doors-in-concert

ドアーズ(The Doors)の名曲名盤10選【代表曲・隠れた名曲】

今回はドアーズのランキングを作成しました。

このバンドは初期2枚の評価が高く、他のアルバムは未聴という方も多いかもしれません。

そこで今回はこのバンドの多様な側面に焦点を当ててみました。

「ハートに火をつけて」だけではない魅力をご堪能ください。

 

Amazonで検索したい方は、こちらからどうぞ!

1位「Light My Fire」(アルバム:The Doors)

doors-first

■曲名:Light My Fire
■曲名邦題:ハートに火をつけて
■アルバム名:The Doors
■アルバム名邦題:ハートに火をつけて
■動画リンク:「Light My Fire」
■Amazon:このアルバムについて、他のレビューを読みたい方はこちらから

この曲の人気の一端は「ハートに火をつけて」という曲名にあるかもしれません。

日本でもZARD、安室奈美恵、9mm Parabellum Bulletなどのシングルタイトルに採用されています。

また「ハートに火をつけて!」というテレビドラマもありました。

しかしどれもドアーズとは関係ありません。タイトルが同じというだけです。

この曲はアメリカでも超有名曲です。

発表当時ある自動車会社から、キャンペーンにこの曲を使いたいという申し出があったそうです。

ジム・モリソン(Jim Morrison)を除くメンバーは、ぜひその巨額のオファーを受けたいと考えました。

ただジムに連絡をしようにも彼は長期休暇中で、連絡がつきません。

契約の署名期限が差し迫っていたため、やむを得ずジムの代理人に相談した上で、残り3名は契約に署名しました。

それからしばらくしてジムにこの件を報告したところ、彼は悪魔に魂を売ったと怒り狂いました。

その後そのプロジェクトは動き出しましたが、ジムの執拗な抵抗によって、その広告が表に出ることはなかったそうです。

それ以来ジムと他の3人との間には、深刻な亀裂ができてしまいました。

ジムと他の3人は以前のような仲間ではなく、単なるビジネスパートナーになってしまったんだそうです。

確かに曲名はキャッチーですが、それゆえ起こった悲劇といえるかもしれません。

 

2位「Break On Through (To the Other Side)」(アルバム:The Doors)

doors-first

■曲名:Break On Through (To the Other Side)
■曲名邦題:ブレイク・オン・スルー
■アルバム名:The Doors
■アルバム名邦題:ハートに火をつけて
■動画リンク:「Break On Through (To the Other Side)」
■Amazon:このアルバムについて、他のレビューを読みたい方はこちらから

このバンドのデビューシングルです。

この曲は当時アメリカのシングルチャートで126位と、それほどヒットしていません。

曲名を訳すと「向こう側に突き抜けろ」といった感じでしょうか。

確かに突破力に魅力が感じられる曲です。

ちなみにドアーズというバンド名は、ウィリアム・ブレイク(William Blake)の「知覚の扉(The doors of perception)」に収められた詩の一節から取られています。

その箇所を引用しておきましょう。

「もし知覚の扉が浄化されるならば、全ての物は人間にとってありのままに現れ、無限に見える」

この詩から伺える通り、彼らはドラッグ体験を手掛かりにして、感覚を拡張しようとしていたようです。

ドラッグの使用をロマンティックに表現したり、哲学的な意味を付加することに、私はあまり興味がありません。

しかしこの曲は大変すばらしいと思います。

 

3位「Riders on the Storm」(アルバム:L.A. Woman)

doors-la-woman

■曲名:Riders on the Storm
■曲名邦題:ライダーズ・オン・ザ・ストーム
■アルバム名:L.A. Woman
■アルバム名邦題:L.A.ウーマン
■動画リンク:「Riders on the Storm」
■Amazon:このアルバムについて、他のレビューを読みたい方はこちらから

このアルバムはジム・モリソン在籍時最後のアルバムです。

ジムはパリに滞在中、心臓発作で亡くなっていますが、死因はオーバードーズだと言われています。

この頃の彼は体重が増加して、デビュー時の面影はありませんでした。

晩年の彼の写真を見るとかなり年老いたような印象がありますが、実はまだ27歳でした。

27歳で亡くなったアーティストは他に、ブライアン・ジョーンズ(Brian Jones)、ジャニス・ジョプリン(Janis Joplin)、ジミ・ヘンドリックス(Jimi Hendrix)、エイミー・ワインハウス(Amy Winehouse)などがいます。

ジムもその「27クラブ」と呼ばれる中に加わることになりました。

ちなみにジムは死の前年、ライブでの露出によって、公然わいせつ罪で有罪判決を受けています。

ジムは典型的な破滅型のアーティストだったかもしれません。

しかし彼のボーカルは、最後まで魅力を失いませんでした。

この曲でも彼は、以前と変わらない陰影に富んだ深みのある歌を聞かせてくれます。

この曲の歌詞は少し予言めいているかもしれません。

世界に放り出されてしまった男性が長い休暇を取って、嵐の中オートバイで出発する様子が描かれています。

彼の死はそういうものだったかもしれませんね。

 

