serge-gainsbourg-jane-birkin

セルジュ・ゲンスブール(Serge Gainsbourg)の名曲名盤10選【代表曲・隠れた名曲】

今回はセルジュ・ゲンスブールのランキングを作成しました。

彼は多くの女性と浮名を流し、モラルに縛らず生きました。

希代の女好きで、なおかつ炎上上等みたいな人かもしれません。

しかし彼には作曲の才能と独自のボーカル・スタイル、退廃と背中合わせの色気がありました。

男をも魅了する艶を持った曲をご堪能ください。

 

Amazonで検索したい方は、こちらからどうぞ!

1位「Je t’aime… moi non plus」(アルバム:Je t’aime… moi non plus)

serge-gainsbourg-je-taime

■曲名:Je t’aime… moi non plus
■曲名邦題:ジュ・テーム・モワ・ノン・プリュ
■アルバム名:Je t’aime… moi non plus
■アルバム名邦題:ジュ・テーム・モワ・ノン・プリュ
■動画リンク:「Je t’aime… moi non plus」
■Amazon:このアルバムについて、他のレビューを読みたい方はこちらから

もしかしたら音楽史上で、もっともエロい曲かもしれません。

実際女性のあえぎ声が入っているので、いくつかの国では放送禁止になりました。

当時バチカンも非難する声明を出したぐらいです。

この曲を聞く時は、周囲に人がいないか確認してから聞く必要がありますね。

元々この曲は当時の不倫相手、ブリジット・バルドー(Brigitte Bardot)のために書かれた曲です。

曲名「Je t’aime… moi non plus」では「愛している」と言う女性に対して、男性は「俺は愛していない」と返しています。

愛していない割には、お盛んみたいですが。

この曲はバルドーともレコーディングしましたが、その時彼女は既婚者でした。

当然バルドーの夫の理解が得られるはずもなく、当時はリリースが見送りとなったようです。

そこで彼は次の交際相手ジェーン・バーキン(Jane Birkin)に、この曲を歌わせることにしました。

初出は「Jane Birkin – Serge Gainsbourg」に収録されましたが、上ではサントラのジャケットを掲載しています。

この曲は1976年、同名の映画の主題曲に採用されています。

 

2位「Elisa」(アルバム:Jane Birkin – Serge Gainsbourg)

serge-gainsbourg-jane-birkin

■曲名:Elisa
■曲名邦題:エリザ
■アルバム名:Jane Birkin – Serge Gainsbourg
■アルバム名邦題:ジェーン&セルジュ
■動画リンク:「Elisa」
■Amazon:このアルバムについて、他のレビューを読みたい方はこちらから

先程言及したジェーン・バーキンとの共同名義のアルバムです。

こちらの曲では、ゲーンズブールが単独で歌っていますが。

ジェーン・バーキンといえば、エルメスのバッグの名前の由来にもなった希代の美女です。

このアルバムの前年となる1968年、彼女はゲーンズブールと出会って、彼に一目ぼれしたのだそうです。

その後2人は交際に発展しました。

バーキンとゲーンズブールは同居を始め、事実婚という形で関係を続けました。

2人はその後1980年に別れたのですが、最後はけんか別れではなかったそうです。

その間ゲーンズブールがバーキンにプロポーズしたことがあったそうですが、その時バーキンは断ったのだとか。

しかし後年バーキンは、断ったことを後悔したそうです。

この曲のエリザという女性は、バーキンのことを指していると思われます。

彼は多くの女性と浮名を流しましたが、多くは短期間のアバンチュールでした。

その中でバーキンは、彼にとって運命の女だったかもしれません。

バーキンへの愛情が感じられる曲です。

 

3位「Tout mou tout doux」(アルバム:En studio avec Serge Gainsbourg)

serge-gainsbourg-je-tout

■曲名:Tout mou tout doux
■アルバム名:En studio avec Serge Gainsbourg
■動画リンク:「Tout mou tout doux」
■Amazon:このアルバムについて、他のレビューを読みたい方はこちらから

