police-reggatta

ザ・ポリス(The Police)の名曲名盤12選【代表曲・隠れた名曲】【Synchronicity以外】

今回は「シンクロニシティー(Synchronicity)」を除外して選曲しました。

あのアルバムは数曲だけ抜き出すよりも、トータルで聞いた方がいいと思ったからです。

それ以外の4枚のアルバムから、選りすぐりの名曲をかき集めましたので、「Synchronicity」に劣らない選曲になったと思います。

しかしこれだけの曲を集めてようやく互角に感じられるとは「Synchronicity」は本当にすごい。

怪物アルバムを出す前の名曲の数々をご堪能ください。

 

Amazonで検索したい方は、こちらからどうぞ!

1位「Message in a Bottle」(アルバム:Reggatta de Blanc)

police-reggatta

■曲名:Message in a Bottle
■曲名邦題:孤独のメッセージ
■アルバム名:Reggatta de Blanc
■アルバム名邦題:白いレガッタ
■動画リンク:Message in a Bottle
■Amazon:このアルバムについて、他のレビューを読みたい方はこちらから

まずイントロの段階で勝負ありといった感じがしますね。

アンディ・サマーズ(Andy Summers)にしては、ロックっぽいギターを弾いています。

スチュワートのドラムはよく前ノリだと言われていますが、この曲を聞くとスティング(Sting)のベースも結構前ノリかもしれません。

全体的に前がかりに攻めている感じの演奏です。

この曲の主人公は遭難して、SOSのメッセージを入れた瓶を海に流して、助けを求めようとしています。

しかし海辺には彼の瓶だけでなく、無数の瓶が打ち上げられているという歌詞です。

つまり誰しもみんな孤独で助けを求めているというメッセージなのでしょう。

硬派なメッセージ、エッジの立った演奏、キャッチーな楽曲という彼らの三種の神器がそろった名曲だと思います。

 

2位「Every Little Thing She Does Is Magic」(アルバム:Ghost in the Machine)

police-ghost

■曲名:Every Little Thing She Does Is Magic
■曲名邦題:マジック
■アルバム名:Ghost in the Machine
■アルバム名邦題:ゴースト・イン・ザ・マシーン
■動画リンク:Every Little Thing She Does Is Magic
■Amazon:このアルバムについて、他のレビューを読みたい方はこちらから

彼らは1枚目と2枚目では、あまり音楽性が変わっていません。

しいて言えばファーストアルバムの方が、パンクっぽい曲が多いぐらいです。

その後サードアルバムぐらいから、少しずつ音楽性が変わってきました。

音数が増えて音が分厚くなってきましたが、その傾向が頂点に達したのがこのアルバムです。

彼らは3人組(ギター、ベース、ドラム)というスリーピースのバンドです。

しかしこのアルバムではシンセサイザーを大胆に導入して、3人で表現できる範囲を超えようとしています。

この曲にはシンセサイザーだけでなく、ピアノまで入っています。

ピアノはジーン・ルーセル(Jean Roussel)の演奏ですが、曲に躍動感を加える、影のMVP的働きをしています。

この曲は彼らの中でも屈指の楽しい曲ですが、PVでもメンバーがとても楽しそうですね。

 

3位「Don’t Stand So Close to Me」(アルバム:Zenyatta Mondatta)

police-zenyatta

■曲名:Don’t Stand So Close to Me
■曲名邦題:高校教師
■アルバム名:Zenyatta Mondatta
■アルバム名邦題:ゼニヤッタ・モンダッタ
■動画リンク:Don’t Stand So Close to Me
■Amazon:このアルバムについて、他のレビューを読みたい方はこちらから

