clammbon-triology

クラムボン(Clammbon)の名曲名盤10選【代表曲・隠れた名曲】

今回はクラムボンのランキングを作成しました。

彼らは原田郁子の穏やかで柔らかいイメージと、才気あふれる演奏が魅力のバンドです。

比較的聞きやすい曲を中心に選曲してみました。

マジカル・ポップな魅力をご堪能ください。

 

1位「サラウンド」(アルバム:ドラマチック)

clammbon-dramatic

■曲名:サラウンド
■アルバム名:ドラマチック
■動画リンク:「サラウンド」
■Amazon:このアルバムについて、他のレビューを読みたい方はこちらから

この曲は当時、ボーダフォンのCMに使われました。

山田優CM集

6:56からそのCMが始まりますので、興味のある方はご覧になってみてください。

「着うた」のCMに使われたことから、相当期待された存在だったことが分かります。

「着うた」とはガラケーの機能で、電話が鳴ったらお気に入りの音楽が流れるというものです。

気恥ずかしいので、私は使っていませんでしたが。

さてこの曲は、椎名林檎との仕事で知られている亀田誠治がプロデュースしたことで話題になりました。

そうしたことも影響してか、オリコンチャートで過去最高位の18位を記録しました。

ただその後の彼らは、より実験的な作風に変化しています。

彼らが最もJPOPに近づいた頃の名曲です。

 

2位「adolescence」(アルバム:id)

clammbon-id

■曲名:adolescence
■アルバム名:id
■動画リンク:「adolescence」
■Amazon:このアルバムについて、他のレビューを読みたい方はこちらから

1位のアルバム「ドラマチック」の次作の曲です。

彼らは前作で知名度を上げましたが、次作のこのアルバムから路線を変えてきました。

共同プロデューサーとしてアダム・ピアース(Adam Pearce)とアンディ・チェイス(Andy Chase)が参加しています。

アダム・ピアーズは、ディラン・グループ(The Dylan Group)、マイス・パレード(Mice Parade)の人で、アンディ・チェイスは、タヒチ80(Tahiti 80)のメンバーです。

どちらにしても音響的な音づくりに適した人選かもしれません。

この曲はアコースティック・ギターのミニマムなループが、いかにもあの時代の音響的なアプローチです。

またドラムの伊藤大助は、こういう曲でこそ本領発揮な感じがします。

彼のドラミングは、いかにもエイトビートみたいな演奏ではありません。

特に特に曲後半では、意図的にズレを生むトリッキーな演奏をしていますね。

彼らは演奏面に注目すると、ロックではなくジャズ方面の資質を感じます。

特に伊藤大助のドラムは、2000年以降のバークレー出身のジャズ・ミュージシャンに少し近いかもしれません。

このアルバムでは他に「ロッククライミング」という曲もおすすめです。

 

3位「Rough & Laugh」(アルバム:triology)

clammbon-triology

■曲名:Rough & Laugh
■アルバム名:triology
■動画リンク:「Rough & Laugh」
■Amazon:このアルバムについて、他のレビューを読みたい方はこちらから

私は「てん 、」「Musical」「2010」はあたりの作品を、あまり聞き返すことがありません。

聞けば良いと思う曲はあります。

しかし気軽に聞けないような気がしてしまうのですね。

演奏は良いのに、楽曲に思い入れることができない感じがしますし。

しかしこのアルバムは、久々にポップな快作だと思いました。

この作品は、彼らの最高傑作の1つかもしれません。

他にも「Re-ある鼓動」という曲もすばらしく、実験とポップのバランスが良いアルバムです。

彼らは基本的に作詞が原田郁子、作曲がミト、アレンジは3人です。

ミトはもうポップな曲を書かないのではないかと思っていたら、こんなポップな曲を出してきました。

曲名の「Rough & Laugh」は言葉遊びだと思いますが、それも彼ららしくていいですね。

私は歌詞の「わになって、おっきなわっかになって」というところが好きです。

 

