japan-tin

ジャパン(Japan)の名曲名盤10選【代表曲・隠れた名曲】

今回はジャパンのランキングを作成しました。

彼らはデュラン・デュラン(Duran Duran)など、ニューロマンティック勢のルーツの1つと言われています。

また一方では、ヨーロピアン路線のロキシー・ミュージック(Roxy Music)やデヴィッド・ボウイ(David Bowie)などの流れを受け継いでいる面もあります。

ギラギラしたグラムロック路線から、最終には独自のアート志向の強い境地にたどり着きました。

その刺激的な変遷をご堪能ください。

 

Amazonで検索したい方は、こちらからどうぞ!

1位「Ghosts」(アルバム:Tin Drum)

japan-tin

■曲名:Ghosts
■曲名邦題:ゴウスツ
■アルバム名:Tin Drum
■アルバム名邦題:錻力の太鼓
■動画リンク:「Ghosts」
■Amazon:このアルバムについて、他のレビューを読みたい方はこちらから

私は彼らの最高傑作はこのアルバムだと思います。

この曲はシングルチャート5位と最大のヒット曲になりましたが、よくもこのような耽美な曲がヒットしたものです。

ちなみに後年デヴィッド・シルヴィアン(David Sylvian)は、ジャパン時代について、かなり否定的な見解を述べていました。

生きていくためにやったバンドで、偽りの姿だった。ジャパンというバンド名も、実は好きではなかった。

ただ最後の方では、少し自分を表現できるようになってきたのだと。

シルヴィアンがこの曲を書いた時、バンド内では一部のメンバー以外、この曲に興味を示さなかったそうです。

当時バンド内の人間関係は、決して良好ではありませんでした。

必ずしもバンドが仲良しクラブである必要はありません。

逆に才能を持った1人の発言権が強まることで、音楽的にもセールス的にも大きな成果を挙げるケースも多いです。

このアルバムは、そのパターンの典型例といえるかもしれません。

シルヴィアンはこの曲を書いたことにより、その後自分がやりたい音楽の青写真が描けたそうです。

しかしバンドのメンバーは違う方向を向いていました。

それでもシルヴィアンが独裁的な人であれば、バンドは継続したかもしれませんが、むしろ逆の人です。

様々な意味で、解散することは必然であったかもしれません。

 

2位「Quiet Life」(アルバム:Quiet Life)

japan-quiet

■曲名:Quiet Life
■曲名邦題:クワイエット・ライフ
■アルバム名:Quiet Life
■アルバム名邦題:クワイエット・ライフ
■動画リンク:「Quiet Life」
■Amazon:このアルバムについて、他のレビューを読みたい方はこちらから

最初の2枚で彼らは毒のあるホワイト・ファンクやグラム・ロック路線の音楽をやっていました。

このアルバムあたりから、彼らは大きく変化しています。

この曲はサードアルバムの冒頭を飾る曲で、急にピコピコし始めたと思ったファンも多いかもしれません。

ただその前に伏線がありました。

思えばファーストアルバム「Adolescent Sex」のタイトル曲は、歪んだディスコといえる曲でした。

また翌年1979年にはジョルジオ・モロダー(Giorgio Moroder)と共作した「ライフ・イン・トウキョウ(Life in Tokyo)」を発表しています。

ジョルジオ・モロダーといえば、エレクトリックなディスコサウンドを得意とする人です。

リリース順でいえば、その次のシングルがこの曲です。

まあディスコの曲をやる流れだったのですね。

3:00ぐらいからいかにもディスコといった展開になりますが、3:38からのミック・カーン(Mick Karn)のベースは、普通のディスコサウンドになることを拒絶しているかのようです。

知的で才気あふれるディスコ・ミュージックといった感じの曲です。

 

3位「The Unconventional」(アルバム:Adolescent Sex)

japan-adolescent-sex

■曲名:The Unconventional
■曲名邦題:奇しい絆
■アルバム名:Adolescent Sex
■アルバム名邦題:果てしなき反抗
■動画リンク:「The Unconventional」
■Amazon:このアルバムについて、他のレビューを読みたい方はこちらから

