pretty-things-silkjpg

プリティ・シングス(Pretty Things)の名曲名盤10選【代表曲・隠れた名曲】

今回はプリティ・シングスのランキングを作成しました。

2020年5月15日このバンドのボーカル、フィル・メイ(Phil May)が亡くなりました。

このバンドはセールス面であまり報われませんでした。

しかし「S.F. Sorrow」と「Parachute」の2枚は、ロック史でも特筆すべき傑作だと思います。

 

1位「Balloon Burning」(アルバム:S.F. Sorrow)

pretty-things-sf

■曲名:Balloon Burning
■曲名邦題:風船は燃えている
■アルバム名:S.F. Sorrow
■アルバム名邦題:S.F.ソロウ
■動画リンク:「Balloon Burning」

このバンドの代表曲は、今一つ分かりにくいと思います。

初期のガレージ・ロック期にはシングルヒットがありますが、今回その時期は対象外ですし。

それ以降はアルバムとシングルどちらもあまり売れていません。

とはいえ有名曲はなくても名曲は数多く、10曲に絞るのに苦労しました。

特に名作「S.F. Sorrow」「Parachute」は良い曲が多く、どの曲を選んでも紙一重かもしれません。

彼らはアルバム単位で聞いた方が良いような気がします。

どれが1位とは決め難いのですが、本日の気分ではこの曲を推したいと思います。

性急なリフとコーラスの組み合わせがかっこいいですね。

 

2位「The Letter」(アルバム:Parachute)

pretty-things-parachute

■曲名:The Letter
■曲名邦題:ザ・レター
■アルバム名:Parachute
■アルバム名邦題:パラシュート
■動画リンク:「The Letter」

このアルバムの前に大事件がありました。

ローリング・ストーンズ(The Rolling Stones)の元メンバーで、ギターのディック・テイラー(Dick Taylor)が脱退したのです。

前作までは彼のギターがサウンドの中核だっただけに、かなりの大打撃だったはず。

ストーンズでいえば、キース・リチャーズ(Keith Richards)が脱退するようなものです。

しかし残されたメンバーは、前作を上回る作品をつくりあげました。

ここには前作のような万華鏡サウンドはありませんが、その分楽曲の魅力で補いました。

地味で華やかさに欠ける曲も多いのですが、淡い音像から浮かび上がる繊細なメロディは絶品です。

ここでは特に内省的でかわいらしい、極私的に偏愛している曲を選んでみました。

 

3位「Rain」(アルバム:Parachute)

pretty-things-parachute

■曲名:Rain
■曲名邦題:レイン
■アルバム名:Parachute
■アルバム名邦題:パラシュート
■動画リンク:「Rain」

このバンドはデビュー当時、とてもスキャンダラスで悪名高き存在でした。

ついにはステージに火を点ける蛮行によって、業界内で悪評が知れ渡ってしまいました。

型にはまらない無軌道なところは、音楽にも表れています。

彼らの楽曲はまとまりが良くありません。

1曲の中で曲調がめまぐるしく変化する場合もあれば、短い曲をメドレー形式で繋げている場合もあります。

この曲もAメロ、Bメロ、サビみたいな構成ではありません。

2分19秒という短い曲なのに、イントロが33秒、曲の最後に雨の効果音が22秒入っています。

アルバムでも2位の「The Letter」の次の曲なのですが、その流れで聞いて初めて良さを実感できる曲です。

こういうところをおもしろいと思えるかどうかが、このバンドの評価する上でポイントになるかもしれません。

 

4位「Rip Off Train」(アルバム:Freeway Madness)

pretty-things-freeway

■曲名:Rip Off Train
■曲名邦題:リップ・オフ・トレイン
■アルバム名:Freeway Madness
■アルバム名邦題:フリーウェイ・マッドネス
■動画リンク:「Rip Off Train」