この曲はオリジナル・アルバム未収録曲なので、ご存知ない方も多いかもしれません。

編集盤からご紹介してみました。

隠れ名曲といえるでしょうが、これがなかなかの出来です。

ミディアム・ファンクの曲で、演奏がかっこいいですね。

彼のボーカルは基本ボソボソしているので、サウンド面の工夫がないと一本調子になりがちかもしれません。

しかしこの曲で時々入るセルジュのスキャットは、不思議な存在感を出しています。

これをスキャットと言っていいものか。

モノローグとスキャットの中間みたいな感じかもしれません。

 

4位「Aux enfants de la chance」(アルバム:You’re Under Arrest)

serge-gainsbourg-youre

■曲名:Aux enfants de la chance
■曲名邦題:幸せな子供たちへ
■アルバム名:You’re Under Arrest
■アルバム名邦題:囚われ者
■動画リンク:「Aux enfants de la chance」
■Amazon:このアルバムについて、他のレビューを読みたい方はこちらから

私はこのアルバムで初めてゲーンズブールを聞いた時、なぜこんなにセクシーなんだろうと思いました。

しかも結構な年齢でしたし。

このアルバムは1987年のリリースですから、彼は当時59歳。

彼は1991年に61歳の若さで亡くなっています。

死因は心筋梗塞なのだとか。

この作品は「ゼニット・ライヴ(Le Zénith de Gainsbourg)」を除くと、オリジナル・アルバムとしては最後のアルバムです。

私は彼が亡くなった時のことを、よく覚えています。

当時多くの人が雑誌で彼の追悼記事を発表していて、私もただエロいだけの人ではないことを知りましたから。

彼は多くの人に愛されたようです。

遺体はパリのモンパルナス墓地に埋葬された。

セルジュ・ゲンスブールの墓を訪れる人は後を絶たず、彼らが「リラの門の切符切り」にちなんで地下鉄の切符を供えるため、墓の周りにはいつも無数の切符が散らばっている。

セルジュ・ゲンスブール ウィキペディア

私は当時このアルバムを聞きながら追悼記事を読んだことを、不思議と鮮明に覚えています。

 

5位「Je suis venu te dire que je m’en vais」(アルバム:Vu de l’exterieur)

serge-gainsbourg-vu

■曲名:Je suis venu te dire que je m’en vais
■曲名邦題:手ぎれ
■アルバム名:Vu de l’exterieur
■アルバム名邦題:ゲンスブール版女性飼育論
■動画リンク:「Je suis venu te dire que je m’en vais」
■Amazon:このアルバムについて、他のレビューを読みたい方はこちらから

彼の全盛期は1960年代だという人も少なくありません。

しかし私は1970年代の方が好みですし、代表作と言われるアルバムはその時代に集中しています。

彼は1958年にデビューして1991年に亡くなっていますから、かなりキャリアの長い人だといえるでしょう。

全期間を対象にすると曲調がばらけるので、今回は対象期間を1969年以降に限定しました。

とはいえそれ以前にも、数多くの名曲があります。

「リラの門の切符切り(Le Poinçonneur des Lilas)」や「イニシャルB.B.(Initials B.B.)」なども捨てがたいですが、味わい深い曲を1曲ご紹介します。

Serge Gainsbourg – LaLlicorne

1970年代になるとヒット・メイカーではなく、作家性が強くなってきた感じがします。

このアルバムも良質のシンガーソングライターといった趣きですし。

しかし邦題の「ゲンスブール版女性飼育論」というアルバム名は、今ではありえませんよね。

 

6位「Lola Rastaquouere」(アルバム:Aux Armes Et Caetera)

serge-gainsbourg-aux

■曲名:Lola Rastaquouere
■曲名邦題:ローラ・ラスタケールという女
■アルバム名:Aux Armes Et Caetera
■アルバム名邦題:フライ・トゥ・ジャマイカ
■動画リンク:「Lola Rastaquouere」
■Amazon:このアルバムについて、他のレビューを読みたい方はこちらから