彼らが最初の2枚のアルバムを嫌っていることは有名な話です。

何度もその種の発言を読みました。

ベスト盤でも冷遇されがちで、初期の曲が1曲も入っていないベスト盤もありますし、ライブアルバムでも初期の曲は取り上げられていません。

しかし私はこのファーストアルバムを大変気に入っています。

シングルカットされた「パレードに雨を降らせないで(Don’t Rain on My Parade)」など、他にも良い曲がたくさんあります。

彼らはサードアルバムぐらいから、キーボードが主体のサウンドに移行しますが、この頃はロブ・ディーン(Rob Dean)のギターが目立っていました。

この曲でも屈折したファンクのリズムの上でざらつくギターは、とても刺激的です。

ちなみに彼らはデビュー時、本国イギリスでは全く人気がありませんでした。

当時はアイドル的に売ろうとしていたようですが、それにしては音楽に毒がありすぎますから、そういうミスマッチが響いたのかもしれません。

しかし唯一日本では人気がありました。

当時の日本ではクイーン(Queen)といい、ジャパンといい、日本から世界に人気が波及することがありました。

昔の洋楽ファンは、目利き能力が高かったのですね。

 

4位「Visions of China」(アルバム:Tin Drum)

japan-tin

■曲名:Visions of China
■曲名邦題:ヴィジョンズ・オブ・チャイナ
■アルバム名:Tin Drum
■アルバム名邦題:錻力の太鼓
■動画リンク:「Visions of China」
■Amazon:このアルバムについて、他のレビューを読みたい方はこちらから

先程このバンドはシルヴィアン中心のバンドみたいなことを書きました。

しかしそれはコンセプトや曲づくりの場合で、演奏面で彼らは強者ぞろいでした。

特にミック・カーンとスティーヴ・ジャンセン(Steve Jansen)のリズムは大変独創的で、この曲のイントロを聞いていただくだけで実感していただけると思います。

ここではまずスティーヴのドラムについて述べておきましょう。

彼のプレイは一言で言うと、へんてこなドラムです。

ギターでいえば、エイドリアン・ブリューみたいに、少し変で発想の自由さが感じられる演奏です。

2:12ぐらいから、少しアフリカのパーカッションみたいなところがありますが、良いアクセントになっています。

このバンドの場合、シンセサイザーの演奏も結構パーカッシブな時があります。

それらがうまくはまると、この曲のように不思議な音響空間が出来あがるというわけです。

 

5位「Swing」(アルバム:Gentlemen Take Polaroids)

japan-gentlemen

■曲名:Swing
■曲名邦題:スウィング
■アルバム名:Gentlemen Take Polaroids
■アルバム名邦題:孤独な影
■動画リンク:「Swing」
■Amazon:このアルバムについて、他のレビューを読みたい方はこちらから

この曲はミックカーンのベースに注目したい曲です。

ミック・カーンはサウンド面の要です。

後期のジャパンではギターが目立たないのに躍動感を失わなかったのは、この人のおかげと言っても過言ではありません。

この人はフレットレスベースの名手です。

フレットレスベースとは、ギターの弦の上で区切る部分がないベースのことです。

フレットは音程をプレイヤーが把握する上で目印になるので、素人がフレットレスを使うとかなり悲惨なことになりがちです。

メリットはメロディなどの表現力が増すということです。

ちなみにこの人のベースプレイを聞くと、ジャコ・パストリアス(Jaco Pastorius)やパーシー・ジョーンズ(Percy Jones)を思い起こさせる瞬間がありますが、彼らが共通してフレットレスベースを弾くこともその一因かと思います。

ちなみにミック・カーンは独学でベースを習得したせいか、楽譜を読めません。

要するに耳コピで練習していたのでしょう。しかもフレットレスベースで。

つまり正規教育を受けず、感覚だけでここまで登りつめたということになりますが、センスの塊なのですね。

まずは言葉よりこの曲をお聞きいただきたいと思います。

決して眉が無いだけの人ではありません。

 

