francis-lai-man

フランシス・レイ(Francis Lai)の名曲名盤10選【代表曲・隠れた名曲】

今回はフランシス・レイのランキングを作成しました。

この人の音楽は、とにかく美しいメロディが魅力です。

しかも映画の内容を端的に表現していて、映画音楽としても充分機能しています。

ロマンティックなメロディをご堪能ください。

 

Amazonで検索したい方は、こちらからどうぞ!

1位「Un homme et une femme(A Man and a Woman)(Instrumental)」(アルバム:Un homme et une femme(A Man and a Woman))

francis-lai-man

■曲名:Un homme et une femme(A Man and a Woman)(Instrumental)
■曲名邦題:男と女 (インストゥルメンタル)
■アルバム名:Un homme et une femme(A Man and a Woman)
■アルバム名邦題:男と女
■動画リンク:「Un homme et une femme(A Man and a Woman)(Instrumental)」
■Amazon:このアルバムについて、他のレビューを読みたい方はこちらから

映画を見たことがない方でも、この曲は聞いたことがあると思います。

もしかしたら世界一有名なスキャットの曲かもしれません。

とはいえ映画も大変な名作で、音楽だけの映画ではありませので、まだの方はぜひご覧になってみてください。

クロード・ルルーシュ監督による大人の恋愛を描いた名画です。

スキャットの部分は、ピエール・バルー(Pierre Barouh)とニコール・クロワジール(Nicole Croisille)です。

別バージョン「時速200キロ」もすばらしいので、リンクを貼っておきましょう。

Francis Lai – A 200 a l’heure(124 Miles An Hour)

メインテーマより早いテンポが印象的です。

メインテーマがすばらしいと別バージョンも楽しめるので、お得感がありますね。

それはサントラ特有の醍醐味かもしれません。

 

2位「13 jours en France (Orchestra)」(アルバム:13 jours en France)

francis-lai-13

■曲名:13 jours en France (Orchestra)
■曲名邦題:白い恋人たち(オーケストラ)
■アルバム名:13 jours en France
■アルバム名邦題:白い恋人たち/グルノーブルの13日
■動画リンク:「13 jours en France (Orchestra)」
■Amazon:このアルバムについて、他のレビューを読みたい方はこちらから

こちらは邦題が秀逸です。

「13 Jours en France」は「フランスの13日間」という意味です。

それを「白い恋人たち」と名付けたセンスは、賞賛されるべきではないでしょうか。

この映画は、グルノーブル冬季オリンピックの記録映画です。

原題がそっけないのは、記録映画だからなのかもしれません。

「白い恋人たち(コーラス・バージョン)」の方もご紹介しておきましょう。

Francis Lai – 13 jours en France (Choeurs)

しかし記録映画なのに、こんなロマンティックでいいのでしょうか(笑)

「白い恋人たち」と名付けたのも、うなづける曲調です。

ちなみにお菓子の「白い恋人」は、この曲から名付けられたに違いないと思って調べてみましたが、どうやら違うようです。

 

3位「Samba Saravah」(アルバム:Un homme et une femme(A Man and a Woman))

francis-lai-man

■曲名:Samba Saravah
■曲名邦題:男と女のサンバ
■アルバム名:Un homme et une femme(A Man and a Woman)
■アルバム名邦題:男と女
■動画リンク:「Samba Saravah」
■Amazon:このアルバムについて、他のレビューを読みたい方はこちらから

この曲はピエール・バルーが歌っています。

フランシス・レイの曲というより、ピエール・バルー個人の作風に近いかもしれません。

軽快なボサノヴァで、曲にフランス語の響きが合っています。

56秒の所から始まる語りの部分などは、フランス語の美しさなしに成立しないかもしれません。

この曲を書いたのはフランシス・レイでなく、ヴィニシウス・ヂ・モライス(Vinícius De Moraes)とバーデン・パウエル(Baden Powell)です。

ただフランシス・レイとピエール・バルーの関係は不可分だと思って選びました。

フランシス・レイをクロード・ルルーシュ(Claude Lelouch)監督に紹介したのも、ピエール・バルーですし。

この映画のサウンドトラックは、初めてフランシス・レイが手がけた映画音楽作品です。

ピエール・バルーの存在によって、フランス映画とサントラの名コンビが誕生しました。

 

4位「Mayerling Ouverture(Bof Mayerling)」(アルバム:Mayerling)

francis-lai-mayerling

■曲名:Mayerling Ouverture(Bof Mayerling)
■曲名邦題:うたかたの恋(オープニング)
■アルバム名:Mayerling
■アルバム名邦題:うたかたの恋
■動画リンク:「Mayerling Ouverture(Bof Mayerling)」
■Amazon:このアルバムについて、他のレビューを読みたい方はこちらから