曲名を直訳すると「そんなに近くに寄らないで」、邦題は「高校教師」です。

歌詞を読むと、若い先生が女子高生の妄想の対象になっているという内容です。

歌詞にウラジーミル・ナボコフの名作小説「ロリータ」が引用されていますが、おそらく種明かしのつもりなのでしょう。

若い先生が女子生徒に対して、そんなに近くに寄らないでと訴えていますが、PVでもスティングが神経質そうな先生役を演じています。

実はスティングは、ミュージシャンをやる前に教師をやっていました。

5歳から9歳までの児童を担当していたようですが、教育実習では15歳までの生徒を受け持っていたそうです。

その頃の経験を元につくられた曲かもしれません。

若い頃のスティングはかなりのイケメンでしたから、おそらく相当もてたことでしょうね。

 

4位「Spirits in the Material World」(アルバム:Ghost in the Machine)

police-ghost

■曲名:Spirits in the Material World
■曲名邦題:マテリアル・ワールド
■アルバム名:Ghost in the Machine
■アルバム名邦題:ゴースト・イン・ザ・マシーン
■動画リンク:Spirits in the Material World
■Amazon:このアルバムについて、他のレビューを読みたい方はこちらから

彼らは以前から政治的なメッセージを発信していましたが、このアルバムでは更にそういう曲が増えています。

アルバム名を直訳すると「機械の中の幽霊」です。

文明批判っぽい感じがしないでしょうか。

またこの曲のタイトルは「物質世界の精霊」という意味で、我々は進化の行き止まりに来ているのではないかと警鐘を鳴らしています。

ただ進化の行方を憂う一方で、シンセサイザーなどテクノロジー色の強い音づくりなのは、なんとも皮肉っぽいかもしれません。

ちなみにジャケットは3桁の数字みたいに見えますが、これはメンバーの顔をデジタル化したものらしいです。

おそらくアンディ→スティング→スチュワートの並びだと思います。

 

5位「Can’t Stand Losing You」(アルバム:Outlandos d’Amour)

police-outlandos

■曲名:Can’t Stand Losing You
■曲名邦題:キャント・スタンド・ルージング・ユー
■アルバム名:Outlandos d’Amour
■アルバム名邦題:アウトランドス・ダムール
■動画リンク:Can’t Stand Losing You
■Amazon:このアルバムについて、他のレビューを読みたい方はこちらから

「Can’t Stand Losing You」という曲名は「君を失うのは耐えられない」という意味です。

珍しくラブソングかと思って歌詞を読むと、恋愛ではなく自殺がテーマの曲でした。

自殺を助長するとして、BBCが放送禁止にした曲といういわくつきの曲です。

歌詞を読むと、一応は自殺を考えている友人を引き留めようとしています。

しかし一方で、たぶんこれが最後のお別れになるだろうが、俺はあまり気にしないし、泣きもしないよと歌っています。

そのクールすぎるところが、BBCの逆鱗に触れたのかもしれません。

 

6位「The Bed’s Too Big Without You」(アルバム:Reggatta de Blanc)

police-reggatta

■曲名:The Bed’s Too Big Without You
■曲名邦題:ひとりぼっちの夜
■アルバム名:Reggatta de Blanc
■アルバム名邦題:白いレガッタ
■動画リンク:The Bed’s Too Big Without You
■Amazon:このアルバムについて、他のレビューを読みたい方はこちらから

この曲ではアンディ・サマーズのギターに注目です。

アンディは元々ロック畑の人ではありません。

デビュー前はジャズプレイヤーとして活躍していましたし、デビュー時は35歳の完成されたプレイヤーでした。

彼は前面に出てけん引するタイプではありませんし、典型的なロックギターを弾く人でもありません。

地味なプレイヤーいってもいいでしょう。

ただ当然ながら、地味なだけではありません。

あの「見つめていたい(Every Breath You Take)」でも、ミュートをかけてアルペジオを演奏しているだけなのに、ロック史上に残る名演になっていますよね。

よく聞いたらすごい演奏をしていることが分かる、玄人受けする人ではないでしょうか。

この曲はいつもより少しは目立っていますが、よく聞くとフレーズが尋常ではありません。

 