このバンドは時期によって音楽性が違います。

私なりの表現で移り変わりを順番に並べてみました。

1.元祖ガレージバンク期
2.サイケデリック・ロック期
3.ウェストコースト・ロック期
4.ブリティッシュ・ハードロック期
5.パワーポップ期

この曲は3のウェストコースト・ロック期の曲です。

ジャケットがイーグルス(The Eagles)っぽいと思う人がいるかもしれません。

実際このアルバムは、大ヒットしたイーグルスのファースト・アルバムの半年後にリリースされています。

中にはイーグルスかクロスビー、スティルス、ナッシュ&ヤング(CSN&Y)のようなコーラスの「カントリー・ロード(Country Road)」という隠れ名曲も収録されています。

その変化にはレコード会社の移籍が関係しているもしれません。

彼らはハーヴェスト・レコード(Harvest Records)から、大手のワーナー・ブラザース(Warner Bro)に移籍しました。

一般に所属するレコード会社が大きくなれば、売れることが求められます。

この曲は彼らなりに売れ線を狙ったのかもしれません。

 

5位「Baron Saturday」(アルバム:S.F. Sorrow)

pretty-things-sf

■曲名:Baron Saturday
■曲名邦題:バロン・サタデイ
■アルバム名:S.F. Sorrow
■アルバム名邦題:S.F.ソロウ
■動画リンク:「Baron Saturday」

このアルバムは、ザ・フー(The Who)の「トミー(Tommy)」に先駆ける、世界初のロックオペラだといわれます。

ロックオペラとは、アルバムを通してストーリーが語られていたり、コンセプトが統一されているアルバムのこと。

このアルバムでは「S.F. Sorrow」という主人公の孤独な人生がテーマです。

これから歌詞を読む方のために、ストーリーは伏せておきたいと思います。

主人公は「Baron」つまり「男爵」のようですが、彼は現実感を失い、自分の人生を他人事のように見ています。

悲しみすらリアルに感じられません。

主人公に対して人からこんな風に警告される始末です。

「あなたの人生はクールだ。良識が支配している。そして人生を捨て去ってしまうのだ」

 

6位「Grass」(アルバム:Parachute)

pretty-things-parachute

■曲名:Grass
■曲名邦題:グラス
■アルバム名:Parachute
■アルバム名邦題:パラシュート
■動画リンク:「Grass」

イギリスのアート・スクールは多くの一流ミュージシャンを輩出しています。

このバンドのリーダー、フィル・メイ(Phil May)もアートスクール出身。

それゆえかこのアルバムには、独特の美意識が強く感じられます。

アルバムジャケットはヒプノシスの作品ですが、このアルバムの少しくすんだ黄昏感をよく表しています。

そして収録されているのは、味わい深い鈍色の曲ばかり。

タイプは異なりますが、ビーチ・ボーイズ(The Beach Boys)の「ペット・サウンズ(Pet Sounds)」のような、ダウナーな陰りが魅力です。

この曲はこのアルバムでも、美しさのピークともいえるかもしれません。

特にギターが空間を切り裂く瞬間の美しさは、まさにアート・ロックと呼びたくなります。

 

7位「Bruise in the Sky」(アルバム:Silk Torpedo)

pretty-things-silkjpg

■曲名:Bruise in the Sky
■曲名邦題:ブルーズ・イン・ザ・スカイ
■アルバム名:Silk Torpedo
■アルバム名邦題:シルク・トーピード
■動画リンク:「Bruise in the Sky」
※動画はメドレーになっていますが、この曲から再生するようにしています

彼らは前作で大手のワーナーからアルバムをリリースしましたが、1枚で契約が終わってしまいました。

その後彼らは、レッド・ツェッペリン(Led Zeppelin)のスワンソング・レコード(Swan Song Records)に移籍し、このアルバムをリリースしました。

そのせいかハードロック色を強めているように思います。

この曲はそういう曲ではありませんが、イントロはいきなりツインギターから始まりますし。

あとこちらもヒプノシスがアルバムジャケットを担当しています。

見開きにするとこんな風になります。

pretty-things-silktorpedo

船と魚雷の上に座る女性とは訳が分かりません(笑)