4位「Gloria (Live Version)」(アルバム:In Concert)

doors-in-concert

■曲名:Gloria (Live Version)
■曲名邦題:グロリア(ライブ・バージョン)
■アルバム名:In Concert
■動画リンク:「Gloria (Live Version)」
■Amazon:このアルバムについて、他のレビューを読みたい方はこちらから

この曲はゼム(Them)のカバーです。

ゼムはブルースやR&Bからの影響が強く、おそらく当時彼らが参考にしたバンドだと思われます。

ゼムにはヴァン・モリソン(Van Morrison)というすばらしいシンガーがいましたが、こちらも負けてはいません。

一方ドアーズもデビュー前はブルースに強い影響を受けていました。

「London Fog 1966」というライブアルバムを聞くと、デビュー時よりもはるかにブルース色が強いことに驚かされます。

ちなみに上記ライブアルバムでは、後にセカンドアルバムで収録された「ストレンジ・デイズ(Strange Days)」の原型も聞くことができます。

ブルースを演奏しながら、自分たち独自の音楽性を見つけようとしていたことが伺えて、とても興味深いライブ演奏です。

その後彼らは急速に自分たちのオリジナリティを確立させていきました。

ファーストアルバムではブルースの大物、ウィリー・ディクスン(Willie Dixon)の「バック・ドア・マン(Back Door Man)」をカバーしていますが、彼らなりの独自な解釈が施されています。

ライブではドアーズの素の魅力を確認することができます。

 

5位「People are Strange」(アルバム:Strange Days)

doors-strange

■曲名:People are Strange
■曲名邦題:まぼろしの世界
■アルバム名:Strange Days
■アルバム名邦題:まぼろしの世界
■動画リンク:「People are Strange」
■Amazon:このアルバムについて、他のレビューを読みたい方はこちらから

このアルバムはデビュー作「The Doors」と並んで代表作と言われます。

しかしあまり強く推せる曲がありません。

アルバム全体ではすばらしいのですが、曲のインパクトはファーストアルバムの方が上です。

ただこちらには別の魅力があって、現実世界を外側から見ているような世界観が興味深く感じられます。

その意味で「まぼろしの世界」と名付けた邦題は、なかなかのセンスではないでしょうか。

この曲の歌詞には有名な箇所があります。

「君が部外者である時、他の人が奇妙に見える」

この歌詞はジムが書いたと言われています。

彼は奇行が目立ち、両親と一切の関係を断ち、しかし一方で哲学書や詩集を熱心に読みふける、いわゆるアウトサイダーといえる人でした。

しかも先程書いたような経緯で、彼はバンド内でも孤立気味でした。

彼が相当の疎外感を抱えていたことは想像に難くありませんが、そういう人だからこそ書ける歌詞があるのかもしれません。

 

6位「Whisky bar(Alabama Song)」(アルバム:The Doors)

doors-first

■曲名:Whisky bar(Alabama Song)
■曲名邦題:アラバマ・ソング
■アルバム名:The Doors
■アルバム名邦題:ハートに火をつけて
■動画リンク:「Whisky bar(Alabama Song)」
■Amazon:このアルバムについて、他のレビューを読みたい方はこちらから

このバンドの演劇的要素は、ジム・モリソンが持ち込んだようです。

「ジ・エンド(The End)」という曲で彼は、エディプス王の神話を題材にして、父殺しと近親相関を匂わせた歌詞を書いています。

この曲はベルトルト・ブレヒトとクルト・ヴァイルによって書かれ、オペラで使われています。

このような大道芸っぽいフェリーニ的世界は、次作の「Strange Days」でより掘り下げられました。

この曲の歌詞を要約すると以下の通りです。

俺たちは古き良き母を失った。だからウィスキーを飲まなくてはいけない。

このファーストアルバムが出た時、ジムは両親と絶縁していました。

彼の両親は「ハートに火をつけて」がヒットしてから、初めてそれを歌っているのが自分たちの息子だと気が付いたそうです。

そこで母親はレコード会社に息子に合わせてくれと懇願したそうですが、ジムは頑として会おうとしなかったそうです。

ジムは生涯両親と再会することなく人生を終えました。

ジムはレコード会社のプロフィールにも親がいないと申告していましたし、この時点でもう既に決意は固かったと思われます。

 

7位「Love Street」(アルバム:Waiting for the Sun)

doors-wating

■曲名:Love Street
■曲名邦題:ラヴ・ストリート
■アルバム名:Waiting for the Sun
■アルバム名邦題:太陽を待ちながら
■動画リンク:「Love Street」
■Amazon:このアルバムについて、他のレビューを読みたい方はこちらから

1967年彼らはアルバムを2枚発表しました。

彼らは下積みの中で多くの曲を書き、アレンジも練り込んでいたようです。

しかしそのストックがなくなった時に、彼らは地力が問われることになりました。

このアルバムは勝負の3枚目です。

結果「ハロー・アイ・ラヴ・ユー(Hello, I Love You)」のヒットもあって、初めてアルバムチャートの1位を獲得できました。

私はこの曲が白眉だと思います。

哲学的だったり、薬物の影響が強かったり、アングラっぽい世界観を持った曲が多い中で、この曲は普通のラブソングです。

ジムが当時交際していたパメラ・カーソン(Pamela Curson)のことを歌っていると言われています。

ちなみに上の動画ではパメラとジムのツーショットがこれでもかというぐらい使われていますが、動画を作成した人は相当のドアーズファンですね。

必見です。

 

