pretty-things-silkjpg

プリティ・シングス(Pretty Things)の名曲名盤10選【代表曲・隠れた名曲】

今回はプリティ・シングスのランキングを作成しました。

2020年5月15日このバンドのボーカル、フィル・メイ(Phil May)が亡くなりました。

このバンドは音楽的魅力に比べて、セールス面ではあまり報われませんでした。

しかし「S.F. Sorrow」と「Parachute」の2枚は、ロック史上に残る傑作だと思いますし、それ以降も良い曲が沢山あります。

「英国ロックの深い森」を感じさせる名曲の数々をご堪能ください。

 

Amazonで検索したい方は、こちらからどうぞ!

1位「Balloon Burning」(アルバム:S.F. Sorrow)

pretty-things-sf

■曲名:Balloon Burning
■曲名邦題:風船は燃えている
■アルバム名:S.F. Sorrow
■アルバム名邦題:S.F.ソロウ
■動画リンク:「Balloon Burning」
■Amazon:このアルバムについて、他のレビューを読みたい方はこちらから

このバンドはどの曲が代表曲か、今一つ分かりにくいと思います。

初期のガレージパンクの元祖みたいな時期にはシングルヒットがありますが、今回その時期からは選曲していません。

それ以降はアルバム・シングル共に、あまり売れていません。

とはいえ有名曲はなくても名曲は数知れず、10曲以内に収めるのが大変でした。

特に名作「S.F. Sorrow」「Parachute」は曲の粒がそろっていて、どの曲を選んでも紙一重みたいなところがあるかもしれません。

どれが一番とは決め難いのですが、本日の感覚ではこの曲です。

性急なリフに、ビートルズライクなコーラスが乗っかっているのが、とてもかっこいいです。

まずはこの曲からどうぞ。

 

2位「The Letter」(アルバム:Parachute)

pretty-things-parachute

■曲名:The Letter
■曲名邦題:ザ・レター
■アルバム名:Parachute
■アルバム名邦題:パラシュート
■動画リンク:「The Letter」
■Amazon:このアルバムについて、他のレビューを読みたい方はこちらから

このアルバムの前に大事件がありました。

ローリング・ストーンズ(The Rolling Stones)の元メンバーで、初期のサウンドを引っ張ってきた、ディック・テイラー(Dick Taylor)が脱退したのです。

彼は初期のガレージロック路線のキーマンでしたし、前作「S.F. Sorrow」でも大活躍していました。

ストーンズでいえば、キース・リチャーズ(Keith Richards)が脱退するみたいなものです。

前作は彼のギターを中心としたサウンドが魅力的だっただけに、かなりの大打撃だったはずです。

しかしそれにも関わらず残されたメンバーは、前作を上回る作品をつくりあげました。

このアルバムには前作のようなきらびやかな万華鏡サウンドはありませんが、何しろ曲がすばらしい。

地味で華やかさに欠ける曲ばかりですが、淡い音像から浮かび上がる繊細なメロディは絶品です。

この曲はその中でもかわいらしい曲で、何度でも聞き返したくなります。

 

3位「Rain」(アルバム:Parachute)

pretty-things-parachute

■曲名:Rain
■曲名邦題:レイン
■アルバム名:Parachute
■アルバム名邦題:パラシュート
■動画リンク:「Rain」
■Amazon:このアルバムについて、他のレビューを読みたい方はこちらから

このバンドはデビュー時、とてもスキャンダラスな存在でした。

ボーカルのフィル・メイは、あまりの長髪を保守的な人々から非難されていましたし、メンバーはステージ上で暴れまくっていました。

ついにはステージに火を点けるという蛮行によって、業界内でヤバイやつらだと評判になってしまいます。

その型にはまらない無軌道なところは、音楽にも表れていました。

彼らの特徴の1つは、曲の構成や尺の取り方が独特だということです。

1曲の中で違う曲のように曲調が変化する場合もあれば、短い曲をメドレー形式で繋げている場合もあります。

前作「S.F. Sorrow」でも、アルバム全体を1曲として聞かせようと意図していますしね。

またこの曲も先程の「The Letter」とシームレスに繋がっていますし、Aメロ、Bメロ、サビみたいな分かりやすい構成ではありません。

2分19秒という短い曲なのに、イントロが33秒、曲の最後に雨の効果音が22秒入っています。

つまりバランスが悪くて、かなり変則的な曲だといえるでしょう。

こういうところをおもしろいと思えるかどうかが、このバンドの評価する上で1つポイントになるかもしれません。

 