7位「De Do Do Do, De Da Da Da」(アルバム:Zenyatta Mondatta)

police-zenyatta

■曲名:De Do Do Do, De Da Da Da
■曲名邦題:ドゥドゥドゥ・デ・ダダダ
■アルバム名:Zenyatta Mondatta
■アルバム名邦題:ゼニヤッタ・モンダッタ
■動画リンク:De Do Do Do, De Da Da Da
■Amazon:このアルバムについて、他のレビューを読みたい方はこちらから

このバンドの言葉のセンスは、最初からどこかおかしかったと思います。

そもそも普通「警察」というバンド名を付けないですよね。

ファーストアルバムのタイトル「Outlandos d’Amour」は「無法者」と「特殊部隊」とフランス語の「愛」という言葉を組み合わせた造語のようです。

セカンドアルバムの「Reggatta de Blanc」は、これも分かりにくのですが「白いレゲエ」という意味だそうです。

そしてこのサードアルバムにいたっては、更に訳が分かりません。

「Zenyatta Mondatta」は日本語で「銭やったもんだった」と読めますが、意味についてはメンバーもそれぞれ違うことを言っていて、今だに解明されていません。

かなり一筋縄ではいかないネーミングセンスをお持ちのようです。

さてこの曲は日本語で歌われているバージョンがあることをご存知でしょうか。

リンクを貼っておきましょう。

The Police – De Do Do Do, de Da Da Da (Japanese version)

難しい造語を考えたかと思えば、この曲では擬音だけの曲名とは、両極端すぎるかもしれませんね。

 

8位「Omegaman」(アルバム:Ghost in the Machine)

police-ghost

■曲名:Omegaman
■曲名邦題:オメガマン
■アルバム名:Ghost in the Machine
■アルバム名邦題:ゴースト・イン・ザ・マシーン
■動画リンク:Omegaman
■Amazon:このアルバムについて、他のレビューを読みたい方はこちらから

このブログではシングルや有名曲関係なく、良い曲をご紹介したいと思っています。

よく知られていない未シングル曲、無名曲をご紹介することに執念を燃やしています。

シングルだけで良い曲をご紹介するのは簡単ですが、それだったらベスト盤で事足りてしまいますしね。

今回ご紹介した中で、無名曲の筆頭といえるのがこの曲です。

このバンドはシングルカットが的確で、良い曲はほとんどシングルしています。

しかしこの曲は数少ないその例外です。

シルヴァー・サン(Silver Sun)あたりが演奏してもおかしくない、キャッチーな隠れ名曲だと思います。

 

9位「Reggatta de Blan」(アルバム:Reggatta de Blan)

police-reggatta

■曲名:Reggatta de Blan
■曲名邦題:白いレガッタ
■アルバム名:Reggatta de Blan
■アルバム名邦題:白いレガッタ
■動画リンク:Reggatta de Blan
■Amazon:このアルバムについて、他のレビューを読みたい方はこちらから

スチュワート・コープランドのドラムの凄さを味わえる曲です。

名ドラマーは沢山いますが、この人は頂点に君臨する1人といえるでしょう。

この人のドラムには出足が鋭くて、手数が多いという特徴があります。

R&Bでよくあるような、特別なことは一切やっていないのに、リズムのキープだけでいい味を出す後ノリ系のドラマーとは真逆の人です。

前ノリ気味の演奏ですし、様々な技を大量投入しています。

この曲でもまずイントロからして、耳をそばだてるところがないでしょうか。

彼の演奏に鋭さやスピード感が感じられるのは、ハイハットの使い方のせいかもしれません。

アンディのギターが地味なのに対して、スチュワートのドラムはとにかく耳を惹きつけます。

ただ曲の解釈に優れているせいか、決してうるさい感じにはなりません。

才気はあふれるドラム演奏を堪能できる曲です。

 

10位「Roxanne」(アルバム:Outlandos d’Amour)

police-outlandos

■曲名:Roxanne
■曲名邦題:ロクサーヌ
■アルバム名:Outlandos d’Amour
■アルバム名邦題:アウトランドス・ダムール
■動画リンク:Roxanne
■Amazon:このアルバムについて、他のレビューを読みたい方はこちらから