このアルバムには有名曲が入っています。

リンクを貼っておきましょう。

Serge Gainsbourg – Aux Armes Et Caetera (La Marseillaise)

この「祖国の子供たちへ(Aux Armes Et Caetera (La Marseillaise)」は、フランス国歌「ラ・マルセイエーズ」の歌詞の一部を引用したパロディ・ソングです。

この曲が発表されるとフランス国中が大騒ぎになりました。

フランスの右翼系団体が怒りの声明を出して、ゲーンズブールが脅迫を受ける事態にまで発展しました。

彼はライブの前、警察から安全を保証できないと、中止するよう通告されたようです。

しかし彼はライブを決行しました。

当日は多くの群衆がライブに押し寄せ、その中には過激派も紛れ込んでいることが予想されました。

異様な空気から、バンドのメンバーはステージに出ることを拒否する有様でした。

そんな中ゲーンズブールは1人ステージに向かい、アカペラで「ラ・マルセイエーズ」を歌ったのだそうです。

過激派はその豪胆さにあっけにとられ、ただ彼の歌を聞くしかありませんでした。

この話は今では伝説として語り継がれています。

私の追悼記事でこの逸話を知り、他のアルバムも聞かなければと思ったものです。

といいながら、別の曲を紹介していますが(笑)

私は楽曲としては、こちらの「Lola Rastaquouere」の方が好みです。

 

7位「L’hotel particulier」(アルバム:Histoire de Melody Nelson)

serge-gainsbourg-melody-nelson

■曲名:L’hotel particulier
■曲名邦題:特別ホテル
■アルバム名:Histoire de Melody Nelson
■アルバム名邦題:メロディ・ネルソンの物語
■動画リンク:「L’hotel particulier」
■Amazon:このアルバムについて、他のレビューを読みたい方はこちらから

彼の最高傑作はこのアルバムです。

ある中年男性がメロデイ・ネルソンという少女と出会い、悲劇の結末を迎えるまでのストーリーが描かれています。

今回は1曲だけですが、できればアルバム一枚通して聞くことをおすすめします。

音楽だけなのに、映画を見終わったような感覚が味わえますから。

このアルバムは、カヒミ・カリィなど多くの人が心酔していることで有名です。

この曲はレ・リタ・ミツコ(Les Rita Mitsouko)もカバーしていました。

ちなみにこのメロディのモデルは、ジャケットに映っているジェーン・バーキンです。

ジャケットでお腹を隠しているのは、この時バーキンのお腹がふくらんでいたからなのだとか。

この時彼女は妊娠していました。

その時にお腹の中にいたのが、シャルロット・ゲンズブール(Charlotte Gainsbourg)です。

このアルバムでは悲劇的な物語が描かれていますが、私生活では幸せの絶頂だったのですね。

 

8位「Aeroplanes」(アルバム:L’Homme a tete de chou)

serge-gainsbourg-lhmomme

■曲名:Aeroplanes
■曲名邦題:複葉飛行機
■アルバム名:L’Homme a tete de chou
■アルバム名邦題:くたばれキャベツ野郎
■動画リンク:「Aeroplanes」
■Amazon:このアルバムについて、他のレビューを読みたい方はこちらから

このアルバムもコンセプト・アルバムです。

本作は、「キャベツ頭の男」と呼ばれる男と、理髪店のシャンプー係だった女性マリルーを中心とする物語となっているコンセプト・アルバムである。

くたばれキャベツ野郎 ウィキペディア

彼のアルバム・コンセプトは、女性とのストーリーばかりです。

ゲーンズブールは、フランスきってのプレイボーイでした。

彼が交際していたと言われるのは、

ブリジット・バルドー、ジェーン・バーキン、バンブー、アンナ・カリーナ、マリアンヌ・フェイスフル、ペトゥラ・クラーク、ブリジット・バルドー、カトリーヌ・ドヌーヴなど。

