irene-cara-flashdance

1980年代大ヒット洋画の名曲名盤10選【サントラ限定】

今回は1980年代の洋画の曲を取り上げます。

選曲にあたり、以下のような条件に限定しました。

・オリジナルアルバムではなく、サントラに収録されている印象が強いもの
・大ヒット映画が対象
・昔の曲の再利用は対象外(1曲例外あり)
・単独でランキングを作成予定のアーティストは除外

こういう条件でも設けないと、対象が広がりすぎてしまいます。

しかし今回はとても楽しく選曲できました。

中途半端な曲数となりましたが、今後入れ忘れた曲を思い出したら追加するかもしれません。

Amazonで検索したい方は、こちらからどうぞ!

1位 Irene Cara「Flashdance… What a Feeling」(アルバム:Flashdance)

1位 Irene Cara「Flashdance… What a Feeling」(アルバム:Flashdance)

■アーティスト名:Irene Cara
■アーティスト名カナ:アイリーン・キャラ
■曲名:Flashdance… What a Feeling
■曲名邦題:フラッシュダンス…ホワット・ア・フィーリング
■アルバム名:Flashdance
■アルバム名邦題:フラッシュダンス
■動画リンク:Irene Cara「Flashdance… What a Feeling」
■Amazon:このアルバムについて、他のレビューを読みたい方はこちらから

ご存知夢見る女性のサクセスストーリーの主題歌です。

玄人の方は、ジョルジオ・モロダー(Giorgio Moroder)が作曲している曲であることをご存知でしょうか。

彼はこの曲以外でも、1980年代の様々なサウンドトラックに参加して、ヒット曲を生み出しています。

日本でも麻倉未稀さんがカバーしていて、知名度がとても高いです。

麻倉さんバージョンはテレビドラマ「スチュワーデス物語」でも主題歌に使われていましたね。

上の動画で長い橋を先を急いで自転車で渡るシーンだけで、グッときますね。

夢に向かって突き進む「ドジでノロマな亀」を自覚する人は必聴です。

 

2位 Mike Reno & Ann Wilson「Almost Paradise」(アルバム:Footloose)

footloose

■アーティスト名:Mike Reno & Ann Wilson
■アーティスト名カナ:マイク・レノ&アン・ウィルソン
■曲名:Almost Paradise
■曲名邦題:パラダイス~愛のテーマ
■アルバム名:Footloose
■アルバム名邦題:フットルース
■動画リンク:Mike Reno & Ann Wilson「Almost Paradise」
■Amazon:このアルバムについて、他のレビューを読みたい方はこちらから

この映画は1980年代を代表する映画です。

サントラのレべルの高さも随一かもしれません。

どの曲にしようかかなり迷いましたが、やはりこの曲がいいように思いました。

アン・ウィルソン(Ann Wilson)は、ハート(Heart)のボーカルとして有名です。

しかしマイク・レノ(Mike Reno)って誰だっけと思う人がいるかもしれません。

この人は1980年代に一世を風靡したラヴァーボーイ(Loverboy)のボーカルです。

2人の熱いデュエットを聞くことができる曲です。

 

3位 Fire Inc「Tonight Is What It Means To Be Young」(アルバム:Streets of Fire)

streets-of-fire

■アーティスト名:Fire Inc
■アーティスト名カナ:ファイヤー・インク
■曲名:Tonight Is What It Means To Be Young
■曲名邦題:今夜は青春
■アルバム名:Streets of Fire
■アルバム名邦題:ストリート・オブ・ファイヤー
■動画リンク:Fire Inc「Tonight Is What It Means To Be Young」
■Amazon:このアルバムについて、他のレビューを読みたい方はこちらから

バイオレンスアクションの名作映画から、ご紹介します。

この映画の主人公は女性ロックシンガーです。

その彼女がライブ中にストリートギャングに拉致されてさあどうなるというストーリーです。

なんともバトルロワイヤルな展開ですが、興味をそそられるのではないでしょうか。

ちなみに1984年の「キネマ旬報」で、読者が選出した外国映画の1位になったそうです。

1980年代の音楽は熱い音楽が多いような気がしますが、この曲はその中でも最も熱い曲の1つです。

邦題の気恥ずかしさには目をつぶっていただきたいと思います。

 