6位「The Art of Parties」(アルバム:Tin Drum)

japan-tin

■曲名:The Art of Parties
■曲名邦題:ジ・アート・オブ・パーティーズ
■アルバム名:Tin Drum
■アルバム名邦題:錻力の太鼓
■動画リンク:「The Art of Parties」
■Amazon:このアルバムについて、他のレビューを読みたい方はこちらから

この曲ではアレンジの妙が味わえます。

リチャード・バルビエリ(Richard Barbieri)のシンセが、とてもカラフルです。

ただ楽器の話が多くなりましたから、今度はアルバムコンセプトについて書きたいと思います。

「錻力の太鼓」とは同名の映画から取られていますが、アルバムを通じて感じられるのは、中国をモチーフにしたオリエンタルな感覚です。

ジャケットが示すようなフェイク・チャイニーズ風コンセプト。

改めて歌詞を読んでみましたが、中国に特別思い入れている様子はなく、あくまでイメージを借りているだけという印象を受けました。

オリエンタルなイメージだけを借りてきたというような。

そういうアプローチは、YMOから影響されたのかもしれませんが。

アンディ・ウォーホル(Andy Warhol)が毛沢東から思想などの意味をはぎ取り、ポップアートとして表現したのに似ているかもしれません。

実際このアルバムは発表時に、コンセプチュアルアートみたいな受け止められ方をしたようです。

シルヴィアンは美術マニアとしての側面を持った人ですが、このアルバムには彼の美意識が強く表れているように思います。

 

7位「Automatic Gun」(アルバム:Obscure Alternatives)

japan-obscure

■曲名:Automatic Gun
■曲名邦題:オートマティック・ガン
■アルバム名:Obscure Alternatives
■アルバム名邦題:苦悩の旋律
■動画リンク:「Automatic Gun」
■Amazon:このアルバムについて、他のレビューを読みたい方はこちらから

セカンドアルバムからの選曲です。

このアルバムはいろいろな意味で、残念なところがあります。

まずジャケットですが、開始前のライブハウスで撮影したような低予算な感じは、少しかわいそうです。

あとアルバムタイトルも「Obscure Alternatives」つまり「あいまいな代替」みたいな意味ですが、何を伝えたいのかが分かりませんね。

原題がそうですから、邦題でも「苦悩の旋律」というぱっとしないタイトルを付けられてもやむなしかもしれません。

更に彼らの音楽はリズム面におもしろさがありますが、このアルバムはその特徴が少し弱いように感じます。

つまり迷走気味のアルバムといえるでしょう。

しかしそれは彼らのアベレージと比較しているからで、一般的にはそれほど悪いアルバムではありません。

中には「愛の住人(The Tanant)」という、後に繋がるようなアンビニエントな曲も入っていますしね。

特にこの曲はとてもキャッチーで、私は大好きです。

今回取り上げた曲の中で、一番ロックらしい曲といえるかもしれません。

シルヴィアンのボーカルスタイルが次作と違い過ぎて、今聞くと違和感がありますが、この曲ではこの歌い方が適しているように思います。

 

8位「Cantonese Boy」(アルバム:Oil On Canvas)

japan-oil

■曲名:Cantonese Boy
■曲名邦題:カントニーズ・ボーイ
■アルバム名:Oil On Canvas
■アルバム名邦題:オイル・オン・キャンヴァス
■動画リンク:「Cantonese Boy」
■Amazon:このアルバムについて、他のレビューを読みたい方はこちらから