上位はすべてモンド/ラウンジとボッサな曲ばかりになりました。

ここで映画音楽らしいオーケストラの曲もご紹介しておきましょう。

中でも私のイチオシはこの曲。

「うたかたの恋」とは「水面に浮かぶ泡のように、すぐ消えてしまうはかない恋」という意味です。

やんごとなき立場の男女が恋に落ちて、悲劇的な結末となった「マイヤーリング事件」を題材にした小説が原作のようです。

「マイヤーリング事件」について調べてみましたが、謎が謎を呼ぶ事件で、記事を書くのを忘れて読み漁ってしまいました。

ミステリー好きの方は、以下の記事を読んでみてください。

マイヤーリングで何が起こったのかは本当に殺人自殺でしたか?

この曲は2人の悲劇的な未来を予感させつつ、崇高な愛を甘美なメロディで表現しています。

私はこの映画を見ていませんが、見たいと思わせてくれるすばらしい音楽だと思います。

 

5位「Vivre pour vivre」(アルバム:Vivre pour vivre(Live for Life))

francis-lai-vivre

■曲名:Vivre pour vivre
■曲名邦題:パリのめぐり逢い
■アルバム名:Vivre pour vivre(Live for Life)
■アルバム名邦題:パリのめぐり逢い
■動画リンク:「Vivre pour vivre」
■Amazon:このアルバムについて、他のレビューを読みたい方はこちらから

フランシス・レイは「男と女」の仕事が、世界中で大絶賛されました。

それを受けて製作されたのが、同じくクロード・ルルーシュ監督のこの映画です。

この映画は妻がいるのにもかかわらず、若いモデルの女性とアバンチュールを楽しむ男性の話です。

いわゆる不倫を扱った映画といえるでしょう。

このアルバムには他にも「ロベールのテーマ(Theme de Robert)」という名曲が収録されています。

Francis Lai – Theme de Robert

ロベールとは、不倫をしている男性の名前です。

「ロベールのテーマ」の動画では、映画のシーンがふんだんに使われていて、映画を見た気分にさせてくれます。

映画に興味のある方は、チェックしてみてください。

 

6位「Du soleil plein les yeux」(アルバム:Du soleil plein les yeux)

francis-lai-du-soleil

■曲名:Du soleil plein les yeux
■曲名邦題:さらば夏の日
■アルバム名:Du soleil plein les yeux
■アルバム名邦題:さらば夏の日
■動画リンク:「Du soleil plein les yeux」
■Amazon:このアルバムについて、他のレビューを読みたい方はこちらから

こちらは青春映画からの曲です。

監督はクロード・ルルーシュではなく、同じくフランスの監督ミシェル・ボワロンで(Michel Boisrond)。

しかしそこはやはりフランス映画ですから、主人公は浮気をしてしまい、恋人との間が気まずくなったりしています。

いわゆるひと夏の恋を描いた映画らしいのですが、本当にフランス映画は浮気の展開が好きなのですね。

とはいえこの曲はすばらしいです。

この曲には夏の日差しや、太陽のきらめきを感じます。

本当にフランシス・レイは、映画の内容を曲で表現するが巧みな人ですね。

彼の曲は甘いですが、その甘さには常に上品さが感じられます。

まるで極上のスイーツのような。

音楽とは関係ありませんが、フランシス・レイという名前からして、甘い感じがしますし。

 

7位「Les Violons De La Mort」(アルバム:Les Uns et les autres)

francis-lai-les

■曲名:Les Violons De La Mort
■曲名邦題:嘆きのヴァイオリン
■アルバム名:Les Uns et les autres
■アルバム名邦題:愛と哀しみのボレロ
■動画リンク:「Les Violons De La Mort」
■Amazon:このアルバムについて、他のレビューを読みたい方はこちらから

この曲は盟友クロード・ルルーシュ監督の「愛と哀しみのボレロ(Les Uns et les Autres)」の曲です。

この映画はフランシス・レイとミシェル・ルグラン(Michel Legrand)が音楽を手がけています。

この映画のサントラは2枚組で、ラヴェルのボレロが使われたことで評判を呼びました。

しかしその曲はミシェル・ルグラン(Michel Legrand)の方の曲ですので、ここでは取り上げません。

その代わり私が同じぐらい好きな、こちらをご紹介しておきましょう。

情感豊かに歌うアコーディオンと、高揚感のあるストリングスの絡みが印象的です。

映画はこういう内容です。

1930年代から1980年代にわたり、パリ、ニューヨーク、モスクワ、ベルリンを中心とするフランス、アメリカ、ロシア、ドイツにおいて交錯する、2世代4つの家族の人生を描く