4位「Rip Off Train」(アルバム:Freeway Madness)

pretty-things-freeway

■曲名:Rip Off Train
■曲名邦題:リップ・オフ・トレイン
■アルバム名:Freeway Madness
■アルバム名邦題:フリーウェイ・マッドネス
■動画リンク:「Rip Off Train」
■Amazon:このアルバムについて、他のレビューを読みたい方はこちらから

このバンドはよく時期によって音楽性が違うと言われます。

移り変わりを順番に並べてみましょう。

1.元祖ガレージバンク期
2.サイケデリック・ロック期
3.ウェストコースト・ロック期
4.ブリティッシュ・ハードロック期
5.パワーポップ期

この曲は3のウェストコースト・ロック期の曲です。

ジャケットがイーグルス(The Eagles)っぽいと思う人もいるかもしれませんが、このアルバムは大ヒットしたイーグルスのファーストアルバムから、半年後にリリースされています。

中にはイーグルスかクロスビー、スティルス、ナッシュ&ヤング(CSN&Y)みたいなコーラスの「カントリー・ロード(Country Road)」という隠れ名曲も収録されています。

もしかしたらその変化の背景には、レコード会社の移籍があるかもしれません。

彼らは元々所属していたハーヴェスト・レコード(Harvest Records)から、大手のワーナー・ブラザース(Warner Bro)に移籍しています。

売れ線を狙ったのかもしれませんが、これはこれで意外と悪くありませんね。

特にこの曲などは、かなりの名曲ではないでしょうか。

 

5位「Baron Saturday」(アルバム:S.F. Sorrow)

pretty-things-sf

■曲名:Baron Saturday
■曲名邦題:バロン・サタデイ
■アルバム名:S.F. Sorrow
■アルバム名邦題:S.F.ソロウ
■動画リンク:「Baron Saturday」
■Amazon:このアルバムについて、他のレビューを読みたい方はこちらから

このアルバムはザ・フー(The Who)の「トミー(Tommy)」に先駆ける、世界初のロックオペラだといわれます。

ロックオペラとは、アルバム全体であるストーリーが語られているコンセプトアルバムのことです。

このアルバムでは「S.F. Sorrow」という主人公の孤独な人生が取り上げました。

これから歌詞を読む方のために、ストーリーは伏せおきたいと思います。

主人公は「Baron」つまり「男爵」のようですが、現実から離れて自分の人生を少し遠目から見ているようなところが感じられます。

故に目の前に存在している悲しみすらリアルに感じられません。

この曲では、第三者の視点から以下のように警告されています。

「あなたの人生はクールだった。良識が支配している。そして人生を捨て去ってしまう」

 

6位「Grass」(アルバム:Parachute)

pretty-things-parachute

■曲名:Grass
■曲名邦題:グラス
■アルバム名:Parachute
■アルバム名邦題:パラシュート
■動画リンク:「Grass」
■Amazon:このアルバムについて、他のレビューを読みたい方はこちらから

当時のイギリスのアート・スクールは、キース・リチャーズなど多くの一流ミュージシャンを輩出しています。

このバンドのリーダー、フィル・メイもアートスクール出身です。

その出自ゆえかこのアルバムには、独特の美意識が強く感じられます。

アルバムジャケットはヒプノシスによるものですが、このアルバムの少しくすんだ黄昏感をよく表しています。

そして収録されているのは、地味で味わい深い鈍色の曲の数々。

少しタイプは違いますが、ビーチ・ボーイズ(The Beach Boys)の「ペット・サウンズ(Pet Sounds)」のような、ダウナーな陰りが魅力的です。

この曲はこのアルバムの中でも、美しさのピークともいえるかもしれません。

特にギターが音の空間を切り裂く瞬間の美しさは、まさにアート・ロックとでも言いたくなります。

 

7位「Bruise in the Sky」(アルバム:Silk Torpedo)

pretty-things-silkjpg

■曲名:Bruise in the Sky
■曲名邦題:ブルーズ・イン・ザ・スカイ
■アルバム名:Silk Torpedo
■アルバム名邦題:シルク・トーピード
■動画リンク:「Bruise in the Sky」
■Amazon:このアルバムについて、他のレビューを読みたい方はこちらから

彼らは前作で大手のワーナーからアルバムを出しましたが、1枚限りで契約が終わってしまいました。

その後彼らは、レッド・ツェッペリン(Led Zeppelin)のスワンソング・レコード(Swan Song Records)から、このアルバムをリリースすることになりました。