8位「Touch Me」(アルバム:The Soft Parade)

doors-soft

■曲名:Touch Me
■曲名邦題:タッチ・ミー
■アルバム名:The Soft Parade
■アルバム名邦題:ソフト・パレード
■動画リンク:「Touch Me」
■Amazon:このアルバムについて、他のレビューを読みたい方はこちらから

「Waiting for the Sun」「The Soft Parade」「Morrison Hotel」の3作は、一般にあまり高く評価されていません。

実際私もそれほど出来が良いとは思いませんしね。

上記のどれかをドアーズの最高傑作と言っている人がいますが、私はいつも本当かと思ってしまいます。

今回改めて聞きなおしても、私の評価は変わりませんでした。

もちろん私の修行が足りていないせいかもしれませんから、これからも時々聞きなおしていくつもりですが。

その時期のドアーズを支えていたのは、ロビー・クリーガー(Robby Krieger)によるポップな楽曲です。

ロビーは「Light My Fire」書いた人ですが、それ以外にも「Hello, I Love You」やこの曲なども書いています。

つまりこのバンドの3大ヒット曲は、すべてロビー作という活躍ぶりです。

当時から音楽的に魅力を失ったと言われていたようですが、セールス的には好調を維持していました。

この曲はもう少しアレンジがソリッドだったらと思わないでもありませんが、楽曲の出来はすばらしいです。

 

9位「Queen of the Highway(Alternate Take)」(アルバム:Essential Rarities)

doors-rarities

■曲名:Queen of the Highway(Alternate Take)
■曲名邦題:ハイウェイの女王(別テイク)
■アルバム名:Essential Rarities
■動画リンク:「Queen of the Highway(Alternate Take)」
■Amazon:このアルバムについて、他のレビューを読みたい方はこちらから

アルバム未収録曲を集めたレアトラック集から選びました。

この曲のオリジナルバージョンは「モリソン・ホテル(Morrison Hotel)」に収録されていますが、私はこちらの別バージョンの方が好みです。

というのは、こちらの方がジム・モリソンのボーカルの魅力が味わえるからです。

ジムについては激しいシャウトのイメージを持っている方も多いかもしれませんが、そういう曲ばかりではありません。

ちなみに彼は熱心なロックリスナーではなく、普段はペギーリー(Peggy Lee)やフランク・シナトラ(Frank Sinatra)などを聞いていたようです。

私は特にフランク・シナトラの影響を受けているように思います。

シナトラはクルーナー唱法という、抑え気味で小粋な歌唱を特徴とした人で、ボサノヴァにも大きな影響を与えています。

この曲を聞くとジャズっぽいと感じますが、それは彼の歌い方がシナトラのようなクルーナー唱法だからです。

彼のボーカリストとしての魅力を再確認できる曲です。

 

10位「Ghost Song」(アルバム:An American Prayer)

doors-american

■曲名:Ghost Song
■曲名邦題:亡霊の歌
■アルバム名:An American Prayer
■アルバム名邦題:アメリカン・プレイヤー
■動画リンク:「Ghost Song」
■Amazon:このアルバムについて、他のレビューを読みたい方はこちらから

もしジムが命を落としていなかったら、その後ドアーズはどうなっていたでしょうか。

この曲はそのもしもを体験できる曲です。

ちなみにこのアルバムは、ジムの死から7年経過した1978年に発表されました。

ジムの詩の朗読に、残りのメンバーの演奏を被せたという企画色の強いアルバムです。

ドアーズはジムの死後「アザー・ヴォイセズ(Other Voices)」「フル・サークル(Full Circle)」という2枚のアルバムを発表しました。

それらも内容は決して悪くありません。

特に「Other Voices」の楽曲や演奏は、完全に「L.A. Woman」の続編といった感じです。

しかしセールス的に振るわず、一旦バンドは解散しています。

その後再度集まってジムの詩に演奏を付けたのが、このアルバムです。

この曲で印象的なのは、レイ・マンザレクのエレクトリック・ピアノです。

彼はデビュー時「ハートに火をつけて」などのハモンドオルガンで、演奏面の主導権を握っていました。

その後「L.A. Woman」に収録された「Riders on the Storm」などのように、エレクトリックピアノを使った演奏が目立ち始めました。

ここでも曲の印象を決定付けているのは、レイのエレピです。

ドアーズというバンドは、ジムのカリスマ性、ロビーの作曲の才能、レイの演奏があって初めて成立したバンドだと思います。

■おすすめ記事
効率的に音楽を楽しむ方法について【CDとの付き合い方・サブスクリプションの選び方】

doors-in-concert
最新情報をチェックしたい方は、フォローをお願いします!