4位 Limahl「The NeverEnding Story」(アルバム:The NeverEnding Story)

the-neverending-story

■アーティスト名:Limahl
■アーティスト名カナ:リマール
■曲名:The NeverEnding Stor
■曲名邦題:ネバーエンディング・ストーリーのテーマ
■アルバム名:The NeverEnding Story
■アルバム名邦題:ネバーエンディング・ストーリー
■動画リンク:Limahl「The NeverEnding Story」
■Amazon:このアルバムについて、他のレビューを読みたい方はこちらから

私はこの映画は見ていません。そういう人も多いかもしれません。

ただこの曲のタイトルになっていることで、映画も有名になってしまいました。

この曲も「フラッシュダンス」と同じく、ジョルジオ・モロダーが作曲を手がけています。

どうりでピコピコしている曲だと思いました。

ちなみに知る人ぞ知る情報ですが、この曲はあの羽賀健二さんもカバーしています。

聞き比べると酷ですが、もし身悶えもするような恥ずかしさを味わいたい人は、検索してみてください。

 

5位 Richard Sanderson「Reality」(アルバム:La Boum)

richard-sanderson-la-boum

■アーティスト名:Richard Sanderson
■アーティスト名カナ:リチャード・サンダーソン
■曲名:Reality
■曲名邦題:愛のファンタジー
■アルバム名:La Boum
■アルバム名邦題:ラ・ブーム
■動画リンク:Richard Sanderson「Reality」
■Amazon:このアルバムについて、他のレビューを読みたい方はこちらから

青春映画の傑作から選曲しました。

1980年に公開されたフランス映画で、当時はヨーロッパやアジアを中心に大ヒットしました。

この映画の主人公は13歳の女の子、ヴィック。

彼女はパーティでマチューという男の子と出会います。

お互いに惹かれ合った2人は、映画館ではじめてのキスをします。

と書いているだけで、なんだか気恥ずかしくなりますが。

この曲の歌詞「夢は僕の現実、唯一の本物の幻想だ」という箇所は、初めて恋をした気持ちをよく表した言葉だと思います。

ソフィー・マルソーは当時13歳でした。

私は大人になってから見た映画ですが、若い内に見ておきたかったなと思いました。

6位 Irene Cara「Fame」(アルバム:Fame)

irene-cara-fame

■アーティスト名:Irene Cara
■アーティスト名カナ:アイリーン・キャラ
■曲名:Fame
■曲名邦題:フェーム
■アルバム名:Fame
■アルバム名邦題:フェーム
■動画リンク:Irene Cara「Fame」
■Amazon:このアルバムについて、他のレビューを読みたい方はこちらから

ショービジネスで成功を目指す若者たちの成長を描いた映画です。

様々な1980年代の映画を思い浮かべて思ったのは、サクセス・ストーリーが多いということです。

その過程で友情、恋、様々な挫折を経験して、主人公が成長していく物語が多いと思います。

パターン化されているかもしれませんが、分かっていても引き込まれてしまうものですね。

さてこの曲は、野心的な音楽をつくろうと奮闘していたオタク男性が、密かに隠し持っていた曲という設定です。

それをタクシー運転手の父親が持ち出して、車の上に大きなスピーカーを付けて、大音量で流してしまいます。

すると町中の人が熱狂して、踊り狂ってしまいました。町中大パニック。

そのシーンの動画を見つけました。

曲は聞き取りにくいですが、映画の雰囲気を味わいたい方は以下をご覧ください。

Irene Cara – Fame [the original]

 

7位 Rita Coolidge「All Time High」(アルバム:Octopussy)

octopussy

■アーティスト名:Rita Coolidge
■アーティスト名カナ:リタ・クーリッジ
■曲名:All Time High
■曲名邦題:オール・タイム・ハイ
■アルバム名:Octopussy
■アルバム名邦題:007/オクトパシー
■動画リンク:Rita Coolidge「All Time High」
■Amazon:このアルバムについて、他のレビューを読みたい方はこちらから

1980年代は007の映画も大ヒットを記録していました。

名曲が多い中で、私が一番おすすめしたいのはこの曲です。

映画が大ヒットしたのに比べて、この曲は世界ではあまりヒットしなかったようです。

ただ日本では人気があった曲で、映画を見たことのない人にもよく知られています。

1980年代の日本では、ニューミュージックっぽい音楽が人気があったせいもあるかもしれません。

おそらく当時は松任谷由実さんなどとあまり変わらない感じで聞かれていたのでしょう。

 

8位 Berlin「Take My Breath Away」(アルバム:Top Gun)

top-gun

■アーティスト名:Berlin
■アーティスト名カナ:ベルリン
■曲名:Take My Breath Away
■曲名邦題:愛は吐息のように
■アルバム名:Top Gun
■アルバム名邦題:トップ・ガン
■動画リンク:Berlin「Take My Breath Away」
■Amazon:このアルバムについて、他のレビューを読みたい方はこちらから