愛と哀しみのボレロ ウィキペディア

この映画は私も見ましたが、バレエのシーンがとても感動しました。

 

8位「Theme From Love Story (Finale)」(アルバム:Love Story)

francis-lai-love

■曲名:Theme From Love Story (Finale)
■曲名邦題:ある愛の詩 フィナーレ
■アルバム名:Love Story
■アルバム名邦題:ある愛の詩
■動画リンク:「Theme From Love Story (Finale)」
■Amazon:このアルバムについて、他のレビューを読みたい方はこちらから

フランシス・レイの映画音楽の魅力は、1にメロディ、2にメロディ、3もメロディです。

メロディだけかと怒られるかもしれませんが、そう大げさに表現したいぐらいメロディがすばらしいです。

映画音楽は、映画の内容を肉付けをする役割があります。

悲しいシーンには悲しい曲が流れるというような。

しかしフランシス・レイの映画音楽は、そのメロディの秀逸さゆえシーンから切り離しても、音楽単独で親しまれる曲が多いように思います。

その点はモリコーネに似ているかもしれません。

この曲はテレビなど、様々な場面で使われています。

この映画は純愛映画で、私は2人の純粋さに心打たれながらも、どうにかならないのかと気をもみながら見ました。

最後にこの映画の有名なセリフをご紹介しておきましょう。

「愛とは決して後悔しないこと」

 

9位「Rainbow」(アルバム:Bilitis)

francis-lai-bilitis

■曲名:Rainbow
■アルバム名:Bilitis
■アルバム名邦題:ビリティス
■動画リンク:「Rainbow」
■Amazon:このアルバムについて、他のレビューを読みたい方はこちらから

さてここからは少し変わった曲を取り上げます。

この映画はメイン・テーマが有名です。

そちらも引用しておきましょう。

Francis Lai ‎– Bilitis

シンセサイザーの曲ですが、なかなかいいですね。

映画音楽の作曲家は、様々な音楽を要求されるものです。

オーケストラ作品だけでなく、ロックやファンクなど、こんな曲までやっていたのかと驚かされることがあります。

この曲などは、フュージョンとファンクのハイブリットですし。

陽性のサックスが高らかに歌い上げていて、シャイでセンチメンタルな従来のイメージとは異なる曲かもしれません。

フランシス・レイの多様性を代表する曲として取り上げてみました。

 

10位「Party Music / Show Out !」(アルバム:Pop Story)

francis-lai-pop

■曲名:Party Music / Show Out !
■アルバム名:Pop Story
■動画リンク:「Party Music / Show Out !」
■Amazon:このアルバムについて、他のレビューを読みたい方はこちらから

さてもう1曲珍しい曲を取り上げたいと思います。

1968から1971年にかけて録音された、フレンチ・ポップの曲です。

このアルバムは、ポップ・ソングだけを集めた編集盤。

この曲などはソフト・ロックみたいな曲ではないでしょうか。

さて最後に取り上げきれなかった曲を、いくつかフォローしておきたいと思います。

まず代表作の1つ「個人教授(La Lecon particuliere)」から。

Francis Lai ‎– La Lecon Particuliere

もう1曲「続エマニエル夫人(Emmanuelle 2)」から、エロい曲をご紹介しておきましょう。

Francis Lai ‎– La séduction de l’île de Bali
※エロジャケ映像ですので、ご注意ください

フランシス・レイは、生涯に多くの作品を発表しています。

日本のウィキペディアに、こう書かれていました。

2018年11月7日、フランスのメディアによって逝去が報道された。ただし正確な逝去日や死因については不明である[1]。

フランシス・レイ ウィキペディア

意味深な感じがしますね。

しかし彼が亡くなった翌年、最後の作品「The Best Years of a Life」が発表されました。

その映画の監督は、一緒に黄金期をつくり上げた仲間、クロード・ルルーシュです。

どうやら彼は晩年まで映画音楽の仕事をしていたようですね。

 

関連記事

1980年代大ヒット洋画の名曲名盤10選【サントラ限定】

エンニオ・モリコーネ(Ennio Morricone)の名曲名盤12選

 

ランキング一覧

他のランキングは、こちらからどうぞ

 

Spotifyの登録方法(無料)

スマートフォンの方はこちら

パソコンの方はこちら

 

その他のリンク

トップページに戻る
※お気に入りに登録お願いいたします!

おとましぐらTwitter

Amazonで何かお探しの方は、こちらからどうぞ!

CDとの付き合い方・サブスクリプションの選び方

francis-lai-man
最新情報をチェックしたい方は、フォローをお願いします!