトン・マジックを生み出しました。

ちなみにエルトンがバイセクシャルであることは有名な話です。

一方バーニーの恋愛対象は女性だけのようですので、そういう関係ではないようです。

 

9位「Part-Time Love」(アルバム:A Single Man)

elton-john-single-man

■曲名:Part-Time Love
■曲名邦題:パート・タイム・ラヴ
■アルバム名:A Single Man
■アルバム名邦題:シングル・マン
■動画リンク:「Part-Time Love」

このアルバムの前、エルトンに大きな変化がありました。

全盛期を支えたガス・ダッジョンとバーニー・トゥピンが、エルトンの元から離れています。

このアルバムの前にエルトンは一度引退宣言しました。

活動を再開したこのアルバム・ジャケットでは、トレードマークの派手サングラスではなく、自分の素顔をさらしています。

髪の薄さを隠すためだと揶揄された帽子を被り、見晴らしの良い場所にポツン1人たたずむエルトン。

ジャケットに書かれている文字は「独身男 エルトン・ジョン」

この捨て身の自虐センスは、いかにも英国的ではないでしょうか。

プロデュースは、エルトン自身とクライヴ・フランクス(Clive Franks)に変わっています。

作詞はゲイリー・オズボーン(Gary Osborne)と組んでいますが、個人的には遠くバーニーに及ばないように感じます。

「Part-Time Love」とは不倫のこと。

「みんな不倫を求めているのさ」というフレーズもあって、やはり彼はこの時期、精神的に不安定だったかもしれません。

 

10位「Don’t Let the Sun Go Down on Me」(アルバム:Caribou)

elton-john-caribou

■曲名:Don’t Let the Sun Go Down on Me
■曲名邦題:僕の瞳に小さな太陽
■アルバム名:Caribou
■アルバム名邦題:カリブ
■動画リンク:「Don’t Let the Sun Go Down on Me」

私は若い頃この曲の良さが分かりませんでした。

長くてつまらない曲だと思っていましたし、このアルバムも全盛期にしては今一つな感じがして、ほとんど聞かずにいました。

しかし今回聞き返したところ、初めて良さが理解できたように思います。

この曲はジワる曲なのですね。

若い頃は即効性のある曲に飛びつきがちかもしれません。

一方この曲はピークまでがとても長く、盛り上がりをみせるのは2分過ぎぐらいから。

長い年月が経過して、ようやく私もこの曲の良さを理解できるようになったようです。

 

関連記事

シンガー・ソングライター(Singer-Songwriter)の名曲名盤20選

ギルバート・オサリバン(Gilbert O’Sullivan)の名曲名盤10選

エミット・ローズ(Emitt Rhodes)の名曲名盤6選

 

記事一覧

全記事リストは、こちらからどうぞ

 

他ブログ・SNS等

このブログの「トップページ」に戻る
※お気に入りに登録をお願いいたします!

おとましぐらの音楽ブログ(サブブログ)
※オピニオン記事、企画色の強い記事を連載しています

おとましぐらnote(おすすめ曲一覧)
※良い曲を1曲単位で厳選してご紹介しています

おとましぐらXアカウント
※フォローをお願いいたします!

elton-john-single-man
最新情報をチェックしたい方は、フォローをお願いします!