彼らは当初から演奏力が秀でていました。

アンディとスティングはジャズ畑、スチュワートはプログレ出身です。

つまり基本的に演奏だけで聞かせてきた人たちですから、演奏力があって当たり前かもしれません。

また彼らはレゲエをよく研究し、かなり本格的なレゲエの演奏ができる数少ない存在でした。

ただ本場とは少し違う部分があって、本場のレゲエに比べるとタメが軽めで、少し硬めの演奏をします

ただそのおかげで、レゲエと尖ったニューウェーヴのハイブリッドみたいな音楽が誕生しました。

また彼らの場合、レゲエで始まってもサビでロックになる曲が多いのですが、それも偶然ではないはずです。

彼らは意識的にロックとレゲエの中間みたいな音楽をやろうとしていたのかなと思います。

ちなみにこの曲は、売春婦に恋をする男性の話です。

「俺はお前を見下して話したりしないよ」とか「俺は初めて会った時からお前が好きだった」とかいった内容が歌われています。

スティングが歌うと、どこまでそのまま受け止めていいのか分からない感じがしますけどね。

 

11位「Next to You」(アルバム:Outlandos d’Amour)

police-outlandos

■曲名:Next to You
■曲名邦題:ネクスト・トゥ・ユー
■アルバム名:Outlandos d’Amour
■アルバム名邦題:アウトランドス・ダムール
■動画リンク:Next to You
■Amazon:このアルバムについて、他のレビューを読みたい方はこちらから

彼らは元々パンクっぽい演奏をしていました。

ちなみに彼らのデビューシングルは「Roxanne」ではありません。

1977年の「Fall Out」というアルバム未収録シングルですが、その頃はもっとストレートにパンキッシュな曲をやっていました。

翌年1978年にこのアルバムが発売されましたが、この曲にはまだ少しパンクっぽいところが残っています。

後の洗練されたポリスしか知らない方は、こんなに荒い曲をやっていたのかと驚くかもしれません。

ドラムはタイム感覚こそスチュワートっぽいですが、パンク色の強い演奏をしています。

ちなみにアンディ・サマーズ(Andy Summers)は、あまりパンクっぽい演奏でありません。

その代わりに1:06ぐらいから一風変わったスライドギターを弾いています。

 

12位「Walking on the Moon」(アルバム:Reggatta de Blanc)

police-reggatta

■曲名:Walking on the Moon
■曲名邦題:ウォーキング・オン・ザ・ムーン
■アルバム名:Reggatta de Blanc
■アルバム名邦題:白いレガッタ
■動画リンク:Walking on the Moon
■Amazon:このアルバムについて、他のレビューを読みたい方はこちらから

ウィキペディアを読んでいたら、以下のような箇所がありました。

当時の彼らは「あと3年くらいのうちにビートルズが作った世界的記録をすべて塗り替える」と豪語する。

ポリス ウィキペディア

ファーストアルバムが6位で、その後のアルバムは全て1位を獲得していますから、ビートルズとまではいかなかったかもしれませんが、かなりの大成功でしょうね。

ちなみにこの曲は、人は俺を現実を見ず夢ばかり見ているというけれど、俺は気にしないという内容です。

地面に足が付いているか分からないぐらいふわふわ歩いているけれど、このままどこまでも歩いて行けそうな気がすると歌われています。

しかし「Synchronicity」の後にメンバー間の不仲によって、彼らは解散しました。

どうやら月の上を歩くのは「Synchronicity」までだったようです。

ただ2007年には再結成してツアーをしたそうですから、気が向いたらアルバムをつくって、また月の上を歩いてもらいたいものです。

■おすすめ記事
効率的に音楽を楽しむ方法について【CDとの付き合い方・サブスクリプションの選び方】

police-reggatta
最新情報をチェックしたい方は、フォローをお願いします!