当時の美女を制覇する勢いではないでしょうか。

しかし彼は顔立ちが整っているタイプのイケメンではありません。

ただとにかく色気のある男でした。

彼のフェロモンは、音楽にもよく表れています。

この曲などは、フェロモンがありすぎるルー・リード(Lou Reed)といった趣きがあります。

 

9位「Negusa Nagast」(アルバム:Mauvaises Nouvelles des etoiles)

serge-gainsbourg-mauvaises

■曲名:Negusa Nagast
■曲名邦題:ネグサ・ネガスト
■アルバム名:Mauvaises Nouvelles des etoiles
■アルバム名邦題:星からの悪い知らせ
■動画リンク:「Negusa Nagast」
■Amazon:このアルバムについて、他のレビューを読みたい方はこちらから

先程「Lola Rastaquouere」というレゲエの曲をご紹介しました。

このアルバムはその続編で、以下の2人がリズムを担当しています。

・スライ・ダンバー(Sly Dunbar):ドラム
・ロビー・シェイクスピア(Robbie Shakespeare):ベース

そして女性コーラスは、アイスリー(I-Three)という豪華な布陣です。

前作はフランス国歌のパロディが大きな話題となりました。

それで少しは反省したかと思いきや、こちらでも物議をかもしています。

「エフゲニー・ソコロフのガス・マスク(Evguenie Sokolov)」という曲は、ひたすらおならの音ばかり続いています。

当然良識的な人は眉をしかめました。

彼は長年お酒におぼれ、退廃的な生活を送っていました。

「もうどうなっちまってもいいじゃねえか」というような自滅型のデカダンスを感じる人です。

 

10位「Lemon Incest」(アルバム:Love on the Beat)

serge-gainsbourg-love

■曲名:Lemon Incest
■曲名邦題:レモン・インセスト
■アルバム名:Love on the Beat
■アルバム名邦題:ラヴ・オン・ザ・ビート
■動画リンク:「Lemon Incest」
■Amazon:このアルバムについて、他のレビューを読みたい方はこちらから

このアルバムでは愛娘、シャルロット・ゲーンズブールとデュエットしています。

しかし一つ問題があります。

曲名の「Lemon Incest」とは「レモン近親相姦」という意味。

歌詞にも近親相姦を思わせる部分があり、実の娘に「あなたのキスは甘い」とか「あなたを愛しています」と歌わせています。

当時シャルロットは14歳。

上でご紹介したプロモーション・ビデオでは、大きなベッドみたいな場所で、露出した2人が寄り添っています。

彼は晩年もこんな調子です。

晩年、テレビに出演する機会は多かったが、髭も剃らず、しばしば酔ったままで現れた。

ホイットニー・ヒューストンと共演したときには “I want to fuck you” と発言した。

セルジュ・ゲンスブール ウィキペディア

スキャンダラスな日々に思われますが、それが彼の平常運転なのかもしれません。

しかし一方で彼は生涯に550曲以上書き、1000回以上カバーされています。

多くのフランス人をあきれさせる一方で、惹きつける魅力を持った男。

もうこんな男は出てこないかもしれません。

 

関連記事

シンガー・ソングライター(Singer-Songwriter)の名曲名盤10選

 

ランキング一覧

他のランキングは、こちらからどうぞ

 

Spotifyの登録方法(無料)

スマートフォンの方はこちら

パソコンの方はこちら

 

その他のリンク

トップページに戻る
※お気に入りに登録お願いいたします!

おとましぐらTwitter

Amazonで何かお探しの方は、こちらからどうぞ!

CDとの付き合い方・サブスクリプションの選び方

serge-gainsbourg-jane-birkin
最新情報をチェックしたい方は、フォローをお願いします!