ジミー・ペイジ(Jimmy Page)に忖度したわけではないのでしょうが、少しハードロック色の強い曲が増えてきたように思います。

この曲はそういう曲ではありませんが、イントロはいきなりツインギターから始まりますし。

私はこの曲のやるせないキーボードの演奏が気に入っています。

あとこのアルバムジャケットは、ヒプノシスが手掛けていますが、見開きにすると初めてどういう状況かが分かる仕組みになっています。

pretty-things-silktorpedo

船と魚雷の上に座る女性とは訳が分かりませんが、興味深いアルバムジャケットですね。

 

8位「It’s Been So Long」(アルバム:Live on Air: BBC & Other Trans)

pretty-things-live

■曲名:It’s Been So Long
■曲名邦題:イッツ・ビーン・ソー・ロング
■アルバム名:Live on Air: BBC & Other Trans
■動画リンク:「It’s Been So Long」
■Amazon:このアルバムについて、他のレビューを読みたい方はこちらから

プリティ・シングスといったらフィル・メイです。

まあこのバンドを初めて知った方からすると、いきなり何だと思われるかもしれませんが。

このバンドは音楽性だけでなく、メンバーの入れ替わりも激しいです。

フィルを除いても、過去に33人のメンバーが在籍経験がありますから。

ただいつもフィル・メイだけは不動でした。

つまり「フィルが歌っていれば、プリティ・シングスである」と言い切ってしまってもいいと思います。

確かにこのバンドはストーンズやザ・フーのような、ビッグな存在にはなれませんでした。

またフィルも、スティーヴ・マリオットのような大物感はありません。

しかしこの曲のボーカルを聞くと、あるいはそうなったとしても不思議ではなかったと思います。

歌の上手さで聞かせる人ではありませんが、胸に刺さる歌を歌う人です。

 

9位「Tonight」(アルバム:Savage Eye)

pretty-things-savage

■曲名:Tonight
■曲名邦題:トゥナイト
■アルバム名:Savage Eye
■アルバム名邦題:サヴェージ・アイ
■動画リンク:「Tonight」
■Amazon:このアルバムについて、他のレビューを読みたい方はこちらから

ここからはいきなり曲調が変わります。

この曲などはとてもポップで、まるでラズベリーズ(Raspberries)みたいではないでしょうか。

この時期は音楽性が変化しただけでなく、バンド内の人間関係もかなり荒れていたようです。

大黒柱フィル・メイはこの時期、他のメンバーと対立していました。

そうした中でステージをすっぽかしたりしたので、他のメンバーから解雇されてしまいました。

または自ら脱退したという説もあるようです。

一方他のメンバーはプリティ・シングスというバンド名に執着せず、メトロポリス(Metropolis)という名前で活動することになりました。

つまりは事実上の解散です。

このシングルは、その解散寸前にリリースされたシングルです。

ただこの曲を聞くと、そういうゴタゴタした内情は伺えませんが。

 

10位「Office Love」(アルバム:Cross Talk)

pretty-things-cross

■曲名:Office Love
■曲名邦題:オフィス・ラヴ
■アルバム名:Cross Talk
■アルバム名邦題:クロス・トーク
■動画リンク:「Office Love」
■Amazon:このアルバムについて、他のレビューを読みたい方はこちらから

バンドから離れたフィルですが、その後自身が率いるThe Fallen Angelsというバンドで活動をしていたようです。

そんなメイの元に、ある企画が飛び込んできました。

オランダの会社からオファーがあって、1960年代後半のメンバーで、1日限りの再結成ライブをやることになりました。

それをきっかけに再結成し、このアルバムが作られました。

このアルバムでは、「Tonight」あたりのパワーポップ路線が強化されています。

1曲目の「アイム・コーリング(I’m Calling)」とどちらにしようか迷いましたが、そちらもなかなかの曲です。

このアルバムもやはり売れませんでしたが、昔からの根強いファンがいるおかげで、その後もライブでバンドを継続できたようです。

確かにこのバンドは商業的には報われませんでした。

ただ過去のすばらしい作品によって、熱心なファンを獲得していたことが、後に彼らを助けることになりました。

つまり売れなかったとしても、コアなファンを獲得して、こういう風に生き延びる方法もあるのですね。

私も微力ながらプリティーズのファンを増やしたいと思ってこの記事を書きました。

良い音楽をやっている人は、報われるべきだと思いますから。

■おすすめ記事
効率的に音楽を楽しむ方法について【CDとの付き合い方・サブスクリプションの選び方】

pretty-things-silkjpg
最新情報をチェックしたい方は、フォローをお願いします!