 

8位「It’s Been So Long」(アルバム:Live on Air: BBC & Other Trans)

pretty-things-live

■曲名:It’s Been So Long
■曲名邦題:イッツ・ビーン・ソー・ロング
■アルバム名:Live on Air: BBC & Other Trans
■動画リンク:「It’s Been So Long」

プリティ・シングスといえばフィル・メイです。

このバンドを初めて知った方からすると、いきなり何だと思われるかもしれませんが。

このバンドは音楽性がめまぐるしく変わっているだけでなく、メンバーの入れ替わりも激しいです。

フィルを除いても、過去に33人のメンバーが在籍していますし。

ただいつもバンドの中心にはフィル・メイがいました。

確かにこのバンドはストーンズやザ・フー(The Who)のような、大きな成功を手にすることはできませんでした。

またフィル・メイも、スティーヴ・マリオットのような名声を得られていません。

しかし虚心坦懐に彼らの音楽を聞くと、そうなったとしても不思議ではなかったと感じます。

 

9位「Tonight」(アルバム:Savage Eye)

pretty-things-savage

■曲名:Tonight
■曲名邦題:トゥナイト
■アルバム名:Savage Eye
■アルバム名邦題:サヴェージ・アイ
■動画リンク:「Tonight」

ここからはいきなり曲調が変わります。

この曲などはラズベリーズ(Raspberries)のようにポップな曲ですし。

この時期は音楽性が変化しただけでなく、バンド内の人間関係もかなり荒れていたようです。

大黒柱フィル・メイはこの時期、他のメンバーと対立していました。

そうした中でステージをすっぽかしたので、フィルはバンドを解雇されてしまいました。

自ら脱退したという説もあるようですが。

一方他のメンバーはプリティ・シングスというバンド名に固執せず、メトロポリス(Metropolis)という名前で活動を継続しました。

事実上プリティ・シングスの解散を意味しています。

このシングルはフィル脱退前にリリースされましたが、曲の印象に反してバンドは危機に瀕していました。

 

10位「Office Love」(アルバム:Cross Talk)

pretty-things-cross

■曲名:Office Love
■曲名邦題:オフィス・ラヴ
■アルバム名:Cross Talk
■アルバム名邦題:クロス・トーク
■動画リンク:「Office Love」

バンドを脱退したフィルですが、その後自身が率いるThe Fallen Angelsというバンドで活動していたようです。

そんなメイの元に、あるオファーが飛び込みました。

それは1960年代後半のメンバーで、1日限りの再結成ライブをやるというもの。

それをきっかけに再結成し、このアルバムが作られました。

このアルバムではパワーポップ路線が更に強化されています。

1曲目の「アイム・コーリング(I’m Calling)」など良い曲がそろっています。

それでも売れませんでしたが、昔からの根強いファンがいるおかげで、彼らはライブでバンドを継続できたようです。

確かにこのバンドは商業的には報われませんでした。

ただ過去のすばらしい作品を覚えていたファンの存在は、後に彼らの心強い支えになりました。

つまりビッグセールスが得られなかったとしても、コアで熱心なファンを獲得して生き延びたのですね。

私も微力ながら彼らの魅力をお伝えすべく、この記事を書いてみました。

 

関連記事

ビートルズ(The Beatles)の名曲名盤21選

ローリング・ストーンズ(The Rolling Stones)の名曲名盤20選

 

記事一覧

全記事リストは、こちらからどうぞ

 

他ブログ・SNS等

このブログの「トップページ」に戻る
※お気に入りに登録をお願いいたします!

おとましぐらの音楽ブログ(サブブログ)
※オピニオン記事、企画色の強い記事を連載しています

おとましぐらnote(おすすめ曲一覧)
※良い曲を1曲単位で厳選してご紹介しています

おとましぐらXアカウント
※フォローをお願いいたします!

pretty-things-silkjpg
最新情報をチェックしたい方は、フォローをお願いします!