SEARCH

「ジャズ」の検索結果45件

  • 2021年5月6日
  • 2021年5月8日

ミルト・ジャクソン(Milt Jackson)の名曲名盤10選【代表曲・隠れた名曲】

今回はミルト・ジャクソンのランキングを作成しました。 この人はジャズ界では、ヴィブラフォン奏者の第一人者と言われています。 この楽器はこう演奏すべしというスタイルを築き上げたようなところがあって、彼以降の人は差別化に苦労したかもしれません。 今回は、私が大好きな曲ばかりを取り上げました。 ソウルフルでブルージーなヴィブラフォンをご堪能ください。   […]

  • 2021年4月24日
  • 2021年4月30日

オハイオ・プレイヤーズ(Ohio Players)の名曲名盤10選【代表曲・隠れた名曲】

今回はオハイオ・プレイヤーズのランキングを作成しました。 このバンドの魅力は、歌ものとファンク・バンドとしての魅力、どちらも拮抗していることです。 彼らはスローばかり言及されがちですが、ダンサーも強力です 1970年代ソウルの醍醐味をご堪能ください。

  • 2021年4月16日
  • 2021年4月16日

ザ・クラッシュ(The Clash)の名曲名盤12選【代表曲・隠れた名曲】

今回はザ・クラッシュのランキングを作成しました。 彼らはパンク・バンドとしてデビューしました。 しかしその後様々な音楽を飲み込んで、表現領域を拡大していきました。 正直この曲数では、その全貌の一部しかお伝えすることができません。 しかしせめて入り口となればと思って選曲してみました。 本当にかっこいい曲ばかりです。

  • 2021年4月4日
  • 2021年4月11日

ジャッキー・マクリーン(Jackie McLean)の名曲名盤10選【代表曲・隠れた名曲】

今回はジャッキー・マクリーンのランキングを作成しました。 1950年代の曲を中心に選びましたが、ハードバップ・ジャズのおいしいところを、ギュっと凝縮した曲ばかりです。 ジャズはこういう人の個性を理解すると、がぜん面白くなってきます。 ジャズのど真ん中ともいえる名演ばかりをご紹介してみました。

  • 2021年3月15日
  • 2021年3月15日

サリフ・ケイタ(Salif Keita)の名曲名盤10選【代表曲・隠れた名曲】

今回はサリフ・ケイタのランキングを作成しました。 この人はアフリカン・ポップ・シーンを、けん引してきた人です。 彼の魅力はボーカルに尽きるといっても過言ではありません。 その強靭で美しい声があれば、バックの演奏すら必要ないかもしれないと思えるほどです。 まさに規格外の声といえるでしょう。 今回は彼の歌を堪能できる曲をご紹介してみました。

  • 2021年3月7日
  • 2021年3月10日

チャールズ・ミンガス(Charles Mingus)の名曲名盤5選+5【代表曲・隠れた名曲】

今回はチャールズ・ミンガスのランキングを作成しました。 5選と曲数こそ少な目ですが、トータルで1時間以上という長さです。 ただし追加で5曲ご用意しました。 お時間に余裕があるか、聞き足りない方だけ、追加の5曲をお聞きになってみてください。 普通のジャズの枠に収まりきらない、スケールの大きな魅力を持った人だと思います。

  • 2021年3月3日
  • 2021年3月29日

ドクター・ジョン(Dr. John)の名曲名盤10選【代表曲・隠れた名曲】

今回はドクター・ジョンのランキングを作成しました。 この人はニューオリンズの音楽を象徴する存在です。 ダミ声のボーカル、そして跳ねるようなピアノの演奏も絶品です。 またニューオリンズ・ファンクの特徴である、セカンドラインのリズムもぜひご堪能ください。

  • 2021年2月27日
  • 2021年3月6日

アッシャー(Usher)の名曲名盤10選【代表曲・隠れた名曲】

今回はアッシャーのランキングを作成しました。 特に彼の歌に焦点を当てて選曲してみました。 私にしては珍しくバラードを多めにしましたが、実際良い曲が多いですから仕方ありません。 この人の歌に注目して聞いてみてください。

  • 2021年2月15日
  • 2021年2月25日

チック・コリア(Chick Corea)の名曲名盤10選【代表曲・隠れた名曲】

今回はチック・コリアのランキングを作成しました。 今までのランキングの中で、最も様々なタイプの曲が混在しているかもしれません。 彼は好奇心の赴くまま、様々な種類の音楽に挑戦しました。 ただ以下については、別途ランキングを作成する予定ですので、ここでは選外にしています。 ・リターン・トゥ・フォーエヴァー(Return to Forever) ・ゲイリー・バートン(Gary Burton)とのデュオ 今回はめまぐるしく曲調が変わりますが、どれも名演ぞろいです。