彼らのラストアルバムとなったライブアルバムから選曲しました。

シルヴィアンはライブが好きではなかったようですが、他のメンバーはライブが大好きで、そういうことも解散の原因になったようです。

しかしその一方でシルヴィアンは、ライブのクォリティに大変こだわる人だったようです。

このアルバムはライブアルバムにもかかわらず、観客の声をカットするよう編集されています。

まあ完璧主義だったのでしょう。

ちなみに「Tin Drum」の前にギターが脱退してしまったので、このアルバムでは代わりに一風堂の土屋昌巳が、サポートギタリストとして参加しています。

一風堂は1982年に「すみれ September Love」を大ヒットさせていますから、その後に参加したようですね。

完璧主義者のリーダーがいて、凄腕ぞろいのバンドから日本人プレイヤーが選ばれたというのは、とても誇らしいことです。

さて解散後の1991年に彼らは、レイン・トゥリー・クロウ(Rain Tree Crow)という別名義で、アルバムを1枚だけリリースしました。

実質ジャパンの再結成アルバムといえるかもしれませんが、私は別物だと考えています。

というのはシルヴィアン色が強すぎると思うからです。

メンバーの個性がぶつかり合っていたジャパン時代とは別ものと思いますが、質は高いので興味のある方はぜひチェックしてみてください。

 

9位「Gentlemen Take Polaroids」(アルバム:Gentlemen Take Polaroids)

japan-gentlemen

■曲名:Gentlemen Take Polaroids
■曲名邦題:孤独な影
■アルバム名:Gentlemen Take Polaroids
■アルバム名邦題:孤独な影
■動画リンク:「Gentlemen Take Polaroids」
■Amazon:このアルバムについて、他のレビューを読みたい方はこちらから

彼らは前作「Quiet Life」から音楽性を変え、初の全英チャート入りを果たしました。

その後Hansa Recordsから、大手のVirgin Recordsに移籍することができました。

通常大手のレコード会社に移籍すると、売れ線を強いられることが多いのですが、このアルバムでは必ずしもそういう方向に変化していません。

むしろよりアンビニエントで耽美な方向に変化しています。

日本では「テイキング・アイランズ・イン・アフリカ(Taking Islands in Africa)」で、坂本龍一と共演したことが話題になりました。

惜しくもランキング外とはなりましたが、その曲の秀逸なリミックスバージョンを貼っておきましょう。

Taking Islands In Africa (Steve Nye Remix)

このアルバムも前作と同程度にはヒットしましたが、大手からリリースされたことを考えると、かろうじて及第点といったところでしょうか。

ただコアな音楽ファンにアピールする方向性は、間違いではなかったと思います。

彼らは次作「Tin Drum」では解散してもいい覚悟で、更にやりたい音楽を突き詰めました。

結果としてロック史に残る大傑作をつくりあげて、有終の美を飾ることができたのですから。

 

10位「European Son」(アルバム:Assemblage)

japan-assemblage

■曲名:European Son
■曲名邦題:ヨーロピアン・サン
■アルバム名:Assemblage
■アルバム名邦題:アセンブラージュ
■動画リンク:「European Son」
■Amazon:このアルバムについて、他のレビューを読みたい方はこちらから

最後にアルバム未収録曲を収録した編集盤からご紹介します。

時期的には「Tin Drum」の2か月前に発売されています。

当時彼らはアルバムに収録しないシングル曲を、次から次へとリリースしていました。

この曲以外では名曲の誉れが高い「Life in Tokyo」や、シングルチャートでトップテン入りを果たした「アイ・セカンド・ザット・エモーション(I Second That Emotion)」など、聞き逃すことができない曲が入っています。

ちなみに後者はスモーキー・ロビンソン&ザ・ミラクルズ(Smokey Robinson & Miracles)の有名なヒット曲のカバーですが、彼らは自分たちの色に染め上げています。

私が一番お気に入りなのはこの曲です。

「ヨーロピアン・サン(European Son)」という曲名から、ヴェルヴェット・アンダーグラウンド(The Velvet Underground)のカバーだと思う方もいらしゃるかもしれません。

実際彼らはヴェルヴェット・アンダーグラウンドの「オール・トゥモローズ・パーティーズ(All Tomorrow’s Parties)」のカバーをしていますし。

しかしこの曲は、彼らのオリジナル曲です。

聞きようによっては、ニュー・オーダー(New Order)みたいに聞こえますね。

やはりここでもミック・カーンのベースが躍動しています。

■おすすめ記事
効率的に音楽を楽しむ方法について【CDとの付き合い方・サブスクリプションの選び方】

japan-tin
最新情報をチェックしたい方は、フォローをお願いします!