4位「Our Songs」(アルバム:JP)

clammbon-jp

■曲名:Our Songs
■アルバム名:JP
■動画リンク:「Our Songs」
■Amazon:このアルバムについて、他のレビューを読みたい方はこちらから

彼らはトリオ編成です。

メンバーをご紹介しておきましょう。

・原田郁子:ピアノ、ボーカル
・ミト:ベース
・伊藤大助:ドラム

ギターが入ることもありますが、基本編成はギターレスのピアノ・トリオです。

男性2人がリズムで、原田郁子がピアノとボーカルを担当しています。

つまり上モノは、彼女1人。

この曲でも原田郁子は期待に応えていて、小気味良いピアノとふくよかなボーカルを披露しています。

ただ彼らは彼女のワンマン・バンドではありません。

14秒からのドラムの入り方、それを合図に始まるベースの演奏は鳥肌ものです。

1:28からの大人勢によるコーラスもすばらしいですね。

 

5位「yet」(アルバム:triology)

clammbon-triology

■曲名:yet
■アルバム名:triology
■動画リンク:「yet」
※アルバム・バージョンではありません
■Amazon:このアルバムについて、他のレビューを読みたい方はこちらから

彼らは個々の能力が高いので、クラムボン以外でもひっぱりだこです。

ミトは様々な人に楽曲提供していますし、伊藤大助は複数のバンドでドラマーとして活躍しています。

原田郁子は、傑作ソロ・アルバムを連発していますし。

3人ともクラムボンと個人、どちらでも活躍できる人です。

それでも戻れる場所があるのはいいことかもしれません。

このアルバムは2015年のリリースですが、前作と5年ものブランクが空きました。

この曲はアルバムに収録された同曲とはアレンジが違う、弦楽バージョンです。

私はこちらの方が良い出来だと思います。

 

6位「Re-雲ゆき」(アルバム:Re-clammbon)

clammbon-re

■曲名:Re-雲ゆき
■アルバム名:Re-clammbon
■動画リンク:「Re-雲ゆき」
■Amazon:このアルバムについて、他のレビューを読みたい方はこちらから

この曲は有名曲で、ファンにはおなじみの曲です。

「クラムボン・ベスト」というベスト盤にも入っていますし、てっきり私はシングルカットされていると思っていました。

しかしディスコグラフィを見ると、シングル曲ではないようです。

原曲の「雲ゆき」はアルバム「JP」に入っていますが、今回は別バージョンの「Re-雲ゆき」の方を取り上げてみました。

こちらのバージョンは、音響派経由のブラジル色を感じさせる曲に仕上がっています。

彼らは前作「ドラマチック」でブレイクしました。

その後にリリースされたこのアルバムは、全く違う作風に変化していました。

エレクトロニクスや音響派寄りのアプローチが目立っています。

私はこの時期の作品に、アンビバレントな感情を持っています。

サウンドのアプローチは好きですが、楽曲の親しみやすさがなくなった気がして。

その点初期の曲をリ・アレンジしたこの曲は、初期と中期以降の良いとこ取りをした感じがします。

 

7位「シカゴ」(アルバム:まちわび まちさび)

clammbon-matiwabi

■曲名:シカゴ
■アルバム名:まちわび まちさび
■動画リンク:「シカゴ」
■Amazon:このアルバムについて、他のレビューを読みたい方はこちらから

初期を代表する有名曲です。

アルバムには「シカゴ(病み上がり)」という、スロー・バージョンで収録されています。

ボーナストラックとしてシングル・バージョンの「シカゴ」が入っているCDもありますので、これから買う予定の方は事前にご確認ください。

2曲は全く違う曲調ですが、どちらもすばらしいです。

ただ歌詞を読んでも、なぜ「シカゴ」という曲名か全然分かりません。

アルバム名の「まちわび まちさび」も「まちわび」は「待ちわびる」だとして、「まちさび」という言葉はありません。

おそらく「ワビ・サビ」に関係した言葉遊びだと思いますが、深読みは禁物です。

後でご紹介するカバーアルバム「LOVER ALBUM」も、原田郁子が「COVER ALBUM」を読み間違えたことから名付けられたそうですし。

言葉遊びが好きなだけだと思われます。

ちなみに「クラムボン」というバンド名の由来は、宮沢賢治の小説「やまなし」に出てくる謎の生き物のことです。

 