トム・クルーズ(Tom Cruise)の出世作となった映画の主題曲です。

この映画は設定が少し「愛と青春の旅だち」に似ています。

エリートパイロットを目指す主人公の成長と、ヒロインとの恋愛を描いた映画です。

しかし1983年公開の「愛と青春の旅だち」に対して、この映画は1987年公開です。

「愛と青春の旅だち」ではヒロインが弱い立場に置かれていて、「トップガン」では強いヒロインが設定されています。

その背景には、当時のアメリカが女性の力が強くなってきた時代の変化があります。

 

9位 Robin Zander「In This Country」(アルバム:Over the Top)

robin-zander-over

■アーティスト名:Robin Zander
■アーティスト名カナ:ロビン・ザンダー
■曲名:In This Country
■曲名邦題:イン・ディス・カントリー
■アルバム名:Over the Top
■アルバム名邦題:オーバー・ザ・トップ
■動画リンク:Robin Zander「In This Country」
■Amazon:このアルバムについて、他のレビューを読みたい方はこちらから

シルベスター・スタローンは、1980年代を象徴するビッグスターでした。

「ロッキー」シリーズや「ランボー」など大ヒット映画を連発していました。

その中で特に忘れがたいのが、この映画です。

ある時離婚した病床の妻から元夫に、子供のことを頼むという依頼がありました。

しかし父親と再会した息子は、10年以上音沙汰のなかった父親に対して、かたくなに心を閉ざします。

やがて2人は一緒に旅を続ける内に心を通わせ始めますが、その後大きな試練を迎えることになりました。

上の動画は大詰めのシーンなので、もしこれから映画を見る予定の方は、ネタバレにならないよう音楽だけお楽しみください。

ただ見る予定のない方も、動画を見たら映画を見たくなるでしょうね。

私も久しぶりにそのシーンを見て、涙腺が緩みそうになりました。

ロビン・ザンダーはチープ・トリック(Cheap Trick)のボーカルの人ですが、彼の力強い歌唱はこの映画にぴったりです。

 

10位 Marty McFly With The Starlighters「Johnny B. Goode」(アルバム:Back to the Future)

back-to-the-future

■アーティスト名:Marty McFly With The Starlighters
■アーティスト名カナ:マーティ・マクフライ・ウィズ・ザ・スターライターズ
■曲名:Johnny B. Goode
■曲名邦題:ジョニー・B.グッド
■アルバム名:Back to the Future
■アルバム名邦題:バック・トゥ・ザ・フューチャー
■動画リンク:Marty McFly With The Starlighters「Johnny B. Goode」
■Amazon:このアルバムについて、他のレビューを読みたい方はこちらから

今回は単独でランキングを作成予定のアーティストは除外しています。

この映画ではヒューイ・ルイス&ザ・ニュース(Huey Lewis & The News)の主題曲を選ぶべきでしょうが、代わりにこちらを取り上げてみました。

ただこの曲も条件からは外れますが、個人的に思い出深いシーンなので取り上げてみました。

映画を見た方ならご存知とは思いますが、マーティ・マクフライとは、主人公を演じるマイケル・J・フォックスのことです。

彼はタイムスリップしたパーティで、代役としてバンドに加わり演奏することになりました。

しかし次第にエキサイトして、我を忘れ暴走するマイケル。

さてどういう結末になったでしょうか。

映画でも印象的なシーンの1つだと思います。

オリジナルはチャック・ベリー(Chuck Berry)ですが、おそらく私はこの映画で初めてこの曲の魅力が分かったと記憶しています。

久しぶりにこのシーンを見ましたが、マイケル・J・フォックスの熱演は本当にすばらしいですね。

まさに名演、名曲、名画です。

 

関連記事

エイティーズ(80’s)の名曲名盤14選【一発屋】

エンニオ・モリコーネ(Ennio Morricone)の名曲名盤12選

 

ランキング一覧

他のランキングは、こちらからどうぞ

 

Spotifyの登録方法(無料)

スマートフォンの方はこちら

パソコンの方はこちら

 

その他のリンク

トップページに戻る
※お気に入りに登録お願いいたします!

おとましぐらTwitter

Amazonで何かお探しの方は、こちらからどうぞ!

CDとの付き合い方・サブスクリプションの選び方

irene-cara-flashdance
最新情報をチェックしたい方は、フォローをお願いします!