8位「はなれ ばなれ」(アルバム:JP)

clammbon-jp

■曲名:はなれ ばなれ
■アルバム名:JP
■動画リンク:「はなれ ばなれ」
■Amazon:このアルバムについて、他のレビューを読みたい方はこちらから

彼らの結成の経緯を引用しておきましょう。

尚美ミュージックカレッジ専門学校のジャズ科[2]に通っていたメンバー3人が、授業内の演奏会でキャロル・キングのYou’ve Got a Friendを演奏するために一時的にクラムボンの原型となるバンドを結成。

クラムボン (バンド) ウィキペディア

1995年に結成され、1999年このシングルでデビューしています。

デビュー時から情報感度の高い人から注目されていたようで、当時のライブには以下のような人が来ていたのだとか。

観客にテイ・トウワ、高野寛、キリンジ堀込高樹がいた。

クラムボン (バンド) ウィキペディア

しかしそれにしてもこのデビュー・シングルは秀逸です。

まずイントロの段階で、耳を惹きつけられます。

その後原田郁子のスキャットが始まりますが、既に彼女のボーカル・スタイルは確立しているようですね。

 

9位「波よせて」(アルバム:LOVER ALBUM)

clammbon-love

■曲名:波よせて
■アルバム名:LOVER ALBUM
■動画リンク:「波よせて」
■Amazon:このアルバムについて、他のレビューを読みたい方はこちらから

このアルバムは、カバー・アルバムです。

真心ブラザーズの「サマーヌード」やフィッシュマンズの「ナイトクルージング」、YMOの「以心電信-You’ve Got To Help Yourself-」 などが取り上げられています。

今回ご紹介した「波よせて」は、Small Circle of Friendsのカバー曲。

彼らのルーツがうかがえる興味深いカバーばかりですが、様々なタイプの曲を取り上げすぎたせいか、アルバムの統一感はありません。

ただ個々の楽曲は良い出来で、強引にリスナーを引き込んでいきます。

無国籍料理のお店で、食材の組み合わせに違和感があっても、味はいけるみたいな感じかもしれません。

中でもこの曲の解釈は絶妙で、本当にカバーかと思ってしまいそうです。

原曲もすばらしいので、リンクを貼っておきましょう。

Small Circle of Friends – 波よせて

クラムボン・バージョンでは、原田郁子とミトがデュエットしています。

 

10位「tourist on the 未来’n」(アルバム:imagination)

clammbon-imagination

■曲名:tourist on the 未来’n
■アルバム名:imagination
■動画リンク:「tourist on the 未来’n」
■Amazon:このアルバムについて、他のレビューを読みたい方はこちらから

先程私があまり聞き返さないと書いた時期の曲です。

ただ良い曲もたくさんあって、このアルバムでは「Don’t you know」や、以下の曲もおすすめです。

クラムボン – Forklore

この頃の彼らは音楽的な視野を広げようとしていました。

彼らは様々な実験を試みていましたが、正直成功しているとは言い難い曲もあります。

ただ私はアーティストが成長する上で、こういう試行錯誤することが大切だと思っています。

こういうすばらしい曲が生まれることがありますし。

この曲の歌詞は、以下のような感じで終わります。

ハピネスをフレーズで
怖がりな僕らでいいよ
すぐに次のテイルランプ
メッセージつなぐ 過去と未来 変わる世界 つなぐ

tourist on the 未来’n

歌詞は前向きなままですね。

こうした前向きなメッセージ性も、彼らの魅力の1つだと思います。

 

関連記事

大貫妙子(Onuki Taeko)の名曲名盤12選

倉橋ヨエコ(Kurahashi Yoeko)の名曲名盤10選

 

ランキング一覧

他のランキングは、こちらからどうぞ

 

Spotifyの登録方法(無料)

スマートフォンの方はこちら

パソコンの方はこちら

 

その他のリンク

トップページに戻る
※お気に入りに登録お願いいたします!

おとましぐらTwitter

Amazonで何かお探しの方は、こちらからどうぞ!

CDとの付き合い方・サブスクリプションの選び方

clammbon-triology
最新情報をチェックしたい方は、フォローをお願いします!